資格カタログ

JavaTMプログラミング能力認定試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

Javaプログラミングの能力を認定

 Javaに関する基本知識を有し、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定します。

OSを選ばないプログラミング言語であるJava。Javaを学ぶことで、ますますエンジニアとして活躍の場が広がるといえるでしょう。試験は1~3級があります。2級と3級では筆記試験が行われ、Javaプログラミングに必要なプログラミング知識・技能が試されます。1級はパソコンを使用した実技試験が行われ、事前に公開しているテーマプログラムに対する仕様変更、仕様追加に対応したプログラム作成、および変更仕様書の作成力が問われます。Javaを駆使し、実務にたえうる応用プログラムを作成できる能力が必要となります。

 エンジニアを必要とする職場において技術者の需要が高まる中、実力確認に最適です。IT事業部門全般、あるいはその他の部署においても、Javaを理解する知識と技術が備わった人材は、幅広く仕事を任される可能性も高く、資格手当を支給する企業が比較的多いことからも、認知度と評価の高い資格であるといえるでしょう。

活躍の場

エンジニアを必要とする職場、IT関連全般

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし
受験科目 1級:テーマプログラム[人材派遣管理プログラム]に対する仕様変更、仕様追加等の課題についてのプログラム作成。(変更仕様書の作成を含む)/2級:演算子、クラスと継承、変数とメソッド、総称、パッケージ、例外処理、スレッド、クラスライブラリ/3級:Javaの基礎、Javaの扱うデータ、演算子、制御文、クラスとメソッド
受験料 1級 7,600円(税込)/2級 6,200円(税込)/3級 5,100円(税込)
申込方法 インターネットまたは郵送
試験方法・取得方法 1級:実技試験(パソコン使用)/2級・3級:筆記試験(多肢選択解答形式・マークシート形式)

問い合わせ

Javaプログラミング能力認定試験
(民間資格)
サーティファイ認定試験事務局
東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
0120-031-749
http://www.sikaku.gr.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

コンピュータ・ゲーム系の資格

資格カタログ 「JavaTMプログラミング能力認定試験」の紹介
資格カタログでは「JavaTMプログラミング能力認定試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「JavaTMプログラミング能力認定試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「JavaTMプログラミング能力認定試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ