検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
古賀稔彦さん
古賀 稔彦さん
(柔道家 バルセロナオリンピック金メダリスト)
Profile
1967年11月21日生まれ 佐賀県出身
小学生から柔道をはじめ、中学に進学と同時に上京し東京の「講道学舎」に入門。弦巻中学校・世田谷学園高校時代に数々の全国大会で個人・団体で優勝。日本体育大学進学後も全日本、世界選手権で連覇を飾り、92年のバルセロナオリンピックでは見事、金メダルに輝く。その後、96年のアトランタオリンピックでも銀メダルを獲得し、00年に現役引退。現在は社会福祉法人慈雄会に所属し、全日本女子柔道チームの強化コーチを務める。また、03年には「古賀塾」を開塾し子どもたちの人間育成に力を入れるかたわら、各地での講演活動も行う。
※この記事は2004年7月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
古賀稔彦さんの高校生時代・・
強くなりたい!勝ちたい!と、がむしゃらだった
古賀稔彦のさん写真 僕が柔道を始めたのは、いつも遊んでいた友だちが道場に通い始めたから。「もっと友だちと一緒にいたい、遊びたい」という気持ちだけで柔道を始めました。ところが、道場に通い始めて間もなく、同じ道場の練習試合で負けたことで初めて悔しさを知りましたね。「勝ちたい」と思い、そのためには実力をつけないとダメだということを知ったんです。「人と何を競うか」ということを柔道で体験したんです。
中学で上京したのは「東京に行けば強くなれる」と思っていたんです。「講道学舎」に入門して、がむしゃらに柔道に取り組みたかったから。この「講道学舎」で6年間、寮生活をしながら中学・高校に通っていたんですよ。朝は5時40分から朝稽古をして掃除や洗濯をして学校に通う、そして学校から帰ったら5時から7時半ごろまで稽古するという毎日で、遊んだ思い出も、遊びたいと思ったこともなかったですね。ただ強くなりたいという思いが強かったから柔道の稽古に一生懸命になれたんだと思います。
中学・高校の時の思い出といったら、いつもお腹を空かしていたことかな(笑)。育ち盛りですから、寮の食事だけでは満足できないんですよね。 柔道での思い出といえば、講道学舎の先生がおっしゃった「決心しなさい、妥協するな」という言葉が今も心に残っていますね。「勝負するならどんな状況でも、相手が誰であろうと決心して臨みなさい」という意味ですが、僕にとって「何かに挑戦するときは決心を持って、人と同じスタートラインに立つんだ」という精神力の強さを持たせてくれる言葉でした。そして、何事も諦めると終わってしまう、妥協しなければ、きっとチャンスを生かすことができるんだと教わりました。だからこそ、自分よりも強い人に挑むことに充実感を見いだせたんだと思います。
「オリンピック」は人間を見ることができた大会でした。
オリンピックを意識しだしたのは大学に入ってからですね。いろんな予選大会に出場できるようになって、初めて世界選手権やオリンピックを身近に感じました。そして僕にとって92年のバルセロナオリンピックは、金メダルをとるつもりで挑んだ大会でしたから、怪我で苦しんだときも諦めることや目標を見失うことはなかったですね。それだけに、金メダルを取れたときは、すごい達成感を感じました。と同時に、周りの人たちのサポートにすごく感謝しました。でも、オリンピックで一番感じたことは、自分を取り巻く人たちをよく見ることができたことですね。自分が辛いとき、負けたときに本当に力になってくれる人が見えてきたんです。
古賀稔彦さんからのワンポイントアドバイス
きれいな道衣、きれいな着方、きれいな礼法、これが基本 古賀稔彦さん写真
柔道だけでなくあらゆる武道にとって大切な要素とは、まず「きれいな道衣、きれいな着方、きれいな礼法」ができることだと思います。強い弱いに関係なく大切なことだし、この基本があってこそ、身体を鍛え技を磨くことによって素晴らしい柔道選手になれるんだと思います。そして、ひとつひとつの基礎体力や姿勢、動き方や技を身につけてください。
ひとつひとつの基礎体力や姿勢、動き方や技を身につけよう
古賀稔彦さん写真 練習の内容としては
(1)基本の準備運動・ストレッチ
柔道は倒したり投げたりする激しいスポーツなので、膝や足首、肩や腕の関節をよく動かし念入りに柔軟体操をする。また、筋肉を痛めないためにもストレッチでよく筋肉を伸ばしておく。
(2)基礎体力トレーニング
スポーツの基礎になる体力がなければ、相手に技をかけたり投げることができない。ランニングや腹筋、腕立て伏せや横跳びなど。トータルに全身の体力を鍛えることが大事。
(3)受け身
技をかけることもかけられることも大事な練習。そのためには倒されたり投げ飛ばされたときの受け身は、自分の身体を守るだけでなく柔道の上達には欠かせない練習。
(4)技の反復練習
柔道は技の世界。どんなに身体が大きくて力が強くても、技がだめなら闘うことはできない。毎日の練習では特に立ち技や寝技など、きれいな技ができるような反復練習を心がける。
(5)実際に組み合っての段取り
相手と組み合い、技をかけたりかけられたりの段取りをする。このとき、姿勢や動き方、基本の組み方なども注意しながら練習する。正しい基本を身につけることが、技の上達につながる。
(6)ストレッチ
練習で駆使した筋肉をほぐすことによって筋肉痛などを予防する。柔道に大切な柔軟性を身につけるためにも、練習後のストレッチは欠かさずに。
古賀稔彦さんからみんなへのメッセージ
自分の中の秘めた可能性や才能を感じてください
僕にとって柔道は、自分の成長を感じることができるもの。ひとつずつ目標を持って一生懸命に取り組んだことで、ふと振り返ったとき、確かな自分の成長を見ることができました。そんな一生懸命に取り組むことの充実感や楽しさをみんなに感じ取ってほしいですね。そして、自分の中の知らなかった可能性や才能を、自分の力で表にひきだしてください。きっと新しい自分を感じることができるはずです。僕は古賀塾やいろんな活動を通して、柔道の世界で自分のできることを一生懸命にしながら若いみんなをサポートしていきたいと思っています。 古賀稔彦さん写真
※この記事は2004年7月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
平岡 拓晃選手
平岡 拓晃選手(柔道選手)
自分のルールを作って頑張ってみるのもいい
松本 薫選手
松本 薫選手(柔道選手)
自分の中で目標をしっかりと持つこと
上野 順恵選手
上野 順恵選手(柔道選手)
自分の得意技を、見つけてください
井上 康生さん
井上 康生さん(元柔道家 シドニーオリンピック金メダリスト)
今の自分がいるのは、周りの支えがあってこそ
谷本 歩実選手
谷本 歩実選手(柔道家 北京オリンピック金メダリスト)
五感や喜怒哀楽を極めていって欲しい
吉田 秀彦さん
吉田 秀彦さん(柔道家 バルセロナオリンピック金メダリスト)
何かに打ち込むことが、人生のプラスになる
野村 忠宏選手

2008年9月

野村 忠宏選手(柔道家 オリンピック金メダリスト)
勝つためには強い思いが必要!
瀧本 誠選手
瀧本 誠選手(柔道家 シドニーオリンピック金メダリスト)
夢中になれるものが、ひとつあればいい
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ