資格カタログ

PE試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

国際派エンジニアのためのアメリカの資格

 PEとは、アメリカの各州が州ごとに設けている公的資格で、技術者が「公共の安全・健康・福祉に奉仕する」、これを危うくすることのない責任を負うことを保証するものです。つまり、作り出した製品が、人に対して害を及ぼすことがないものであることを保証するだけの大きな責任を負う資格だと言えます。アメリカでは、PE資格を持っていないとエンジニアとして仕事ができないほど、権威ある資格です。

活躍の場

工業系・化学系・産業機械系企業など幅広い

受験情報

受験資格 原則として(1)日本に在住している日本、あるいは米国の4年制工学系大学卒業者で、取得学位の英文名称が(Bachelor of EngineeringまたはBachelor of Science in Engineering)であること(2)日本または米国の年金番号を持っていること(3)FE試験に合格していること
受験科目 NCEESが実施している、Chemical(化学)、Civil(土木)、Environmental(環境)、Mechanical(機械)など1日(8時間)で終了する工学系科目が全て受験可能(ただし、受験可能な科目は時期により異なりますのでNCEES PE試験願書をご確認ください)
※Chemicalの試験は2018年初頭よりCBT試験となり試験場に空きがある限り何時でも受験可能、従来の筆記試験の実施はありません
受験料 PE試験受験のためには、出願料及び試験料が必要となります
出願料 35,000円
試験料 US$350(Chemical以外)、US$400(Chemical)
申込方法 必要書類を郵送
試験方法・取得方法 Chemical以外:筆記試験
Chemical:CBT試験(クローズド・ブック方式)

問い合わせ

PE試験
(民間資格)
特定非営利活動法人 日本PE・FE試験協議会 事務局
東京都港区赤坂2-10-17 石原ビル2F
03-3583-8781
http://www.jpec2002.org/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「PE試験」の紹介
資格カタログでは「PE試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「PE試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「PE試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ