検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
村上 佳菜子さん
村上 佳菜子さん
プロフィギュアスケーター
Profile
1994年11月7日生まれ。愛知県名古屋市出身。3歳からスケートを始め、5歳からスケートのジュニアクラブに入り山田満知子コーチの指導を受ける。中学時代から国内外の大会に出場し、2008年にISUジュニアグランプリシリーズ(JGP)初出場のジョン・カリー記念で優勝、ファイナル出場を果たす。2009年にはJGPトルン杯、クロアチア杯、全日本ジュニア選手権、ジュニアグランプリファイナルなどで次々と優勝を決め、一躍注目を集めた。そして同年、初めて参加したシニアの国際大会アイスチャレンジでも優勝を果たした。翌年2010年には世界ジュニア選手権において初出場で優勝。このシーズンよりシニアのグランプリシリーズにも参戦しアメリカ大会で優勝、同年の世界選手権にも初出場した。2014年には四大陸選手権で初優勝、そして初となるソチオリンピック出場も果たした。2017年4月、現役引退を表明し、現在はプロフィギュアスケーターとして活躍している。

※プロフィール等は2017年7月時点のものです。

村上 佳菜子さんの学生時代は
結果が出るようになると、本当にスケートが楽しくなった
村上 佳菜子さん写真  私が初めてスケート場に行ったのは、まだベビーカーに乗った赤ん坊の頃だったそうです(笑)。6歳上の姉がスケートをやっていた影響もあって、3歳頃から少しずつ滑り始め、スケートクラブに入ったのは5歳の時でした。小さい頃からスケートリンクで遊んでいたせいか、自然と滑れるようになっていったので練習もすごく楽しかったのを覚えています。練習が段々と厳しくなっていったのは小学校に入ってからですね。小学校3年の時に初めて強化合宿に参加し、競技としてのフィギュアスケートを意識し始めました。中学生になると練習にも更に力を入れるようになり、学校を早退してリンクに通う毎日。この頃になるとスケートと学業の両立も大変になり、国際大会に出場するようにもなったので、学校でできない勉強は後日ノートで提出したり、テストはたった一人で受けさせてもらったこともありました。こうして毎日リンクで練習をしてきましたが、子供の頃からそれが日常だったので、休むとか辞めるとか考えたこともなかったんです。それよりも中学生になりジュニアに上がった時から少しずつ結果が出るようになり、本当の意味でスケートが楽しくなっていきました。
 特に中学時代で印象に残っているのは、ジュニア1年目に出場したジュニアグランプリファイナルで、ショートで2位だったのに総合で4位になってしまい、すごく悔しい思いをしたことです。「絶対に来シーズンは同じ舞台で優勝する!」と強く思えたことで次のシーズンには全部の大会で優勝でき、これこそがアスリートの面白さなんだと感じました。ちなみに、中学生になると生活の中心はスケートだったので、友達と遊ぶ時間はほとんどなくて、たまに遊びに行くとコーチに連れ戻されていました(笑)。

シニア参戦、ソチオリンピック出場、そして決断したことは・・・
オリンピック出場をかけた全日本、そして引退を決めた全日本
村上 佳菜子さん写真  私のスケート人生を語る上で、決して欠かすことのできない人がいます。一人は山田満知子先生。子供の頃からずっと指導を受けてきたコーチですが、リンクから上がるともう一人のお母さんって感じです。スケート選手として一緒に過ごす時間も多かったので、私のいい部分も悪い部分も全てさらけ出して、常に一緒に戦ってきたという強い絆と信頼があります。特に山田先生から言われた「初心を忘れないこと」、「愛されるスケーターになりなさい」の二つの言葉は今も忘れられません。たとえメダルを取れなくても、みんなの心に残るスケーターになりたいと、強く思えた瞬間でした。
 そしてもう一人の存在が浅田真央さんです。姉でもあり大親友でもある人です。小さい時から同じリンクで練習をしてきて、浅田さんの努力する姿から本当にたくさんのことを学びました。尊敬できる先輩です。高校に進学したときも、先輩だった浅田さんのブレザーをいただいて着ていました(笑)。
 この頃からシニアの大会にも参戦するようになり、オリンピックを身近に意識するようにもなりました。特にオリンピックの前はひとつでも失敗すると出場は危ないと思っていましたから、何かに取り憑かれていたみたいに滑っていました。中でもオリンピック選考会を兼ねた全日本選手権は、今振り返ってもすごかったと思います。そして出場したソチオリンピックで入賞はできませんでしたが、あの独特の空気感や雰囲気、そしてオリンピックという大きな舞台を経験できたことは、今後の私に生かされると思います。
 ソチの後、山田先生からも引退という道を考える時かもと言われましたが、私の中で「まだできる」と思う部分があったので続けてきました。でも練習をいくら積んでも結果につながらない辛さ、歯がゆさを感じるようになったんです。そして昨年12月の全日本選手権の前頃から「これで最後かも」と自分自身が思うようになり、競技生活を終わりにしようと決めました。全日本のフリーでトスカを滑り終えたとき、プツンと糸が切れたようで自分でも驚きました。

村上 佳菜子さんからのワンポイントアドバイス
厳しい練習と努力の先には、きっと結果が待っている
村上 佳菜子さん写真  フィギュアスケートの面白さは、一曲をいかに観客や審査員の人たちに見(魅)せながら滑るかというところです。そこにはジャンプやスケーティングの技術を競うスポーツ性はもちろんのこと、美しさや表現力が必要とされる芸術性も大事な要素となります。このスポーツ性と芸術性を磨き高めるために、本当に色んな練習を重ねてきました。例えば・・・
(1)スケーティング・・・もちろん一番時間をかけた練習です。中学生の頃から毎日6~8時間はリンクで滑っていました。特に重点的に練習したのはジャンプです。中でもフリップやルッツ、ループといったジャンプは難しくて、跳べるようになるまでに時間がかかりました。やはりリンクで滑りながら、ジャンプや回転など様々な動きの感覚を身につけることは一番大事な練習だと思います。
(2)ダンス・・・スケーティングと同じくらい大事な練習です。芸術性に大事な表現力は、体のあらゆる動きから表現されます。そのためにバレエをはじめ、ジャズやタップ、ヒップホップなどの多様なダンスを子供の頃から練習してきました。学生時代は毎日1~2時間はダンスの練習に費やしていました。またアメリカでは、表情のレッスンを受けたこともありました。
(3)筋トレ・・・リンク以外の練習で欠かせなかったのはダンスと筋トレです。また、足腰を鍛える縄跳びや回転・ジャンプの練習も自宅の外で毎日していました。

学生時代は毎日、練習しかしていなかった気がします(笑)。外国の選手は日本選手の練習時間の長さに驚く人もいますが、今の日本フィギュア界のレベルの高さは、こうした日本人選手の努力の結果ではないでしょうか。練習の厳しさから逃げない、努力を惜しまない。これが私からのアドバイスです。

村上 佳菜子さんからのメッセージ どんなときも、諦めない気持ちを大事に持ち続けていたい
村上 佳菜子さん写真  私は3歳から22歳まで、本当にスケートしかしてこなかったような気がします。でも辞めたいとか練習が辛いと思うこともなかったのは、やっぱりスケートが好きだったから。素晴らしいコーチと先輩に出会えて、たくさんの経験を重ね、私の競技人生は輝いていました。そして今年の4月、現役は引退しましたが、選手として思い残すことはありません。
 でもまだ22歳、やりたいことがたくさんあります。ひとつはアイスショーです。競技とは違って、ルールを気にせずに表現できることが楽しいです。自分で振り付けしたり、これまでとは違うスケートの楽しさを実感しています。そのためには、いろんなことを経験して吸収したいです。自分の表現の選択肢をたくさん作りたい。そしていつか、その経験や知識を、スケーターを目指す子ども達に伝えていきたいとも思っています。私が山田先生や浅田さんから学んだことを伝えたいですね。
 そして高校生の皆さんへのメッセージは「諦めない気持ち」です。私は19年間、スケートに対し決して諦めなかった。そしてこれからもプロスケーターとして、私にしか表現できないスケートの世界観を目指して、諦めない気持ちを大事にしていきたいと思っています。皆さんもスポーツや勉強、何に対しても決して諦めないでほしい。挫折や失敗もきっと未来へのステップです。そこを踏み台にして挑戦し続けてください。



※プロフィール等は2017年7月時点のものです。

無良 崇人選手
無良 崇人選手(フィギュアスケート選手)
今の自分を作ってくれたのは、フィギュアスケートです
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ