資格カタログ

JTA公認 翻訳専門職資格試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

スキルアップや自分磨きに最適!

 JTA公認 翻訳専門職資格試験は、翻訳のプロフェッショナルの能力を総合的に審査し、認定する翻訳専門職資格試験です。 
一般社団法人日本翻訳協会(JTA:Japan Translation Association)では、永年にわたって翻訳者の能力を認定する「翻訳技能認定試験(翻訳検定)」を実施し、2008年12月より、名称を「JTA公認翻訳専門職資格試験」と改め、従来の会場試験からインターネットによる在宅型の試験に変更、試験内容も一新しました。
 インターネットによる在宅での受験ですので、インターネット接続の環境が整っていれば、世界中で受験が可能です。

活躍の場

通訳や翻訳、外資系企業、商社、金融、観光業全般、ホテル

受験情報

受験資格 国籍、性別、年齢は問いません。どなたでも受験できます。
受験科目 【英語部門(日英/英日)】
 1.翻訳文法技能試験
 2.翻訳IT技能試験
 3.翻訳マネジメント技能試験
 4.翻訳専門技能試験(「JTA公認 出版翻訳能力検定試験」又は「JTA公認 ビジネス翻訳能力検定試験」の1分野の受験)

【中国語部門(日中/中日)】
 1-1.中日翻訳文法技能試験
 1-2.日中翻訳文法技能試験
 2.翻訳IT技能試験
 3.翻訳マネジメント技能試験
 4.翻訳専門技能試験(「JTA公認 中国語翻訳能力検定試験」の1分野の受験)

※詳細は主催団体ホームページをご参照下さい。
受験料 詳細は主催団体ホームページをご参照下さい。
申込方法 インターネット
試験方法・取得方法 試験方法:インターネットによる在宅試験となります。
取得方法:4科目全てに合格(2級以上取得)し、2次審査(翻訳経験2年以上の実績審査)に合格すると認定とします[5年間有効、認定料は30,000円($320USD)]。試験合格の有効期限は、初めの試験合格(2級以上の取得)より5年以内とし、2014年3月2日の「第22回JTA公認 翻訳専門職資格試験」以前に、「翻訳専門技能試験」に合格している方は合格日より5年間有効です。

問い合わせ

JTA公認 翻訳専門職資格試験
(民間資格)
一般社団法人 日本翻訳協会


http://www.jta-net.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「JTA公認 翻訳専門職資格試験」の紹介
資格カタログでは「JTA公認 翻訳専門職資格試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「JTA公認 翻訳専門職資格試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「JTA公認 翻訳専門職資格試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ