資格カタログ

マンション管理士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

マンション管理組合の運営についてのコンサルタント

 マンション管理士の仕事は、マンションに関する専門知識をもって、管理組合の運営や建物構造上の技術的問題など、マンションの管理に関して、管理組合の管理者やマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言や指導、その他の援助を行うことです。マンション管理士になるためには、国土交通大臣指定試験機関である公益財団法人マンション管理センターの実施するマンション管理士試験に合格し、(財)マンション管理センターに登録することが必要になります。

 マンションがある限り管理業務は必ず必要になるため、マンション管理士は、長期安定した資格といえます。さらに今後は、マンション管理に関する法律相談の需要がさらに大きくなると考えられるので、建築士、土地家屋調査士、行政書士といった資格をあわせて取得すれば、いっそう業務の拡大を図ることができるでしょう。

活躍の場

不動産会社、マンション管理組合、独立開業、個人のアドバイザー

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし
受験科目 (1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
(2)管理組合の運営の円滑化に関すること
(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること
(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
受験料 9,400円
申込方法 郵送
試験方法・取得方法

問い合わせ

マンション管理士
(国家資格)
公益財団法人マンション管理センター
東京都千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店一ツ橋ビル7階
03-3222-1611(試験案内専用電話)
http://www.mankan.org

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

ビジネス系の資格

資格カタログ 「マンション管理士」の紹介
資格カタログでは「マンション管理士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「マンション管理士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「マンション管理士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ