資格カタログ

クレーン・デリック運転士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

大型クレーンを運転するための資格

 つり上げ荷重が5トン以上の天井クレーン、橋形クレーンなどの各種クレーン及びデリックを運転するために必要な資格です。取り扱うことのできる機種によって資格が区分されています。
 「クレーン・デリック運転士(限定なし)」は、すべてのクレーンとデリックを運転でき、「クレーン・デリック運転士(クレーン限定)」は、クレーンのみ運転できます。また「クレーン・デリック運転士(床上運転式クレーン限定)」は、床上運転式クレーンのみ運転できます。

 試験は学科試験と実技試験があります。実務経験や取得免許等により、科目免除をうけることができます。また、教習所で実技教習を修了した場合は、実技試験が免除になり、学科試験のみ受験すれば取得することができます。

活躍の場

建設現場、工場、倉庫など

受験情報

受験資格 詳しくは主催団体のホームページをご参照ください。
受験科目 学科:クレーン及びデリックに関する知識、関係法令、原動機及び電気に関する知識、クレーンの運転のために必要な力学に関する知識
実技:クレーンの運転、クレーンの運転のための合図
受験料 学科試験 6,800円 / 実技試験 11,100円 (※消費税法により全て非課税です。)
申込方法 簡易書留にて郵送、またはセンター窓口へ持参
試験方法・取得方法 学科試験、実技試験

問い合わせ

クレーン・デリック運転士
(国家資格)
公益財団法人 安全衛生技術試験協会
東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
03-5275-1088
http://www.exam.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「クレーン・デリック運転士」の紹介
資格カタログでは「クレーン・デリック運転士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「クレーン・デリック運転士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「クレーン・デリック運転士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ