検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
柳沢 敦さん写真
柳沢 敦選手
サッカー選手(京都サンガF.C.所属)
Profile
1977年5月27日生まれ。富山県出身。小学校の頃よりサッカーを始め、中学時代はFCひがしジュニアユースに所属し、U-15日本代表に選出される。富山第一高校時代は国体および高校総体へ連続出場を果たす。1996年、高校卒業後に鹿島アントラーズに入団。初年はリーグ戦で5得点、2年目は18点をマークして新人王に輝く。2002年には日韓ワールドカップに日本代表として出場。その活躍が評価され2003~2004シーズンはイタリアセリエAのサンプドリアに移籍する。2004~2006シーズンも引き続きセリエAのメッシーナに移籍。帰国後は再び鹿島に所属し、2006年のドイツワールドカップに出場。2008年に京都サンガF.C.に移籍、2010年より新主将に就任した。

※プロフィール等は2010年6月時点のものです。

柳沢敦さんの学生時代は・・・
将来はサッカーで食べていきたい!
柳沢 敦さん写真 サッカーを始めたのは小学1年の時でした。その時は何かスポーツをやりたいと思っていました。最初は野球をしようと思ったのですが、少年野球チームは小学4年生からじゃないと入れなかったので、同じ小学校の友だちが入っていたジュニアのサッカークラブに入団しました。でも最初は友だちも少なかったし、サッカーも初めてだし、毎朝6時からの練習にも「ついていけるかなぁ」という感じでした。サッカーが少しずつ面白くなってきたのは半年ぐらい経った頃です。だんだんボールを使うことにも慣れてきてリフティングが何回もできるようになったことが嬉しかったです。
 中学に入ってからはFCひがしジュニアユースという新しいクラブチームに所属していました。その頃は漠然と将来はサッカーで食べていきたいな、くらいにしか思っていませんでした。まだこの頃はJリーグができていなかったので、サッカーで食べていくということは海外のチームでプレイするしかないと思っていました。高校に進学してからも、とにかくサッカーをやれること・上手くなることしか頭になかったので、大学進学ということはあまり考えていませんでした。
 ところが僕が高校1年の時に、いきなりJリーグが発足したんですよ。するとサッカーがいきなり盛り上がってきて、サッカーをやっていた高校生にとっては大きなチャンスだと思いました。そして高校3年になるといくつかのJリーグのチームから誘っていただき、初めてプロの世界を身近に意識することができたんです。
Jリーグに入団、そして世界のピッチへ・・・
Jリーグ、セリエA、ワールド杯全てが刺激的だった
柳沢 敦さん写真 いくつかのチームに声を掛けていただきましたが、僕にはプロというものが想像つかなかったですし、どこに入れば自分が力を発揮できるのかも検討がつかなかったので、クラブチームの監督やいろんな人に相談しました。そして最終的に2つのチームに絞って、練習に参加させていただいてから入団するチームを決めたんです。鹿島アントラーズというチームは実績のあるチームでクラブの雰囲気もよかったです。ただ当時はブラジルや日本の代表も多く在籍していたので、試合に出られるチャンスをものにすることがまず大変でした。でもそれだけにすごく刺激的だったし、自分にとって大きな成長期だったと思います。チームにいるだけでいろんなことが吸収できて、本当にたくさんのプレーヤーから学ぶことが多かったです。またJリーグには三浦知良選手という素晴らしい先輩もいました。FWとしてみんながほしいときに点を取ってくれる憧れの人でした。プレーヤーとしての姿勢も尊敬していました。
 2003年から約3年間、イタリアのセリエAでプレーしましたが、まず感じたことはサッカーの歴史の違いでした。チームが町に根付いていてファンとチームとの強い絆のようなものがあるんです。それは長い時間をかけてつくられてきたものだから、みんながサッカーに対して熱いんです。だから選手もチームのため、サポーターのために頑張れるんですよ。セリエAのレベルの高さは、こうした土壌の中でつくられてきたんだと感じました。
 また、日本代表として2度のワールドカップに出場できたことも大きな経験でした。世界最高のピッチに立てた感動と「やってやるぞ!」というモチベーションも最高に上がります。サッカーをする姿勢はチームにいるときと変わりませんが、日本代表としての責任の重さは違いました。結果によって与える影響も大きいですし。サッカー選手として最高の経験ができ、また現在に至るまで、サッカーによって自分自身の人格がつくられてきたことを実感しています。
柳沢敦さんからのワンポイントアドバイス
「高校時代は、体づくりに一番有意義な時期」
柳沢 敦さん写真 スポーツのトレーニングにはいろんな意見があると思いますが、やはりサッカーの練習に欠かせないのは走ることだと思います。僕の学生時代は走ることがメインで、それに加えてパスやドリブルといった基本練習をしていました。その中で僕が練習のポイントとしてアドバイスするなら以下の点です。
(1)走ること・・・全ての基本練習であり、体作りにも欠かせないと思います。走ることによって心肺機能や筋力を付ける意味もありますし、特に高校時代は一番伸びる時期だと思います。
(2)フィジカル(肉体的)の強さを鍛えること・・・走る速さやヘディング、ドリブルなど全てのプレーに必要とされる「力」を付けることが大事です。そのためには筋肉のトレーニングも有効だと思います。僕は学生時代、背筋と腹筋は毎日欠かさずやっていました。ただ、筋肉トレーニングには正しい指導の元でやることが必要です。
(3)サッカーをよく知ること・・・試合のあらゆる状況の中でどういったプレーが必要なのかを判断することが大事です。そのためにはチームプレーの練習は欠かせませんし、人のプレーを見ることも大事だと思います。ポジションに関係なく、あらゆるプレーができる応用力も身につけてください。
それと最後に精神面ですが、全ての練習に「自分が強くなりたい!」という思いを持ってのぞむことができればきっと伸びるはずです。
柳沢敦さんからみんなへのメッセージ
柳沢 敦さん写真

僕はサッカーという好きなことに出会って、人間形成もできたし鍛えられてきたと思っています。サッカーによっていろんな人と出会い、関わってきたことで素晴らしい経験もできたし、そこから学ぶことも多かった。でも、一番根っこにあるのは「好き」という思いだったかもしれません。その気持ちがあったから、どんな状況でも好きなサッカーができることが嬉しかったし、プロになってからも自分のサッカーを信じてこられたんです。みなさんにも自分の信じるものを見つけてほしいですね。これさえあれば自分はぶれないという自分自身の軸を持っていてほしい。これがあれば、自然と自分の進む道が見えてくるんじゃないかと思います。

僕は今、京都サンガF.C.の主将として自分のプレーをすることが役割であり責任だと感じています。ゲームに出て、確かなプレーをし、結果を出すことで話す言葉にも意味が出てくるし、人に勇気を与えることもできるんだと信じています。これからも京都サンガF.C.を応援してください。

※プロフィール等は2010年6月時点のものです。

今野 泰幸選手
今野 泰幸選手(サッカー選手)
仲間との絆、それは共に頑張ってきたからこそ築けたもの
髙瀬 愛実選手
髙瀬 愛実選手(サッカー選手)
今しかできないこと、仲間たちとの時間を大切に
宮間 あや選手
宮間 あや選手(サッカー選手)
先輩たちの背中を見て、たくさんのことを学んだ
田中 明日菜選手
田中 明日菜選手(サッカー選手)
打ち込める何かがあるって素晴らしいこと
柿谷 曜一朗選手

2012年8月

柿谷 曜一朗選手(サッカー選手)
好きという気持ちを忘れなければ、頑張れる
茂庭 照幸選手

2012年5月

茂庭 照幸選手(プロサッカー選手)
自分の信念を持って、何かをやり抜くことが大事
森島 寛晃さん
森島 寛晃さん(元サッカー選手)
目標に向かって、諦めずに歩き続ける
平山 相太さん
平山 相太さん(プロサッカー選手)
好きなことに挑戦し続けていきたい!
加地 亮選手
加地 亮選手(サッカー選手)
全力で取り組んだ事に無駄はない
福西 崇史さん
福西 崇史さん(元サッカー日本代表選手)
チームワークや問題を克服する力が人間をも大きくする
秋田 豊さん
秋田 豊さん(元サッカー日本代表選手)
学生時代は人生の分岐点。夢や目標を持って過ごそう
三都主 アレサンドロ選手
三都主 アレサンドロ選手(サッカー選手)
厳しさを知り、そして夢とチャンスを掴むことができた
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ