資格カタログ

機械保全技能士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

機械メンテナンスのスペシャリスト

 機械保全とは、工場の設備機械の故障・劣化を予防し、機械の正常な運転を維持し保全するために重要な仕事で、各種製造現場の共通的な作業です。機械保全技能士は、機械の保全に必要な知識・技能を持っていることを証明する、国家資格です。職業能力開発促進法に基づく指定機関(公益社団法人日本プラントメンテナンス協会)が実施する機械保全技能検定に合格すると取得できます。実務能力を判定する技能試験のため、ある程度の実務経験を積んでおく必要があります。

試験のレベルは「3級」「2級」「1級」「特級」があり、「学科試験」と「実技試験」が行われています。

活躍の場

各種工場など産業機械を使用するあらゆる現場

受験情報

受験資格 詳しくは主催団体のホームページをご参照ください
受験科目 特級・1、2級:機械系保全作業、電気系保全作業、設備診断作業/3級:機械系保全作業、電気系保全作業
詳しくは主催団体のホームページをご参照ください
受験料 学科試験4,000円/実技試験15,400円、2級実技試験(35歳未満)6,400円、3級実技試験(学生)10,000円
申込方法 インターネット又は郵送
試験方法・取得方法 【学科試験】特級:五肢択一50問/1・2級:真偽法25問、四肢択一25問/3級:真偽法30問
【実技試験】特級:計画立案等作業試験/1~3級:機械系保全作業(判断等試験)、電気系保全作業(製作等作業試験)/1・2級:設備診断作業(判断等試験)

問い合わせ

機械保全技能士
(国家資格)
公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会
東京都千代田区神田神保町3-3 神保町SFIIIビル5階
03-6865-6081
http://www.jipm.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「機械保全技能士」の紹介
資格カタログでは「機械保全技能士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「機械保全技能士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「機械保全技能士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ