資格カタログ

社会人常識マナー検定

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

ビジネスの現場で幅広い知識と能力をいかせる

 社会人常識マナー検定の出題領域は、『社会常識(現代社会・組織に生きる一人の大人として必要な常識や心構え)』『コミュニケーション(ビジネスでのよい人間関係を築くための意思伝達スキル)』『ビジネスマナー(業務処理に必要なマナー・技能)』の3つの領域となっており、より実務的・実践的な人材の育成に役立つように設定してあります。
 就職活動を始める前のすべての生徒・学生の方々や、ビジネス界でさらに活躍したいと願う社会人の方々が、『ビジネスマナーや常識』を習得し、コミュニケーションに自信をつけるための学習プログラムとして、広く活用しています。

活躍の場

企業、官庁、研究所、あらゆる分野

受験情報

受験資格 男女の別、年齢、学歴、国籍等の制限なく誰でも受けられます。
受験科目 社会人常識マナー検定試験問題は、以下の基準により作成します。
各級の出題範囲は次の社会人常識マナー検定試験問題出題範囲とします。
ただし、下級の範囲を包含し、同一項目、同一範囲については級の上昇に応じて問題内容が高度化するものとします。

1級:企業・社会のしくみと幅広い社会常識を十分に理解し、目標達成のために自ら率先して高度な業務を処理できる知識やビジネスマナーを活用し、後輩指導・グループをまとめるリーダーシップ・トラブル対応などさまざまなビジネス場面で発揮できるコミュニケーション能力を習得している。
2級:企業・社会のしくみと一般的な社会常識を理解し、仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを身につけ、自ら築いた人間関係を良好に保つために必要なコミュニケーション能力を習得している。
3級:社会・組織の一員として必要不可欠な社会常識を理解し、初歩的な仕事を処理するために必要な知識やビジネスマナーを学び、社内外の人と良好な関係を築くために求められるコミュニケーション能力を習得している。
受験料 【受験料(税込)】
 1級:4,200円/2級:2,700円/3級:2,200円
申込方法 インターネット
試験方法・取得方法 実施方法:筆記試験
試験時間:1級のみ90分間、2級・3級は60分間
合格条件:各級とも1科目100点満点とし、全科目得点70点以上を合格とする

問い合わせ

社会人常識マナー検定
(民間資格)
公益社団法人 全国経理教育協会
東京都豊島区北大塚1丁目13番12号
03-3918-6133
http://www.zenkei.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

ビジネス系の資格

資格カタログ 「社会人常識マナー検定」の紹介
資格カタログでは「社会人常識マナー検定」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「社会人常識マナー検定」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「社会人常識マナー検定」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ