資格カタログ

高圧ガス製造保安責任者【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

高圧ガスを使用する現場で災害を予防し、安全確保に携わるスペシャリスト

 高圧ガス製造保安責任者は高圧ガスを取り扱う上で、災害の発生を予防するために必要な保安に携わる責任者で、事業者には配置を義務付けられている国家資格となっています。高圧ガス製造保安責任者免状は、次のように区別されています。(1)甲種化学責任者免状(2)甲種機械責任者免状(3)乙種化学責任者免状(4)乙種機械責任者免状(5)丙種化学(液化石油ガス)責任者免状(6)丙種化学(特別試験科目)責任者免状(7)第一種冷凍機械責任者免状(8)第二種冷凍機械責任者免状(9)第三種冷凍機械責任者免状
 免状の種類に応じて、職務を行うことができる高圧ガスの製造施設の規模に制限が設けられているものがあります。

活躍の場

石油化学コンビナート製造事業所、LPガススタンド、冷凍倉庫、冷凍冷蔵工場

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし
受験科目 法令・保安管理技術・学識の3科目。ただし、第三種冷凍機械には学識はありません。
受験料 【甲種化学・甲種機械・第一種冷凍機械】
インターネット受付:12,400円 / 書面受付:13,000円
【乙種化学・乙種機械・第二種冷凍機械】
インターネット受付:8,500円 / 書面受付:9,000円
【丙種化学(液化石油ガス)・丙種化学(特別試験科目)・第三種冷凍機械】
インターネット受付:7,900円 / 書面受付:8,400円
申込方法 電子(インターネット)、書面
試験方法・取得方法 法令・保安管理技術:択一式
学識:甲種(化学・機械)、第一種冷凍機械:記述式 / 乙種(化学・機械)、丙種(液石・特別)、第二種冷凍機械:択一式

問い合わせ

高圧ガス製造保安責任者
(国家資格)
高圧ガス保安協会 試験センター
東京都港区虎ノ門4-3-13 ヒューリック神谷町ビル
03-3436-6106
http://www.khk.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「高圧ガス製造保安責任者」の紹介
資格カタログでは「高圧ガス製造保安責任者」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「高圧ガス製造保安責任者」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「高圧ガス製造保安責任者」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ