資格カタログ

CBS(国際秘書)検定

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

語学を身につけ秘書として上司をサポート!

 国際秘書検定試験とは、日本秘書協会が実施している検定試験です。単に、語学のできる国際秘書を認定するだけでなく、秘書として必要な知識と技能、そして正しいコミュニケーションを通じて、異文化間の橋渡しができる人材を育成しようとするものです。合格者は、語学力とオフィス実務能力の両方を併せ持つ人物が求められる外資系企業、教育機関などから高く評価されています。秘書は、あまり表舞台に立つことのない、裏方的なイメージがありますが、実際には上司をサポートするためにあらゆる能力が必要となり、とても大変な仕事。そして、とてもやりがいのある仕事でもあるのです。

 試験内容は、ビジネス実務とビジネス英語の試験が行われるプライマリー試験と、オフィス業務管理、経営管理、秘書実務(インバスケット)、英語による個人面接等が行われるファイナル試験があります。プライマリー試験に合格すると、「準CBS」資格、ファイナル試験に合格すると「CBS」資格が授与されます。

活躍の場

商社や外資系の企業、外国人支援団体・組織、翻訳や通訳、旅行会社

受験情報

受験資格 CBSプライマリー試験は制限なし。CBSファイナル試験はプライマリー試験合格者のみ。CBSプライマリー試験に合格した年を含め、4年以内に全試験科目に合格することが必要。
受験科目 CBSプライマリー試験(準CBS資格)
ビジネス実務、ビジネス英語
CBSファイナル試験(CBS資格)
PART I :オフィス業務管理
PART II :経営管理
PARTIII:秘書実務(インバスケット方式)
PARTIV:英語による個人面接
受験料 CBSプライマリー試験(準CBS資格)9,800円、CBSファイナル試験(CBS資格)全科目受験者20,000円、単科受験料 PART I 、II、III 各科目6,000円/PARTIV5,000円
申込方法 インターネット
試験方法・取得方法

問い合わせ

CBS(国際秘書)検定
(民間資格)
一般社団法人日本秘書協会
東京都港区六本木6-2-31六本木ヒルズノースタワー5F
03-5772-0701
http://www.hishokyokai.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

ビジネス系の資格

資格カタログ 「CBS(国際秘書)検定」の紹介
資格カタログでは「CBS(国際秘書)検定」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「CBS(国際秘書)検定」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「CBS(国際秘書)検定」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ