検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
今岡誠選手写真
今岡 誠選手
プロ野球選手(阪神タイガース)
1974年9月11日生まれ。兵庫県出身。少年時代から兄とともに草野球を始め、高校進学では野球の名門校PL学園に入学。3年生の時に春の選抜で甲子園に出場する。その後、東洋大学に進学し1996年のアトランタ五輪の代表に選ばれる。そしてアトランタでは23打数10安打の打率.435で銀メダル獲得に貢献。この年、東都大学野球秋季リーグ大学通算100安打を記録、翌年ドラフト1位で阪神タイガースに入団する。2003年には首位打者を獲得し、リーグ優勝に大きく貢献した。2005年には5番打者としてチーム史上最多の147打点でタイトルを獲得し、再びリーグ優勝に貢献。そして最優秀JCB・MEP賞、月間MVPを獲得。2008年は更なるホームランの増産を目指す、阪神の背番号7番。

※この記事は2008年4月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

今岡誠選手の学生時代は・・・
野球への夢が、カタチになった高校時代
今岡誠選手写真  僕は子どもの頃から純粋に野球が好きで、兄と一緒によく草野球をしていました。その頃から、もう野球少年でしたね(笑)。中学まではただ楽しいだけで野球を続けていましたが、高校進学とともに野球への思いも真剣になっていったような気がします。
 野球の名門PL学園に声をかけてもらい入学を決めましたが、やはり強豪校だけに生易しいものではありませんでした。初めての寮生活で環境も大きく変わったし、その中で野球以外のことも色々と学んだと思いますよ。野球だけやっていればいいという生活から、いきなり先輩の分の洗濯などいろんな雑事もしなければいけないという生活になり、最初は戸惑いました。高校生の僕にとっては、結構大変だったんですよ(笑)。でも、PL学園という、野球少年にとっては恵まれた環境の中で過ごした高校時代は、僕に取って大きな意味があったと思います。まさに、夢をどんどん膨らましてくれた高校時代でもありましたから。もちろん野球のレベルも高いし、同じ夢を持った仲間やライバルだってたくさんいる。その刺激があったからこそ、野球を将来の目標に置くようになったんだと思いますね。
オリンピック、そしてプロへの道は・・・・
オリンピックでの銀メダルが、プロへのチャンスに
今岡誠選手写真  大学時代の思い出といえば、なんといってもアトランタオリンピックでしょうね。当時はまだ、プロ選手が出場していませんでしたからみんなアマチュアだったし、とにかく楽しかった。アマチュアはレギュラーでも補欠でも、みんながひとつの目標に向かって頑張るという意識がすごく強いんですよ。そこが、プロとの大きな違いでしょうけどね。オリンピックではチームみんなが勝つことしか考えていなかったし、プレッシャーもなく、がむしゃらになれたんだと思います。そして銀メダルという素晴らしい結果を残すことができました。僕にとってオリンピックとは、この銀メダルが全てですね。あの感動は忘れられませんよ(笑)。
 そして、この銀メダルがプロへのチャンスになったことも確かです。プロへの道を意識したのは大学時代ですが、オリンピックで日本代表に選ばれ、いいプレーができたし結果も残せた。そんなチャンスのすべてが、プロへの夢を膨らましたし、ドラフト1位で阪神に入団できるプロセスにもなったんだと思っています。
 プロになっても、やっていることは好きな野球だから同じですが、環境は大きく違ってきましたね。学生時代とは違い、プロの世界では個人がありチームがあるということです。その中で一人ひとりが上を目指す。その結果が優勝なんですが。
 では、僕にとって「野球の魅力とは」と聞かれると、これはプロでもアマの時代でも同じです。それは「自分が一番気持ちいいことをやっている」ということです。自分が気持ちいいから、見ている人だって楽しめるんだと思っています。そして結果を出せたときの達成感は、僕は野球でしか味わえないのかもしれませんね。でも、この気持ちは野球少年の頃から変わっていませんよ。
今岡誠選手からのワンポイントアドバイス
自分にあった練習をすることが大事
今岡誠選手写真  僕もそうでしたが、学生時代は選手みんなが同じような練習をしていたと思います。それはしょうがないことだし、必要なことでもあると思いますが、プラスα、自分にあった練習を積んでいくことが大事だと思います。それは、自分がどんなプレーヤーになりたいかということを意識することです。ちなみに僕たちが高校時代にしていた練習内容は、
(1)ランニング
(2)バッティング
(3)ノック
(4)ストレッチ
などが主なメニューですが、この内容はプロの世界でも基本的には同じです。 ただ、学生とプロの違いは練習メニューではなく中身だと思います。それが意識するということです。意識していれば、次第に自分にあった練習とは、必要なものは何かが見えてくると思いますよ。そしてプロ選手にとって大事なことは、みんなと同じことをやっていてはだめなんです。常に自分にあったものを見つけていくということが大事なんです。
今岡誠選手からのメッセージ いろんな経験の中から、自分自身の目的を見つける
今岡誠選手写真

高校時代はスポーツであれ、芸術であれ、勉強であれ、たくさんの可能性を見つけるときです。だからこそ時間をかけて、よく考えてたくさんの選択肢の中から「自分が何になりたいのか」という目標を明確にしていくチャンスだと思います。もちろんその過程にはイヤなこともある。でも、イヤなこともやってみないとわからないものです。そうやっていろんなことを経験し、挑戦していった中から、いらないモノは省いていけばいいんだから。結果、自分にあったモノが見つかるんじゃないですか。その挑戦を始めるのは、今だと思いますよ。僕も2008年のシーズンは「一軍で優勝を目指す!」というはっきりした目的を持って進んでいきます!

※この記事は2008年4月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

金子 千尋選手
金子 千尋選手(プロ野球選手)
プロ野球&悔いを残したくない。だから常に全力でチャレンジしたい
五十嵐 亮太選手
五十嵐 亮太選手(プロ野球選手)
自分らしさを大切にしてほしい
井川 慶選手
井川 慶選手(プロ野球選手)
目標を持ち、一生懸命になれることは素晴らしい
T-岡田選手
T-岡田選手(プロ野球選手)
大事なのは、野球を楽しむこと
濱中 治さん
濱中 治さん(元プロ野球選手)
「感謝」ということを忘れず、前に進んで行ってほしい
新垣 渚選手
新垣 渚選手(野球選手)
目の前の問題から目をそむけず、立ち向かってほしい
桧山 進次郎選手
桧山 進次郎選手(プロ野球選手)
たくさんの経験と出会いを、大切にしてほしい
内川 聖一選手
内川 聖一選手(プロ野球選手)
一生懸命に取り組む気持ちを大事にしたい!
村田 修一選手
村田 修一選手(プロ野球選手)
好きという気持ちを、大切にして欲しい
元木 大介さん
元木 大介さん(元プロ野球選手)
チームワークが大事!ミスを悔やむな、悔いを残すな!
高橋 尚成選手
高橋 尚成選手(プロ野球選手)
小さな目標が、いつか大きな夢にたどり着く
小久保 裕紀選手
小久保 裕紀選手(プロ野球選手)
目標のためには手を抜かない、努力を怠らない
三浦 大輔選手
三浦 大輔選手(プロ野球選手)
たくさんの経験から、好きな道を見つけよう!
掛布 雅之さん
掛布 雅之さん(元プロ野球選手)
あきらめずに続けた者だけが感じられる
赤星 憲広選手
赤星 憲広選手(プロ野球選手)
練習は継続してこそプラスになる!
上原 浩治選手
上原 浩治選手(プロ野球選手)
楽しめることがステップアップにつながる
矢野 輝弘選手
矢野 輝弘選手(プロ野球選手)
あきらめない限り、一歩でも半歩でも近づいていけてると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ