検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
桧山 進次郎さん写真
桧山 進次郎選手
プロ野球選手(阪神タイガース所属)
Profile
1969年7月1日生まれ。京都府出身。小学校の頃から野球を始め、平安中学、平安高校を経て東洋大学へ進学。大学時代は261打数83安打、打率.318、13本塁打、45打点でベストナイン3回、日米大学野球選手権大会では日本代表に選出される。1991年のドラフト4位で阪神タイガースに入団。以来、阪神において生え抜きの最古参・最年長選手としてチームメイトからの信頼も厚く、ファンからの人気も高い。また昨年は、球団新記録となる代打通算109安打を記録した。

※プロフィール等は2011年3月時点のものです。

桧山進次郎選手の学生時代は・・・
工場の半分を野球場にして応援してくれた父
桧山 進次郎さん写真 僕の父と2つ上の兄も野球をやっていたので、物心ついた時にはいつもボールとクローブとバットが遊び道具でした。そして小学校に入った頃には近所のソフトボール大会に出ていましたし、4年生の時には少年チームに入って初めてユニホームを着ました。僕は野球以外の遊びを知らない子どもでした。実家は染色の工場をやっていましたが、父が工場の半分を野球場にしてくれて、僕ら兄弟の野球を応援してくれていましたから、家庭環境もすごく恵まれていたと思いますね。
 そして平安中学、平安高校と野球部に入っていましたが練習の厳しさが一番の思い出ですね(笑)。授業以外には野球しかしていなかったんじゃないかな。当時はやはり甲子園に出場することが一番の目標でしたから、チーム全員がどんな厳しい練習にも頑張れたし、遊びたいとか思うこともなかったんだと思います。ただ、3年生の夏は1回戦で負けてしまい結局、甲子園にはいけなかったことはすごく悔しい思い出です。今でも当時の同級生と集まるとその時の話が出ます。うれしかったことだけじゃなく悔しさもいい思い出です。高校時代の宝物ですね。
 高校時代には将来はプロ野球選手になりたいというはっきりした目標を持っていました。でも、まだ夢のようなもので「なりたい」という気持ちと「なれる」という現実は別ですから。この夢が現実味を増してきたのは大学2年生の時に首位打者をとってからです。このまま頑張ればプロも夢じゃないと思えました。実際に練習にはスカウトの方々も見に来ていましたから。
東洋大学からドラフトで阪神タイガースへ
プロを意識した時から、野球を見る目も変わってきた
桧山 進次郎さん写真 高校生の時までは、テレビで1人のファンとしてしか野球を見ていなかったのに、「自分もその中に入れるかもしれない」と思った時から、野球の見方が変わってきました。チームのプレースタイルや選手のバッティングそのものを、意識してみるようになったんです。たとえば当時はジャイアンツの篠塚選手や岡崎選手のプレーに興味を持ちました。自分と似たタイプかもしれないと感じると、目標とする所が多かったんだと思います。そして意識しながら野球を見たり練習することによって、自分のプレーも変わっていったと思います。
 東洋大学を卒業後、子どもの頃からの目標だったプロ野球の世界に進むことになり、ドラフトで阪神タイガースに入団することができました。野球に対する思いや姿勢は子どもの頃、そして学生時代に先輩や監督から教わり学んできたことと何も変わってはいません。ただ、大好きな野球が仕事になったことが大きな違いでした。学生時代は勝ったうれしさ、負けた悔しさなどすべてが経験であり思い出でしたが、プロの世界では勝たなければいけない。常に勝つという意識を持ち続けることは大変なことでもありました。自己管理はもちろん、常に最高のプレーをしなければいけないというプレッシャーもありますし。でも何より好きだから続けていけるし、辞めたくないと思っています。
桧山進次郎選手からのワンポイントアドバイス
上手くなりたいと思う向上心を持つ
桧山 進次郎さん写真 練習において一番大事なことは、自分が上手くなりたいという気持ちだと思います。その思いがあれば練習においても自分で考え、試行錯誤の努力をするようになります。この向上心を持って練習にも試合にも挑戦してください。そして練習で大事なポイントは
(1)走る・・・野球とは走るスポーツでもあります。走ることはすべてのスポーツの初歩だと思います。特に団体スポーツでは走れないとチームにも影響を与えることになります。また、走ることは下半身を鍛え、打つ、投げるなどの基本動作においても体のバランスや安定感に大きく関わってくると思います。
(2)筋肉トレーニング・・・腹筋や背筋といった基本のトレーニングは徐々にはじめることがいいと思います。急に激しい筋トレをしたり、やりすぎると反対に筋肉を疲労しすぎて痛めてしまうこともあるので注意してください。
(3)バッティングやキャッチング・・・やはりボールに触る基本練習は大事です。ボールの感覚と併せて、打つ、投げる、うける感覚やタイミングを肌で覚えることが大事だと思います。
 大事なポイントはこの3つです。決して難しい練習ではありませんが毎日続けること、反復練習が大事だと思います。向上心や集中力を持って練習するようにしてください。あと大事なものは「身体」ですね。プロ野球選手にとっては特に身体が資本です。何より野球ができないことが一番怖いことなんです。いいプレー、いい試合をするためにもスポーツにふさわしい身体作りを心がけてください。
 また、スポーツは人間形成に大きな影響を与えてくれると感じています。たとえば礼儀。厳しい監督や先輩に鍛えられることも、学生時代には重要なことだと今は思っています。僕は素晴らしい選手こそ、考え方や生活態度、人間性はプレーに現れると実感しています。
桧山進次郎選手からみんなへのメッセージ
桧山 進次郎さん写真

僕は野球でいろんなことを学び、たくさんの素晴らしい経験と出会いを得たと思っています。コーチや監督、先輩や後輩、そして応援してくれる家族の存在も大きいです。父は今もよく試合を見にきてくれているし、何より僕の状態を一番観察してくれているのも父です。僕にとって一番のコーチであり一番のファンですね。その父によく言われたことは「打てるという強い気持ちを持つことが大事だ」です。自分の心に負けずに強い気持ちで何事にも挑んでいきたいですね。

みなさんにも学生時代には、たくさんの経験と出会いを大切にしてほしいですね。今しかできないことがたくさんあるはずです。そしてたくさんの出会いや経験から、自分自身の目標や進むべき道を見つけてください。

僕も今年で42歳になりますが、今だからできることを続けていきたいと思っています。野球選手として、ファンのみなさんの励みになれるような存在でいたいですね。そして今年の優勝を目指し、優勝の瞬間をチームの1選手として迎えたいと思っています。これからも阪神タイガースを応援してください。

※プロフィール等は2011年3月時点のものです。

秋山 翔吾選手
秋山 翔吾選手(プロ野球選手)
目標が見つかったら、ぶれずに挑戦し続ける!
金子 千尋選手
金子 千尋選手(プロ野球選手)
プロ野球&悔いを残したくない。だから常に全力でチャレンジしたい
五十嵐 亮太選手
五十嵐 亮太選手(プロ野球選手)
自分らしさを大切にしてほしい
井川 慶選手
井川 慶選手(プロ野球選手)
目標を持ち、一生懸命になれることは素晴らしい
T-岡田選手
T-岡田選手(プロ野球選手)
大事なのは、野球を楽しむこと
濱中 治さん
濱中 治さん(元プロ野球選手)
「感謝」ということを忘れず、前に進んで行ってほしい
新垣 渚選手
新垣 渚選手(野球選手)
目の前の問題から目をそむけず、立ち向かってほしい
内川 聖一選手
内川 聖一選手(プロ野球選手)
一生懸命に取り組む気持ちを大事にしたい!
村田 修一選手
村田 修一選手(プロ野球選手)
好きという気持ちを、大切にして欲しい
元木 大介さん
元木 大介さん(元プロ野球選手)
チームワークが大事!ミスを悔やむな、悔いを残すな!
高橋 尚成選手
高橋 尚成選手(プロ野球選手)
小さな目標が、いつか大きな夢にたどり着く
小久保 裕紀選手
小久保 裕紀選手(プロ野球選手)
目標のためには手を抜かない、努力を怠らない
今岡 誠選手
今岡 誠選手(プロ野球選手)
いろんな経験の中から、自分自身の目的を見つけよう
三浦 大輔選手
三浦 大輔選手(プロ野球選手)
たくさんの経験から、好きな道を見つけよう!
掛布 雅之さん
掛布 雅之さん(元プロ野球選手)
あきらめずに続けた者だけが感じられる
赤星 憲広選手
赤星 憲広選手(プロ野球選手)
練習は継続してこそプラスになる!
上原 浩治選手
上原 浩治選手(プロ野球選手)
楽しめることがステップアップにつながる
矢野 輝弘選手
矢野 輝弘選手(プロ野球選手)
あきらめない限り、一歩でも半歩でも近づいていけてると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ