検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
小椋 久美子さん写真
小椋 久美子さん
元バドミントン選手 2008年北京オリンピック日本代表
Profile
1983年7月5日生まれ。三重県出身。小学校二年生の時、姉の影響でスポーツ少年団でバドミントンを始める。四天王寺高校に入学し、2001年の全国高校選抜でシングルス準優勝。三洋電機入社後、2002年にはオールジャパン(全日本総合バドミントン選手権)シングルスで優勝を果たす。ダブルスでは潮田玲子選手と「オグシオ」コンビを組み、オールジャパン、全日本社会人大会、スコットランド国際、デンマークオープンなど、国内外で優勝経験を持ち、数々の好記録を出す。2008年の北京オリンピックで5位に入賞。潮田玲子選手とのペアによるラストマッチのオールジャパンでは、5連覇を達成する。2010年3月、三洋電機を退社。現在では、国内スポーツ教室指導スタッフとしてバドミントンを含むさまざまなスポーツ振興活動を展開、スポーツ教室での指導などをしている。また、日本だけではなく、海外でのスポーツ普及活動も行なっている。

※プロフィール等は2011年12月時点のものです。

小椋久美子さんの学生時代は
両親の言葉が励みになった
小椋 久美子さん写真小さい頃からバドミントンはすごく好きでした。小学校六年生の時、初めて全国大会に出て、そこでレイちゃん(潮田玲子選手)と初めて対戦しました。バドミントンは好きでしたが、中学生の頃は保育士になりたいと思っていたので、地元の高校から、短大に入って、保育士になるんだろうなって考えていました。でも、中学の全国大会で三位になり、高校の強豪校数校から勧誘に来ていただいたんです。その時に初めてバドミントンで頑張ってみようと決めました。
高校での練習はものすごく厳しくて、ついて行くのが精いっぱいでした。それでも新人の頃は、きついなりにまだ何とかやっていけました。2年生になると怒られる事も増えてきて、試合で負けるとまた怒られて、すごく精神的にもきつかったんですが、誰にもそんなことは言いませんでした。ちょうどその頃、実家に帰る機会があって、両親と話もして、いろいろ悩みましたが、そこから逆に頑張ろうと思いました。
高校三年生になった辺りで怪我をして、一ヶ月ぐらい丸々練習できてなかった時があったんです。ずっと、毎日学校と病院の往復ばかりで、全然良くならなかったんです。その頃は、みんな進路を決める時期なんですよね。そんな時に三洋から声をかけていただきました。私は本当にバドミントンが続けられるのかわからないと思ってたのですが、先方からは自分の腰の状態も含めて、声をかけてくださったので、それなら頑張れる気がするなと思えて、三洋に行くことに決めたんです。
小椋久美子さんの現役時代は
独りで戦っているんじゃない、二人で戦っているんだ
小椋 久美子さん写真お金を貰っているということで責任が生まれて、高校生から社会人になってすごく変わりました。私は中学まで、ダブルスを知らなかったんです。初めてレイちゃんとダブルスを組んだ時に、すごく相性が合って、ダブルスがこんなに楽しいものなのか感じました。その時からダブルスの相手はレイちゃんだっていうのを自分の中で決めてました。だから、私が彼女を三洋に誘ったような形ですね。私が、三洋に行くことを決めたので、もし組んでくれるなら来てほしいと打診していましたから…。
2002年のシングルスでの優勝は、自分が優勝したことが信じられませんでした。一生懸命練習もしたし、当然嬉しかったのですが、でも何の準備もないまま優勝してしまったので、素直に喜べませんでした。
それから、次の年に怪我をしてしまうのですが、私は逆によかったと思っています。あの時期、どこかしら天狗になっていて、初心の気持ちを忘れていましたし、あのまま何もなく過ごしていたら、人として良くない方向に行ったんじゃないかなと思います。
そこからはすごく苦労しました。怪我をした私を何も言わずに待っていてくれたレイちゃんには凄く申し訳なく思っています。あの時は、本当に『独りじゃない、二人で戦ってるんだ』ってすごく感じました。
結局、アテネには出られなかったんですが、北京に向けてその後の四年間は、死ぬ気でやろうとお互い話しました。私たちは結果をまだ残してない。つまり、なにも背負ってない。だから頑張ってここから上がってくしかないと。自分たちの気持ちが変わって、それで初めてダブルスで優勝したんです。その時は本当に嬉しかったです。シングルスで優勝したときの気持ちとはまるで違いました。
小椋久美子さんからのワンポイントアドバイス
強くなる秘訣は反復練習! 何度も何度も同じ練習をすること
小椋 久美子さん写真以前は単純に、スマッシュが決まったり、シャトルを必死で追いかけて取れたりしたことが楽しかったのですが、今は『駆け引き』が楽しいですね。ダブルスだったら、相手だけでなく、チーム内での駆け引きもあるので、パートナーがどう考えてるか、どう動きたいかも考えながら、全部ゲームメイクするんです。

(1)ひたすら反復練習をするのが、強くなる秘訣
同じことを何回も何回もやる。ずっと同じ練習を繰り返すうちに、それができるようになり、試合で活きるようになっていきました。反復練習で、上達するんだってことを私は実感したんです。

(2)練習の中で、自分への課題を出すこと
たとえば、スマッシュの練習でも、この打点で打ったら、しっかり角度をつけて狙えるとか、いろんな考えが浮かんできます。外から見てたら、本当に同じ練習をしてるだけなんで、飽きないかなって思われるんですけど、やっている方は、すごく色々考えています。最終的にやるのは自分ですから、考えるのは必要です。

(3)自分の納得のいくまで練習をすること
スマッシュは一日で何百回も打ってました。みんなが帰った後に自主練習で反復練習のメニューをこなしていました。何回も何回も上げてもらって、それをスマッシュする。何回でも同じように同じ場所に打てるように練習をしていました。どの競技でもそうかも知れないですが、ラケット競技は、特に細かい微調整のスポーツなのです。

小椋久美子さんからみんなへのメッセージ
小椋 久美子さん写真

結果は結果ですごく大事なんですが、それまでの過程っていうのがすごく大切なんだって言いたいです。オリンピックでメダルを取っても、頑張っていなかったら、自分でも喜びようがないし、自信も持てない。何でもかんでもいいことばっかりがいいわけじゃないなっていうことをすごく感じています。心が折れそうになった時とかも、私は素晴らしい事だと思うんです。そうなって初めて、人は成長できるのだから。必死で頑張ってダメだったらダメで、私はそれが財産になると思います。毎日練習をやっていると、ある日、コートを狭く感じるようになりました。以前は拾えなかったシャトルも、それほど苦労せずに拾えるようになって、練習が自分自身の実になったんだな、と思えたんです。だからこそ、積み重ねが大切なんじゃないかと思います。結果にとらわれすぎて、自分の思ったプレーが出来なかったりするよりも、まず自分の足元を見つめ直して、初心に戻りながら毎日練習する…。そうすると思わぬ成果が出たりします。そういうところを大事にして欲しいなって思います。

※プロフィール等は2011年12月時点のものです。

佐藤 翔治選手
佐藤 翔治選手(バドミントン選手)
なんだっていい、楽しくやることが一番大事!
陣内 貴美子さん
陣内 貴美子さん(元バドミントン日本代表 スポーツキャスター)
無我夢中で一生懸命にやったことは、必ず自分の自信となり、プラスになるはず!
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ