検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
福西 崇史さん写真
福西 崇史さん
元サッカー日本代表選手
1976年9月1日生まれ。愛媛県新居浜市生まれ。小学校4年生のとき地元のサッカー教室でサッカーを始める。新居浜工業高校在学中にスカウトされ、高校卒業後の1995年春、ジュビロ磐田に入団。早くも頭角を現し、初年度より数々の試合に出場。翌年には中心的存在となり、2002年には日韓ワールドカップ初出場。戦力の中核をなすボランチとして活躍。2006年には自身にとって2度目のワールドカップ出場を果たす。2007年FC東京へ移籍。さらに2008年には東京ヴェルディに移籍するが、惜しまれつつも2009年1月末引退。通算成績はJリーグ・カップ戦432試合・70点、日本代表64試合7得点。引退後はサッカー解説やタレントとして活躍中。

※この記事は2010年1月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

福西崇史さんの学生時代は・・・
団体競技の面白さに魅了された青春時代
福西崇史さん写真  僕の場合、小学校4年生のときに友達がサッカーを始めるということで、最初は付き合いでやるようになったんです。もともと僕は幼稚園の頃から器械体操をやっていたんですが、中学になって、どちらか一つ選択することになったんです。一つのボールをみんなで協力してゴールに入れ、一つのボールをみんなで守るっていう団体競技の面白さが自分にグッときたので、サッカーの方にのめり込むようになったんです。

 中学生の時は、自分の実力も含めて、まだプロになろうという意識はなかったのですが、地元ではそこそこ強い高校に進学できました。地元では「うまいね」とみんなにもてはやされていましたが、いざ愛媛県選抜に選ばれてみると、自分より上手な選手がいて、自分の実力のなさを痛感しました。しかし、もっとうまくなろうという気持ちになり、そのうち四国選抜に選ばれるまでに上達できたんですが、ここでもまた上手な人を見ることになって、サッカーって奥が深いなって痛感しました。同時にますますサッカーが好きになってきたんです。愛媛には全国優勝したこともある強豪校があったので、「そこを倒すぞ!」ってチームが一つになれたことがとてもいい思い出として残っています。

 通っていた高校は就職率が高かったので、就職しようかサッカーで大学に行こうか正直迷っていたんです。プロになれるなんて思っていませんでしたから。ある日、他校との練習試合があって、それを見に来られたジュビロ磐田の方から練習にこないかと誘われて、そのまま卒業後にプロの世界へ入ることができたんです。

福西崇史さんの現役時代
壁を乗り越えてこそ成長した自分に出会える
福西崇史さん写真  入団していきなり戦力になる人は、ほんの一握りです。僕も、入団早々プロの世界の厳しさを思い知らされたんです。
 プレー中、その都度自分が一番いい選択をしなければいけない、というプレッシャーがあるんです。例えば、一つのボールのスピードでこんなに状況が変わってしまう・・・パスが仲間の右足に行くのか左足に行くのかのズレで、1秒2秒の時間がロスされるわけです。そのような微妙な問題を監督から教えてもらって、その都度壁にぶちあたって悩んだりしたんですが、そこから面白さがさらに芽生えて、がんばろうって気持ちになれたんです。

 とはいえサッカーは団体競技ですから、仲間との連係プレーなんですね。息が合っていないとうまくいかないことが多いですが、うまくプレーできたときは大きな喜びというものが生まれてきます。僕はさみしがりやってこともあるんですが(笑)、みんなで一緒になってやるってことが好きでサッカーを選んだと思うし、コミュニケーション一つで、サッカーの局面が変わるので、そこが面白いところです。個人個人の技術力だけじゃない部分があるんです、サッカーには。人と人との繋がりもサッカーの奥深さのひとつです。

 ワールドカップメンバーは色々なチームから招集されているんですが、普段はなかなか話したりできないんですね。ですから、メンバーが集まったときには極力、お互いのコミュニケーションを取るようにしていました。それがいいプレーにも繋がっていくんだと思います。
福西崇史さんからのワンポイントアドバイス
ボールと常に触れ合っていることが全ての基本
福西崇史さん写真 (1)なるべく多くボールを触ること・・・僕は新聞紙をまるめて練習をするなどもしましたが、常に蹴っていないとだめだと思います。壁にぶつけて返ってくるボールを蹴るとか、一人でも練習は十分やっていけます。反復練習なので単純な作業ですが、プロになって思うのは、ベースがしっかりしている人ほど、いろんな応用がききます。だから基本という部分でボールを触るということを大事にしていってもらいたいです。
(2)100%力を出すために体調管理をすること・・・試合では全力を出し切ることが大事です。ですが、体調が悪いとそれもうまくいきません。そのためには試合に向けて、日頃の食事や睡眠も含めた体調管理をしっかりすることです。自分のコンディションが悪いと、団体競技のサッカーにおいてはミスを犯しやすくなります。体調管理ができていないと、チームメイトにも迷惑をかけることになります。
(3)ステップワークを常に養うこと・・・野球や卓球でもいえることですが、どこにボールが飛んでくるとか、落下地点はどこだとかを瞬時に感覚で掴んでいるんです。体が自然とその方向に向かっていく。それにはステップワークが大事だと思うんです。小さい頃に鬼ごっこしたり、かくれんぼしたりというのも役に立つと思うんです。突発的に体を動かしますからね。ですから、常に体を動かすってことをやっていてほしいです。それが積み重なって、必ず役に立ちますから。

福西崇史さんからみんなへのメッセージ
福西崇史さん写真

サッカーをやる上で、やはり好きであることが大事です。楽しくサッカーをしてほしいです。練習はきつい面や単純作業的なメニューが多いんですが、練習が終わった後に遊びでサッカーをやってもいいと思うんです。また、サッカーをしていると、いろんな壁にぶち当たると思うんですけど、めげずに自分の目指す目標に向けて続けてもらいたいです。克服できたときには一歩成長した自分がいるはずです。

よく「プロになるには?」と質問をされるんですが、自分をアピールすることも大事です。待っていてもチャンスはきません。試合であれば全力でぶつかり、人の目を惹くこと。プロテストを受けるなり、スカウトにアピールするなり、とにかくチャンスを生かしてください。仮にプロサッカー選手という道を選ばなかったとしても、みなさんが社会に出たときにいろんな壁にぶち当たると思うんです。そのときにサッカーを通じて培ったチーム力や問題を克服する力はきっと役に立つはずです。

※この記事は2010年1月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

今野 泰幸選手
今野 泰幸選手(サッカー選手)
仲間との絆、それは共に頑張ってきたからこそ築けたもの
髙瀬 愛実選手
髙瀬 愛実選手(サッカー選手)
今しかできないこと、仲間たちとの時間を大切に
宮間 あや選手
宮間 あや選手(サッカー選手)
先輩たちの背中を見て、たくさんのことを学んだ
田中 明日菜選手
田中 明日菜選手(サッカー選手)
打ち込める何かがあるって素晴らしいこと
柿谷 曜一朗選手

2012年8月

柿谷 曜一朗選手(サッカー選手)
好きという気持ちを忘れなければ、頑張れる
茂庭 照幸選手

2012年5月

茂庭 照幸選手(プロサッカー選手)
自分の信念を持って、何かをやり抜くことが大事
森島 寛晃さん
森島 寛晃さん(元サッカー選手)
目標に向かって、諦めずに歩き続ける
平山 相太さん
平山 相太さん(プロサッカー選手)
好きなことに挑戦し続けていきたい!
柳沢 敦選手
柳沢 敦選手(サッカー選手)
自分のサッカーを信じることができた
加地 亮選手
加地 亮選手(サッカー選手)
全力で取り組んだ事に無駄はない
秋田 豊さん
秋田 豊さん(元サッカー日本代表選手)
学生時代は人生の分岐点。夢や目標を持って過ごそう
三都主 アレサンドロ選手
三都主 アレサンドロ選手(サッカー選手)
厳しさを知り、そして夢とチャンスを掴むことができた
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ