検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
柴田 亜衣選手写真
柴田 亜衣選手
(水泳選手 アテネ五輪800m自由形金メダリスト チームアリーナ(デサント)所属)
Profile
1982年5月14日、福岡県生まれ。3歳から水泳をはじめ、小学校で徳島に転校後は「OKスイミングスクール育成コース」に入会。中学、そして徳島穴吹高校時代は学校の水泳部とスイミングクラブで練習の毎日が続く。高校卒業後は株式会社デサントのチームアリーナに所属し、現在は鹿児島県の鹿屋体育大学大学院に通う。2004年には、アテネオリンピック800m自由形で自己新記録を出し、女子自由形日本人初の金メダルを獲得。その後、2005年日本選手権をはじめミッションビエホ国際大会でも優勝、世界選手権では400mで日本新記録を更新。現在、日本女子水泳界の期待の星として活躍中。
※この記事は2005年9月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
柴田亜衣選手の学生時代
「あわてず、あせらず、あきらめず」自分を高めるための努力や考えることの大切さを教わりました。
柴田 亜衣選手写真私が水泳を始めたのは3才の時。近くにあったスイミングスクールの幼児教室のようなところに姉と一緒に通い始めたのがきっかけでした。最初の頃は、水泳が好きというよりも、やはり遊びに行ってるみたいな気分でした。やがて姉が「選手コース」に入ったことが刺激になったのか、私も「育成コース」に入り、泳ぐのが日課のような生活が始まりました。中学・高校時代は水泳部に所属してましたが、実は学校にはプールがなくて、同じクラブに通う友だちと作っていた同好会だったんですよ(笑)。それでも、朝からクラブで泳いで学校に行き、放課後はまたクラブで泳いでましたね。そんな毎日だから、クラスメイトと遊ぶなんてことは、ほとんどなかったなぁ~。中学時代はクラブの合宿なんかで、学校以外のいろんな友だちがたくさんできることがすごく楽しかったですね。学生時代はただ泳ぐことが楽しかったし、好きだったからあまり記録とかも気にしていなかった。本当に意識したのは、高校生で初めて世界選手権に出たとき。自分よりもタイムやフォームのいい選手をたくさん見て「もっと速く泳げるようになりたい、大会で勝ちたい!」と思うようになりました。大学に入ってからは、指導していただいている田中先生との出会いが大きかったです。たくさんのオリンピック選手を育ててこられたすごい先生なので「私も、この先生についていけば強くなれる!」と強く信じていた部分もありました。でも、それだけでなく、私たちを一人の選手として信じて向きあってくださっている気がします。よくおっしゃっていたのが「自分の目標は自分でたてろ!」ということ。そして、そのためには何をすればいいのかを一緒に考えながら良い方向に導いてくれるような先生です。自分を知り高めていく努力もできるし、何より考える力を教わった気がします。そして試合や大会前に先生がかけてくださる言葉が「あわてず、あせらず、あきらめず」。落ち着いて、リラックスしながらいつもの練習の成果を心ゆくまで出せる呪文のようで、私の大好きな言葉です。
金メダルが新たな闘志につながりました。
柴田 亜衣選手写真スポーツ選手にとってオリンピックは、ある意味、最終目標みたいなところがあって、私も漠然とした夢は持っていました。ところが2003年の世界水泳で、北島康介選手の金メダル獲得や世界新記録更新のシーンを目の当たりに見て、「自分も勝ちたい!」と強く意識したんです。その後、すごく調子が良くてオリンピックではベストが出せる自信もありました。緊張やプレッシャーもあまりなかったし、速く泳ぎたくてワクワクしていたんです(笑)。そして、自己新記録更新、金メダルという最高の結果が出せたことに、喜びもありましたが驚きが大きかったな。優勝を実感できたのは表彰台で金メダルをもらって帰ってきたとき。田中先生の「おめでとう!」の一言で思わず泣いちゃいました(笑)。オリンピックは私にとってひとつのターニングポイントでした。「この大会が終わったら引退しよう」と考えていましたから。それは、体力の限界とかではなく、年齢的にもちょうどいい時期かなと漠然と思っていたから。でも、オリンピックでの金メダルが、新たな闘志と欲を持たせてくれたみたいです。金メダルは取っていても、日本新記録は出していない。オリンピック後、自分では「まだまだ速くなる」と思っていたので、新たに1からチャレンジャーとして前だけを見て歩いていきたいと思いました。
柴田亜衣選手からのワンポイントアドバイス
意識を持ちながら泳ぐことが、上達への近道!
柴田亜衣選手写真高校時代は、ひたすら泳ぐという練習ばかりしていた気がします。水に慣れる、感覚をつかむということも大事ですが、今の私だからいえることは、単に泳ぐだけでなく頭を使って意識を持ちながら泳ぐことが上達への近道だと思いますよ。
大事なポイントは
【自分にあった腕や足に使い方をよく考える】
私の場合は長距離なので2ビート(左右それぞれ1回のキックを1ストローク中に打つこと)ですが、初心者の人には難しいのでしっかりと足を使う4ビートや6ビート(1ストローク中に4、6回キックを打つ)でしっかりと足を使うことをマスターしましょう。また、同時に腕を大きく動かす練習と手を水に入れるタイミングや角度も考えてみてください。そして水をしっかりつかんでかくことも大切です。
【スピードよりも、まずは正しいフォームを身につける】
自分の身体や、泳ぎ方にあった正しいフォームを身につけることは、スピードアップや距離を伸ばすことにもつながります。正しいフォームは水の中での無駄な動きを抑え、バランスの良い泳ぎができるようになります。
【過度なウエイトトレーニングはマイナス】
私は長距離選手なので、短距離選手に比べて瞬発的な筋肉がそれほど必要ではないのでウエイトトレーニングも軽めのメニューでしています。腹筋や腕立てふせ、背筋などもほとんどが補強のためです。ただ、中学・高校生ぐらいの時期は(特に男子)、まだ身体が成長期なのであまり筋肉をつけてしまうと身長などが伸びにくくなるというマイナスもあります。また、タイムを伸ばす上でも筋肉がつきすぎると伸び悩みになることも。ウエイトトレーニングは、大学生になってからの練習でも大丈夫だと思いますよ。
【どんな練習も、信じてやることが大事】
いくら激しい練習を続けても、完璧なメニューをこなしても、ただがむしゃらにやるだけではもったいないもの。「自分は強くなるんだ、速くなるんだ」と信じてやることが大事だと思いますね。特にコーチや先輩などのアドバイスはよく聞いて、自分自身で考え理解しながら自分のモノにしてください。それが、意識を持つことです
柴田亜衣選手からみんなへのメッセージ
あきらめないで、元気を未来につなげて歩いてほしい
柴田 亜衣選手写真
大好きな言葉に「あわてず、あせらず、あきらめず」があります。私自身、中学・高校時代は決して注目された選手でもなかったし、いつも確かな結果が出せたわけでもありません。でも、あきらめはしなかった。それは、自分が好きなことだったし、そのために家族や周りの人たちが理解し協力してくれたから。父は私が徳島で水泳が続けられるようにと、単身赴任までしてくれました。そんなみんなの思いがあったから、自分もいい加減なことはできなかったし、頑張れる活力になったのかもしれません。
今の高校生のみなさんはすごく元気だと思います。その元気を未来につなげてください。何ごともあきらめないで、目標を持って歩いていってほしいですね。
※この記事は2005年9月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。
立石 諒選手
立石 諒選手(水泳選手)
何があっても諦めず、自分の夢に全力で向かっていく
加藤 ゆか選手
加藤 ゆか選手(競泳選手 ロンドンオリンピック銅メダリスト)
何事にも、感謝の気持ちを忘れない
入江 陵介選手
入江 陵介選手(水泳選手)
たくさんの友や人とつながることは、きっとプラスになる
中西 悠子さん
中西 悠子さん(元競泳選手)
目標に向かって、ひとつずつクリアしていくことの大切さ
原田 早穂さん

2010年12月

原田 早穂さん(元シンクロナイズドスイミング選手)
努力と可能性は無限大
佐藤 久佳選手
佐藤 久佳選手(水泳選手)
周りへの感謝の気持ちを忘れないことが成長への第一歩に
山本 貴司さん

2010年5月

山本 貴司さん(元水泳選手)
自分で限界を作るな、リミットを振り切って突っ走れ!
藤井 拓郎選手
藤井 拓郎選手(水泳選手 北京オリンピック 銅メダリスト)
夢にチャレンジすることが、きっと自分の力になる
中村 礼子選手
中村 礼子選手(水泳 オリンピック銅メダリスト)
プレッシャーの中で手にした北京のメダルは、重みがあった
寺内 健選手
寺内 健選手(水泳/飛込み選手 北京オリンピック日本代表)
飛込みに興味を持って!そして応援してください!
岩崎 恭子さん

2008年1月

岩崎 恭子さん(元水泳選手)
素直な心で・・・!
鈴木 大地さん
鈴木 大地さん(水泳 ソウルオリンピック金メダリスト)
きっといつか、自分の成長がカタチになる時がくると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ