検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
加藤 陽一選手写真
加藤 陽一選手
(プロバレーボール選手)
Profile
1976年8月12日生まれ。大分県出身。中学よりバレーボールを始め、90、91年と連続でさわやか杯に中学生選抜として出場。大分工業高校進学後はインターハイや春の高校バレーに出場し世界ユース日本代表にも選ばれる。そして筑波大学時代は全日本大学選手権で3連覇を果たし、MVPを受賞。その後、全日本入りし世界選手権、ユニバーシアード、ワールドカップなどでキャプテンとして活躍する。02年からはイタリアセリエAを始めギリシャやフランスなど海外のプロリーグに所属し、リーグ優勝に貢献。そして2005年10月からはVリーグJTサンダースに移籍、今後の活躍が期待される。
※この記事は2005年12月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
加藤陽一選手の学生時代
「チームプレーの楽しさをすごく感じました。」
加藤 陽一選手写真僕がバレーボールを始めたのは中学のクラブ活動からなんです。小学校の時は水泳と野球をやってましたが、そのお陰で基礎体力ができていたんでしょうね。実は僕の母がママさんバレーの選手で、子どもの頃から母の練習によくついて行って見ていました。そして中学に入学してバレー部に入り指導を受けたんですが、チームプレーの楽しさをすごく感じましたね。バレー部の友だちもたくさんできたし、すごく楽しんでやってました。例えば自分がミスしたら誰かがカバーしてくれたり自分がカバーしたり、お互いが協力し合うところにコミュニケーションがあるんですよね。だからバレーボールを通して、どんどん仲間を知り、理解し、認め合っていく。それが楽しさだと思います。その楽しさもあって、バレーボールに打ち込めたことが中学生選抜に選ばれてさわやか杯に出場という道を開き、またインターハイ優勝校大分工業高校への進学にもつながりました。
高校時代の思い出というと、やはりバレーボールばかりなんですが、中学との違いは「勝たなければいけない」というプレッシャーをはじめて感じたことでしょうか。インターハイ優勝校という気迫やレベルの高さもありましたから。でも、僕にとってはいい環境だったと思います。バレーボールはもちろんですが学生生活においても、自分が認められ、応援されていることが自分の自信につながっていったと思いますね。
今すべきことを目標に、ひとつずつステップアップしていく
加藤 陽一選手写真僕が大学進学を考えたのは高校3年のとき。高校時代は、一つひとつの試合に勝ち進み全国大会に出場することが夢であり目標でした。その先はまだまだ考えられなかったから。でも全国大会で3位になり、筑波大学の監督の目にとまったとき、バレーボールを続けていけるチャンスをつかんだようで初めて進学を真剣に考えました。その後、大学3年の時ナショナルチームに選ばれて夢や目標は世界にも広がっていきましたね。僕はバレーボールを始めた中学生の時から「オリンピックに出たい、ワールドカップに出たい!」という大きな夢を感じてはいませんでしたが、一日一日をステップとして上り進んでいくことが目標でもあり夢だったと思います。中学時代はさわやか杯、高校時代は全国大会、そして大学時代はナショナルチームというように。すると、その先にはワールドカップやオリンピックがあり、世界のバレーボールがあったんです。
ナショナルチームに選ばれたことは僕にとって大きなステップアップになりました。でも最初は練習について行くのが精一杯で、チームから落ちこぼれないように必死でしたよ(笑)。
いま僕は日本に帰ってきて、これからの目標のひとつとして日本にもバレーボールのさらなる環境を作っていきたいと思いますね。そのためには、一人でも多くの人たちにバレーボールの試合を楽しんでもらいたいし、プレーする楽しさを伝えたいと思っています。そこから新たな選手が生まれ育っていくことを楽しみにしています。
加藤陽一選手からのワンポイントアドバイス
ボールをつなげるための基本、オーバー・アンダーパスを大切に
加藤陽一選手写真バレーボールはボールを打って、受けてつなげていくスポーツです。もちろんサーブで決めることも大切ですが、基本はつながらなければゲームにはなりません。そのためにも練習の基本としては、オーバー・アンダーパスをしっかりと身につけてください。その上でスパイクやサーブといった技術を伸ばしていくことが大切だと思います。
ちなみに僕が高校時代にやっていた練習メニューは、
(1)ストレッチ
体の筋肉を暖めて、練習へのウオーミングアップをしてください。これは怪我や故障の予防には欠かせないメニューです。
(2)オーバー・アンダーパス
ボールをつないでいくための基本練習です。パスの正確さと安定性を高めていくようにしてください。
(3)レシーブ
最初は2人から始め、徐々に人数を増やしながらいろんなパターンでのレシーブ力を身につけてください。
(4)スパイク
セッターを入れて、あらゆる角度や状況からのスパイクを練習しましょう。
(5)サーブ&レシーブ
サーブはまず正確に入れること、レシーブは確実に受けて返すことを身につけてください。
加藤陽一選手写真(6)ゲーム
これまでの練習をもとにゲーム形式で、いろんなポジションでの動きやチームワークを心がけてください。

以上がコートやボールを使っての基本練習ですが、これ以外にも腹筋や背筋を鍛えるウエイトトレーニング、ランニングやダッシュ、反復運動で脚力や反射神経を鍛えることも大切です。また、自分がどのようなプレーをしているかを知り、考えながらプレーしてください。チームプレーであり、仲間を信頼し助け合うことがバレーボールでは不可欠です。そういったメンタル部分も大事にしてください。
それと僕の場合は、練習という限られた時間にできるだけ集中するように心がけています。それでも今日できなかったこと、やり残したことは明日の目標にする。これが自分のモチベーションになっていると思いますね。
加藤陽一選手からみんなへのメッセージ
学生時代は、すばらしい仲間を作れる最高の時期
人それぞれで、いろんな人生の楽しみ方があると思います。たとえば僕は育ってきた環境の中からバレーボールと出会い、打ち込めるものを見つけることができました。そしてバレーボールを通じてたくさんの人に出会い、経験をし、何より素晴らしい仲間を持つことができました。僕にとってチームメイトは、親や先生よりも心を許せる仲間でした。同じ夢を持ち、一緒のコートに立っているという意識は信頼感にもつながり、ともに喜び悲しみ、そして協力し合える存在でした。皆さんも、一度しかない高校生活の中で信頼できる仲間を作ってください。きっと将来、どのような道に進むにしても、よき相談相手となり協力者となる素晴らしい絆ができていくと思います。
加藤 陽一選手写真
※この記事は2005年12月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
柳田 将洋選手
柳田 将洋選手(バレーボール選手)
バレーボール&勝つことの楽しさ、積み上げることの大事さを伝えたい
福澤 達哉選手
福澤 達哉選手(バレーボール選手 全日本代表)
向上心こそが、夢に近づく一番の方法
清水 邦広選手
清水 邦広選手(バレーボール選手 全日本代表)
楽しいこと、悔しいことがあったから今がある
石島 雄介選手
石島 雄介選手(バレーボール選手)
学生だからこそ、今やるべきことがあるはず
高橋 みゆき選手
高橋 みゆき選手(元バレーボール選手)
ハンデを、自分の最大の武器にする
山本 愛選手
山本 愛選手(バレーボール選手)
経験できること、人との出会いを大切に
越川 優選手
越川 優選手(バレーボール 北京オリンピック日本代表)
夢のままで終わりたくない、だから決して諦めない!
山本 隆弘選手
山本 隆弘選手(バレーボール日本代表)
時には自分に対して、厳しさも必要
吉原 知子さん

2007年2月

妹背牛商業高等学校 出身

吉原 知子さん(元バレーボール選手・日本代表)
限界を作らずに、夢を持ってチャレンジしてほしい
竹下 佳江選手
竹下 佳江選手(バレーボール選手)
一度逃した夢、だからこそ絶対につかみたかった
大林 素子さん
大林 素子さん(元バレーボール日本代表 スポーツキャスター)
今しかない、チャレンジできる時を大切にしてください。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ