検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
大林素子さん
大林 素子さん
(元バレーボール日本代表 スポーツキャスター)
Profile
1967年生まれ。東京都出身。中学1年からバレーボールを始め、中学3年の時に東京都中学選抜に選出される。その後、バレーボールの名門、八王子実践高校へ進学し、日本代表としてワールドカップに出場。高校卒業後、日立製作所へ入社。88年のソウル五輪、92年のバルセロナ五輪ではエースアタッカーとして活躍する。95年にはイタリアのプロリーグ・セリエAの「ブルーメル・アンコーナ」に所属。日本人初のプロ選手としての道を切り開く。帰国後は東洋紡オーキスに所属し、96年のアトランタ五輪にも出場し、97年に引退。現在、スポーツキャスターとして活躍中。
※この記事は2004年10月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
大林素子さんの高校生時代・・
一通の手紙が、可能性をつかむチャンスに
大林素子さん写真小学校4年生の時にテレビアニメを見て、バレーボールに憧れたのが始めたきっかけですね。でも、練習は楽な方に逃げることばかり考えていました。
本当の意味で、真剣になれたのは中学1年の新人戦でした。でも、練習不足で相手チームに狙われてばかり。「自分のせいで負けたんだ」とすごく落ち込んでいると「練習した者だけが、落ち込んだり反省したりするんだ!」と一撃。まるで、目からウロコでしたね。周りを見ると、さぼらずにコツコツやってきた仲間たちが活躍していることに改めて気付きました。それからは、必死で練習しましたね。すると、今まで上がらなかったボールが上がるようになり、頑張ることによって、ひとつひとつ結果が表れてきました。
そんなある日、雑誌に日立の山田監督が載っていました。近くだったということもあって、思わず手紙を書きました。「どうすれば、上手になるのでしょうか」と。でも、この手紙が大きなチャンスとなり、異例ながら中学時代から毎日、日立の練習に参加させてもらいました。ローリングのしかたからオーバーパスのやり方、ウエイトトレーニングに食事のこと、メンタルな部分まで、親切に教えていただきました。まさに、バレーボールの英才教育ですよ。だから、八王子実践高校へ進学したことも、みなさんに引いてもらったレールに乗って、ただ必死に走り続けていくことでしたね。
八王子実践高校では、普通の高校生活は送ってなかったと思います。私は、高校3年で日本代表に入ったので、練習と試合の毎日で、ワールドカップをはじめほとんど海外遠征に出てました。そのせいで、クラスメートにはいつもノートをとってもらったりして、みんなに支えてもらった高校時代でしたね。
普段の生活は学校の中にある寮だし、食事から洗濯まですべて自分たちでやりますから、遊びに出かけたという思い出もなかったなぁ~。特に高校生らしい思い出はなかったけど、バレーボール以外にも高校時代に身につけたことは多かったと思います。たとえば、目覚ましなしで起きられる技とか、洗濯のコツなど。高校の授業では華道や茶道があったりして楽しかったですね。バレーボールをしながら、社会人として、女性として、マナーや協調性を教わった気がします。
バレーボールの頂点として、必ず立ちたい舞台だった
小学生の頃から、夢はずっとオリンピックでしたね。オリンピックはバレーボールの舞台としてはトップであり、私にとって必ずつかみたい夢でもありました。ソウル、バルセロナ、アトランタと3度出場することができましたが、初めての開会式での印象は今でも忘れられません。そしてソウルオリンピックでは、金メダルをとったロシアに予選で唯一勝てたのが日本だったんです。それだけに、メダルをすごく近くに感じながら自信を持って戦えた試合でした。
私は高校生の時から、海外遠征に行っていたのでオリンピックという特別な緊張はなかったかも。それに、バレーボールは試合数が多くて、雰囲気を味わうという余裕はなかったですね。
いま、スポーツキャスターとしてオリンピックの解説をさせていただいて、本当の意味でオリンピックを楽しんでいるのかもしれませんね。そして、いつか女子バレーボールの金メダルの瞬間に立ち会えることを楽しみにしています。
大林素子さんからのワンポイントアドバイス
チームとして、目的意識をはっきり持つこと
大林素子さん写真 バレーボールは、まずボールに慣れて、プレー(ゲーム)を楽しめることから始めてください。みなさんが授業でも体験したように、サーブ、レシーブ、パスを中心に練習しましょう。バレーボールはチームプレーです。チームとして特性を持ち、強くなることが大事。そのためには、ただ、がむしゃらに練習するよりも、試合で勝つための、チームとしての目的意識を明確にすることが必要だと思います。攻撃重視のチームにするのか、守りを固めるのか、チームのスタイルをみんなでよく話し合ってください。そこから、実践的な練習を組み立てていくことがポイントです。
一人一人が信頼しあえることが大切です。
大林素子さん写真私の著書「大林素子のバレーボール教室」(旬報社)の中から、基本的な練習メニューをご紹介します。
(1)ウォーミングアップ
ボールに慣れて身体を温めるためにも、キャッチボールなどを中心に手や腕、身体全体をよく使ってみましょう。コンビを組んで片手、両手といろんな投げ方や受け方を繰り返し、肩や足腰の筋肉をよく使ってください。
(2)パス
トスやレシーブなどのボールを人へ送るパスは、バレーボールでは最も基本的な技術。どんな体勢でもできるように、高さ、角度などのバリエーションをつけて、オーバーハンドとアンダーハンドを練習しましょう。
(3)レシーブ
パスの中でもレシーブ力は試合の行方を大きく左右します。予測して、動いて、拾うという一連の動きをいろいろなバリエーションで練習しましょう。
(4)サーブ
サーブを確実にするには、フォーム、コントロールなども必要になります。そして何より、自分の思うところに正確にボールを上げること(トス)が基本です。そのためにも、一定の場所に上げる(トスする)練習をしましょう。そして、角度や高さ、カーブなどのバリエーションを練習してみましょう。
他にも、試合になれば、スパイクやブロックといったコンビネーションプレーも必要になりますが、まずはボールになれて、確実にパスやレシーブができることがラリーにつながります。そして、これらの基本のプレーとコンビネーションが上手に調和することによって、強さを増していくのがバレーボールです。
大林素子さんからみんなへのメッセージ
可能性を見つけるというプロセスを楽しんでください。
私にとってバレーボールは、生活の一部だし「大林素子」であるための大事なアイデンティティーだと思います。現役を引退した今も、バレーボールを通して、いろいろなことにチャレンジしてきました。でも、ゴールは作りたくない。満足してしまうと、終わってしまいそうで、もっともっといろんな可能性を確かめたくて試行錯誤の毎日です。
若いときは、チャレンジすることでいろいろな発見があり、経験や努力を知識や技術に変えられるときです。スポーツは、一番身近にチャレンジできることではないでしょうか。身体を動かす、汗をかく、エネルギーを充電していく、可能性を見つけるというプロセスを楽しんでください。結果は後からついてくるものです。今しかない、チャレンジできる時を大切にしてください。
大林素子さん写真
※この記事は2004年10月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
柳田 将洋選手
柳田 将洋選手(バレーボール選手)
バレーボール&勝つことの楽しさ、積み上げることの大事さを伝えたい
福澤 達哉選手
福澤 達哉選手(バレーボール選手 全日本代表)
向上心こそが、夢に近づく一番の方法
清水 邦広選手
清水 邦広選手(バレーボール選手 全日本代表)
楽しいこと、悔しいことがあったから今がある
石島 雄介選手
石島 雄介選手(バレーボール選手)
学生だからこそ、今やるべきことがあるはず
高橋 みゆき選手
高橋 みゆき選手(元バレーボール選手)
ハンデを、自分の最大の武器にする
山本 愛選手
山本 愛選手(バレーボール選手)
経験できること、人との出会いを大切に
越川 優選手
越川 優選手(バレーボール 北京オリンピック日本代表)
夢のままで終わりたくない、だから決して諦めない!
山本 隆弘選手
山本 隆弘選手(バレーボール日本代表)
時には自分に対して、厳しさも必要
吉原 知子さん

2007年2月

妹背牛商業高等学校 出身

吉原 知子さん(元バレーボール選手・日本代表)
限界を作らずに、夢を持ってチャレンジしてほしい
竹下 佳江選手
竹下 佳江選手(バレーボール選手)
一度逃した夢、だからこそ絶対につかみたかった
加藤 陽一選手
加藤 陽一選手(プロバレーボール選手)
今すべきことを目標にひとつずつステップアップしていく
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ