検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
川村 卓也選手写真
川村 卓也選手
バスケットボール選手(リンク栃木ブレックス所属)日本代表
Profile
1986年4月24日生まれ。岩手県盛岡市出身。仙台市の小学校時代よりミニバスケットボール部に所属。中学校ではバスケットボール部に入部し、中学3年時に初の全国大会に出場し全中ベスト4入りを果たす。盛岡南高校に入学後もバスケットボールで非凡な才能を発揮し、高校3年時にはU-18日本代表主将を務めFIBAアジア男子ジュニア選手権大会に出場。翌2005年には日本A代表候補に選ばれ、キリンカップ、キリンインターナショナル、FIBAアジア男子選手権などにも出場する。高校卒業後はオーエスジーフェニックスに入団し、2006-2007シーズンにはオールジャパン、スーパーリーグとも史上最年少ベスト5を獲得した。2008年リンク栃木ブレックスに移籍、4年連続の得点王と2011-2012シーズンには同時にアシスト王も獲得。今後も活躍が期待される、日本初の高卒プロ契約選手。

※プロフィール等は2012年7月時点のものです。

川村卓也選手の学生時代は
バスケットへの意識を変えたのは、初の全国大会出場
川村 卓也選手写真 小学校時代はソフトボールをやっていて、本当は野球をやりたかったんです。でも一緒にソフトをやっていた友達に誘われて、ミニバスケを見に行ったのがきっかけで、小学校4年生からバスケットボールを始めました。各ポジションが決まっているソフトボールや野球とは違って、ひとつのボールをたったひとつの的に入れるためにみんなで守って攻める。人数は5人ですがチームスポーツっていう意識が感じられて楽しくて、いつの間にかのめり込んでいきました。当時はマイケル・ジョーダンの全盛期で、また漫画やテレビでは「スラムダンク」が大人気だったことも、バスケットボールに夢中になるきっかけになったと思いますね。
 中学からは学校でもバスケットボール部に入り、中学・高校時代は本当にバスケットボールしかしてなかったと言えます(笑)。学生は学業が中心のはずだとは思うのですが、ほぼ毎日がバスケットボールの練習と週末には試合、これが僕の学生時代の全てでしたね(笑)。何よりも夢中になれたし、バスケットボールに対しては決して手抜きはしたくなかった。そんな学生生活の中で、バスケットボールへの意識というか思いが少しずつ変わっていくのを感じていました。
 最初のターニングポイントになったのは、中学3年時の全国大会初出場でした。県の選抜選手として出場したのですが、初めて全国から集まった選手やチームと試合をしてベスト4に残り、ベスト5という賞をもらえたことは、自分なりの手応えや自信につながったと思います。その時、僕に賞を授与してくださったのがJBLでプレーされていた佐古賢一選手でした。僕もプロのバスケットボール選手になりたいと、強く思うようになった瞬間でした。学生時代のクラブ活動だったバスケットボールに、新たな目標を持つきっかけになった全国大会出場でした。

高校で日本代表に選出、目標は海外でのプレー
日本代表の経験がプロの道につながった
川村 卓也選手写真 中学時代は仙台で過ごしましたが、岩手の盛岡南高校入学するために盛岡に引っ越しました。高校時代はスポーツ科だったので、バスケットボールに打ち込むには恵まれた環境だったと思います。僕は母の実家から通っていましたが、周りには下宿生活をする友達も多く、当時の遊びといえば部活帰りに友達の下宿でゲームをするのが日課で、騒ぎすぎて下宿のおばさんに怒られたことも。でも、この日課がバスケットボールに打ち込む高校生にとって唯一のガス抜きというか、気分転換にもなっていました。たかがゲームをするだけですが、高校生の僕にとっては良いバランスを保つことができた。だから大好きなバスケットボールにも打ち込めたんです。何より高校時代は僕にとって大きな成長の時だったと思います。日本代表に選出され、日本以外のチームとプレーすることもできました。選手として貴重な経験を積み、自分自身の大きな力にもなりました。このステップが確実にプロへの道につながっていったんだと感じています。
 そして卒業後はオーエスジーフェニックスに入団、2008年シーズンからはこのリンク栃木ブレックスでプレーをしています。でも環境や条件は変わっても、僕の中で「シュートだけは絶対誰にも負けたくない!」という思いは同じです。そういった強い思いが4年連続の得点王という結果にも結びついたと信じています。今僕にとって一番の目標は、やはり海外でプレーすること。3年前にアメリカNBAのサマーリーグに参加させていただきましたが、改めてNBAの凄さに圧倒されました。NBAの選手が怪物に見えましたね(笑い)。僕なんか何もできなくて、けちょんけちょんにされたっていう感じでした。だからこそ「もっと力をつけたい、もっと上手くなりたい!」と思ったし、絶対にまた挑戦するんだという強い目標が持てました。年齢的なことを考えても、チャンスはだんだん少なくなるのはわかっています。だからこそ今、自分の可能性を試したいと思っています。

川村卓也選手からのワンポイントアドバイス
対人練習で、様々な動きやフットワークを身につける
川村 卓也選手写真 僕の中学・高校時代は毎日が練習と試合で過ぎていきました。でも練習がつらいと思ったことはなく、とにかくバスケットボールが大好きだったから上手くなりたかった。小学生の頃にあこがれたマイケル・ジョーダンやスラムダンクの中の選手に少しでも近づきたかったから夢中で練習していましたね。僕の高校時代の練習メニューから、ワンポイントアドバイスです。
(1) ウォーミングアップ・ストレッチ・・・これはどんなスポーツにも必要な準備運動です。選手にとって怪我は一番のダメージですから練習に入る前、そして練習後のケアは大事にしてください。
(2) ディフェンス・フットワーク・・・試合では相手の動きにすばやく対応し、相手の動きを阻止しながらゴールを守らなければならない。そこで大事なのがフットワークです。サイドステップやクロスステップなど、実践的ステップを身につけてください。
(3) オールコートでマンツーマン・・・オフェンスとディフェンスの動きを、まずはマンツーマンで身につけるようにしましょう。ディフェンスは相手の動きを見て絶対に抜かれないように。そしてオフェンスはできるだけ少ないドリブルでゴールにたどり着くことを考えて練習してください。
(4) スリーメン、ファイブメン・・・マンツーマンの次は少しずつ人数を増やしチームディフェンス・チームオフェンスの練習をしましょう。少しずつ試合感覚に近づきながら対人でディフェンス、オフェンスの動きを身につけるようにします。マンツーマンよりもいろんな状況を作り、さまざまな動きを瞬時に判断する。よりゲームに近い感覚・動きを身につけるためには重要な練習です。

これらの練習はバスケットボールの基本です。この練習を身につけた上で、それぞれのポジションに必要な技術や力をプラスしていくことが重要です。ちなみに僕は毎日、シュート練習は必死にやっていました。パスからシュートしたり、ドリブルからシュートしたりと、いろんなシチュエーションを考えシュートのパターンを変える。どうすれば最高のプレーやシュートができるのか、考えながら練習することも大事なことです。また高校時代にヒップホップをよく聞いていましたね。これはバスケットボールの動きのリズムに、ヒップホップのテンポが合うんですよ。ぜひ一度、試してみてください。

川村卓也選手からみんなへのメッセージ
川村 卓也選手写真

チームではオフの時などに、チームのみんなと学生にバスケットボールを教えることもあります。そのときによく言うことですが、バスケットボールに正しいフォームや型はないと思うんです。だから自分がいいと思ったことは、とことん続けてみてくださいと。そして自分のスタイルを貫くことで個性が生まれてくると思っています。たとえ憧れる選手がいても、その選手のプレースタイルを身につける必要はないんじゃないでしょうか。人間の持っている力や可能性は人それぞれに違うから、自分は自分の良さを伸ばし磨けばいいと思います。特にスポーツでも芸術でも、数学みたいに答えは一つじゃないから、いろんな答え、考え方があっていいと思う。それが個性であり、特性なんです。人間にとって一番の魅力じゃないかな。

僕も学生時代から、シュートだけは絶対に人に負けたくないと思って練習してきました。常に考え、微調整しながらも自分のスタイルや姿勢は貫き続けてきました。だからこそ今、プロのバスケットボール選手として、自分にしかできないことにプライドを持って、そして自分と常に向き合って戦っていけるんです。今後もバスケットボール選手である川村卓也を、みんなに示していきたいですね。

※プロフィール等は2012年7月時点のものです。

渡嘉敷 来夢選手
渡嘉敷 来夢選手(バスケットボール選手)
自分らしさを楽しんで、今の時間を大事にしてほしい!
竹内 公輔選手
竹内 公輔選手(バスケットボール日本代表選手)
今の時間を切磋琢磨して、有意義なものにしてほしい
田臥 勇太選手
田臥 勇太選手(バスケットボール選手)
大事なのは、情熱を持てること
五十嵐 圭選手
五十嵐 圭選手(バスケットボール日本代表)
好きという気持ちがあれば、打ち込める
森下 雄一郎選手

2007年11月

森下 雄一郎選手(プロバスケットボール選手)
まずは自分を信じて好きになって欲しい
佐古 賢一選手
佐古 賢一選手(プロバスケットボール選手)
プラス志向が、自分を高めるためにはとても大切
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ