検索する

資格カタログ

TOEIC Bridge(R)公開テスト

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

TOEICにチャレンジする前に、力試しに受けてみよう

 TOEIC Bridge(R)は、英語の初・中級者のために誕生したTOEIC(R)テストのジュニア版です。TOEIC(R)より日常的で身近な内容が出題されるうえ、リスニングの問題はTOEIC(R)テストよりもゆっくり読まれるなど、英語に自信のない人でも気軽に受けられる内容となっています。企業などでは英語力が採用や昇進に対して大きなウェイトがかけられ、TOEIC(R)で高得点を出すことが求められています。しかしTOEIC(R)は難しすぎて、手が出せないと思っている人も多いはず。そんな方は、TOEIC Bridge(R)で試験の感じをつかみ、実力を測り、自信をつけてTOEIC(R)にチャレンジしましょう。英語を身に付けるための最初の一歩として活用するには手頃な試験です。

 試験はリスニングとリーディングが行われます。リスニングは、テープから流れる会話やナレーションを聞いて設問に答えます。リーディングは、印刷されている問題を読んで設問に答えます。この試験は合否判定をするものではなく、スコア(得点)で評価されます。トータルスコアの他に5分野のサブ・スコアが表示されます。分野は、Functions(言葉のはたらき)、Listening Strategies(聞く技術)、Reading Strategies(読む技術)、Vocabulary(語彙)、Grammar(文法)です。自分の弱点を把握でき、今後の勉強に役立ちます。

活躍の場

一般企業など幅広い

受験情報

受験資格 受験資格の制限は特にありません。
受験科目 【リスニングセクション】Part1:写真描写問題(Photographs)、Part2:応答問題(Question-Response)、Part3:会話問題(Short Conversations and Short Talks)【リーディングセクション】Part4:文法・語彙問題(Incomplete Sentences)Part5:読解問題(Reading Comprehension)
受験料 4,200円(税込)
申込方法 インターネットまたは郵送
試験方法・取得方法 マークシート

問い合わせ

TOEIC Bridge(R)
(民間資格)
一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 IIBC試験運営センター
東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル
03-5521-6007
http://www.toeic.or.jp/bridge/index.html

※上記の資格情報は2015年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「TOEIC Bridge(R)公開テスト」の紹介
資格カタログでは「TOEIC Bridge(R)公開テスト」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「TOEIC Bridge(R)公開テスト」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「TOEIC Bridge(R)公開テスト」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ