資格カタログ

公認水泳教師

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

より高度な知識と技術で水泳指導

 日本水泳界の競技力を向上し、世界の水泳界をリードする競技者を発掘・育成・指導するためには、その指導者もまた、世界をリードする技量・人格の持ち主であることが求められます。

 公益財団法人 日本体育協会が認定する公認スポーツ教師は、競技別に質の高い実技指導を行うことができる指導者で、水泳教師の検定・審査も行われています。商業スポーツ施設などの顧客(会員、スクール生など)の技能レベルやニーズに合わせ、指導します。受講条件は、受講を開始する年の4月1日現在、満20歳以上の者で、共通科目及び専門科目の検定に合格し、登録手続きを完了させることで取得できます。

活躍の場

商業スポーツ施設等

受験情報

受験資格 受講年度の4月1日現在で満20歳以上で健康な者。
受験科目 【共通科目】共通科目I+共通科目II+共通科目III:計152.5時間( 集合講習40h、自宅学習112.5h)
【専門科目】84時間(6科目)
科目の詳細については、主催団体のホームページをご参照ください。
受験料 共通科目:58,320円 / 専門科目:各12,600円
申込方法 当該中央競技団体までお問合せください
試験方法・取得方法 共通科目:筆記試験 / 専門科目:実施競技団体が定めた筆記試験やレポート課題、技能検定の総合判断とする

問い合わせ

公認水泳教師
(民間資格)
公益財団法人 日本体育協会 スポーツ指導者育成部育成課
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館2階
03-3481-2226
http://www.japan-sports.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「公認水泳教師」の紹介
資格カタログでは「公認水泳教師」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「公認水泳教師」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「公認水泳教師」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ