システムアドミニストレータになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

システムアドミニストレータになるには

情報システムの提供側と利用側のパイプ役

コンピュータのハードウェアやソフトウェアを提供する側とそれらを利用する側の間に立ち、スムーズにことが運ぶように交通整理のような役割をする専門家で、システム管理者のことです。たとえばコンピュータシステムを利用する側の企業に所属して、ハードウェアメーカーやソフトウェア会社とコンピュータシステムの導入・更新などについて相談したり、希望する処理内容や改善点を伝えるなど、企業の情報システムの窓口として活躍します。また、職場内の「情報化のリーダー」として、社員のコンピュータ教育(操作、技術指導)や新たに導入するシステムの運用・開発など、情報化の推進役も務めます。 システムアドミニストレータになるには、コンピュータや情報システムについての基礎的な知識や技術、能力が必要です。専門の養成課程を設けている専門学校などで学ぶとよいでしょう。また、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験などの資格を取得しておくと活躍の場がますます広がります。 情報化社会といわれる現在、コンピュータ技術は日々進化しています。社会の動きにアンテナをはりめぐらせ、常に情報収集や研究する努力をしていくことが大切といえるでしょう。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

システムアドミニストレータになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

コンピュータ・ゲーム系(コンピュータ・情報処理関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)