資格カタログ

低圧電気取扱【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

電気工事のプロフェッショナルになる

 電気の配線の接続作業や修理を行う人、機械や電気の修理・工事を行う人、機械の操作を行う人など感電の危険性のある仕事をする人に必要な資格です。低電圧とは交流で600V以下、直流で750V以下の電圧を指します。この範囲の電圧を使用している所での配線工事や修理を行うのが主な仕事です。家庭やオフィスなどでの電気工事全般を行う仕事をする時に必要な資格と理解すればいいでしょう。
 資格取得には、特別教育の講習会に参加、修了することが必要です。低圧電気取扱者の他に、電気工事士や高圧電気取扱者の資格をとっておくとよいでしょう。

活躍の場

電力会社、電気工事会社

受験情報

受験資格
受験科目 【低圧電気取扱業務特別教育(1日間)】
 学科:低圧の電気に関する基礎知識 1時間、低圧の電気設備に関する基礎知識 2時間、低圧用の安全作業用具に関する基礎知識 1時間、低圧の活線作業及び活線近接作業の方法 2時間、関係法令 1時間
 実技:低圧の活線作業及び活線近接作業の方法 1時間以上
 ※上記の実技は、開閉器の操作の業務のみを行う者が対象です。

【低圧電気取扱業務特別教育(学科・実技、2日間)】
 学科:低圧の電気に関する基礎知識 1時間、低圧の電気設備に関する基礎知識 2時間、低圧用の安全作業用具に関する基礎知識 1時間、低圧の活線作業及び活線近接作業の方法 2時間、関係法令 1時間
 実技:低圧の活線作業及び活線近接作業の方法 7時間以上
受験料 【一般社団法人 安全衛生マネジメント協会の場合の受講料(教材費・消費税込)】
 低圧電気取扱業務特別教育(1日間):10,300円
 低圧電気取扱業務特別教育(学科・実技、2日間):20,600円
申込方法 【一般社団法人 安全衛生マネジメント協会の場合】
 インターネットまたはFAXでの申し込み
試験方法・取得方法 【低圧電気取扱業務特別教育(1日間)】
 学科のみ受講(1日)して頂き、実技は事前に各事業所様で実施し、実技報告書を受講日当日提出頂く講習となります。

【低圧電気取扱業務特別教育(学科・実技、2日間)】
 2日間にわたって、学科7時間と実技7時間の計14時間の講習となります。

問い合わせ

低圧電気取扱特別教育
(国家資格)
(特別教育実施機関の例)一般社団法人 安全衛生マネジメント協会
東京都中央区八丁堀4-2-1 東京リアル宝町ビル4F
03-3555-3701(代表)
https://www.aemk.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「低圧電気取扱」の紹介
資格カタログでは「低圧電気取扱」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「低圧電気取扱」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「低圧電気取扱」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ