検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
入江 陵介選手写真
入江 陵介選手
水泳選手 イトマン東進所属
【ロンドンオリンピック】
男子200m背泳ぎ銀メダリスト
男子100m背泳ぎ銅メダリスト
男子400mメドレーリレー銀メダリスト
Profile
1990年1月24日生まれ。大阪府出身。4歳からスイミングスクールに通い始め、小学校2年生から兄も通っていたイトマンスイミングスクール玉出校に通い始める。中学に進んでからは種目を背泳ぎ一本に絞り、中学3年生で100mと200mの背泳ぎ2種目で当時の中学記録を樹立。近畿大学附属高等学校に進学後も1年生で高校総体200m優勝、2年生で日本選手権において200m背泳ぎの高校新記録(当時)を樹立し優勝した。また同年のアジア大会でも高校新記録で優勝を飾るなど、高校時代も数々の大会で記録を塗り替え優勝を重ねる。2008年近畿大学法学部に入学。同年の北京オリンピックには日本代表として出場、男子200m背泳ぎで5位入賞。その後も国内外の大会に多数出場し日本新記録を更新し続ける活躍を見せる。2012年近畿大学を卒業後、株式会社ナガセに入社。そして迎えたロンドンオリンピックでは、男子100m背泳ぎで銅メダル、男子200m背泳ぎで銀メダル、男子400mメドレーリレーで銀メダルを獲得する素晴らしい成績を残した。

※プロフィール等は2012年9月時点のものです。

入江陵介選手の学生時代は
水泳を通してつながりを持てたことが大きな財産
入江 陵介選手写真 水泳を始めた当初は地元のスイミングスクールに通っていたのですが、小学校2年生の時からイトマンスイミングスクール玉出校に通うようになりました。姉と兄も水泳をやっていましたから、自然と僕も水泳をやるようになっていました。子供の頃は水泳が楽しいと思うよりは、週に5日ほどスクールに通っていたので、まるで生活の一部のように思っていました。もちろんその頃は自由形や平泳ぎなども泳いでいましたが、中学に入ってからコーチと相談し、背泳ぎ一本にしぼりました。やはり競技として水泳をやるからには、勝ちたい。そのための選択だったと思います。
 高校進学は当初、普通の高校を受験するつもりでいましたが「将来は水泳でやっていきたい」という気持ちが強くなり、近畿大学附属高等学校に入学を決め、競技者としての道がはっきり見えてきたと思います。中学・高校時代も練習はイトマンスイミングスクールでやっていたので、学校ではごく普通の学生生活を送れたと思います。ただ、もしスポーツをやっていなければ大会などで地方に行ったりすることもなく、全国各地に友達ができることも無かったと思います。いろんな所で、いろんな人と出会い、スポーツを通してつながりが持てたことは大きな財産になっていると思います。
 そして高校2年生の時、初めて日本代表に選ばれました。中学生の頃まではオリンピックに行けるとは思っていませんでした。いろんな大会に出場して記録が出せるようになり自分のレベルが上がってきたことで、徐々に世界への道が見えてきたという感じでした。

競技者として世界へ、そしてオリンピックへ
ロンドンではメダルを取る、その揺るぎない気持ち
入江 陵介選手写真 そして、このままいけばオリンピックも夢ではないと確かに意識するようになっていきました。近畿大学に進学した4月、日本選手権で北京オリンピック出場が内定し日本代表に選ばれた時はすごくうれしかったです。選ばれるかどうかの境目でもありましたし、やはりオリンピックという舞台は競技者であれば誰でも特別の思いがあるのではないでしょうか。4年に一度の世界大会であり、まわりの注目度も特別なものがあります。それだけに4年前は、その代表に選ばれたことの喜びが大きくて、今思えばそれで満足してしまったような気がします。もちろん初めてのオリンピックの雰囲気に緊張もあったと思うのですが。その後、北京オリンピックから今回のロンドンオリンピックまでの4年間は経験と力を積み重ねることのできた時間でした。いろんな大会に出場し代表経験もさせていただき、世界のトップの選手たちと戦ってこられたことは大きなプラスになりました。
 そして今年7月の二度目となるロンドンオリンピックでは、代表に選ばれた時も喜び以上に結果を出しメダルを取るんだという揺るぎない気持ちが強かったです。これまで毎年、一つずつ大会をこなし結果を積み重ねてきたという思いがありましたので、冷静に試合に挑むことができたと思います。その結果が3つのメダルでした。
 またオリンピックは、水泳以外の様々な競技の選手とふれあえる場でもあります。もちろんトップレベルの選手の皆さんばかりで、それだけに競技に対する意識を高めてくれる大会でもあります。そういったあらゆる環境や雰囲気、スケールの大きさもオリンピックならではだと思います。今回のロンドンオリンピックで結果を出せたことは、4年後のリオデジャネイロにも、しっかりとつなげていきたいと思っています。

入江陵介選手からのワンポイントアドバイス
毎日の積み重ねが結果につながる
入江 陵介選手写真 僕の場合は、中学、高校、大学と練習内容が特に変わった訳ではありません。練習量や専門競技の練習を重点的にすることの変化はありますが、基本の練習は学生時代から変わっていません。
(1)ストレッチ・・・水に入る前に軽く筋肉に刺激を与えるような運動はしていました。腹筋や背筋もそうです。ウォーミングアップをすることで、体を温めて筋肉痛や怪我の予防にもつながると思います。
(2)水中での練習・・・やはり水泳は水中での練習が大切です。僕も中学までは背泳ぎ以外の種目を泳いでいました。背泳ぎにしぼってからも泳ぐ練習に変わりはありませんが、例えば50mを何本という具合に、本数を決めて練習量を増やしていきました。また、泳ぐ時のフォームに関しては、やはり子供の頃から指導を受けてきた結果だと思います。なので基本の練習という部分では、フォームにも気をつけて泳ぐというのは大事なことだと思います。

 練習内容については個人差があると思うので、これが一番とはいえませんが、共通して大事なことはやはり毎日の積み重ねだと思います。基本のストレッチと泳ぎの組み合わせを積み重ねることが一番の上達方法だと思います。僕もほぼ毎日2~2.5時間練習しています。筋肉トレーニングについては年齢によっても違うと思うので、指導者の方のアドバイスに従って行うようにしましょう。それと、これは僕の意見ですが、練習に励むのも大事ですが学生の間は、のびのびと練習できることも大切だと思います。時間と練習内容を決めて集中する、それ以外の時は学生生活をきっちりと楽しむといった切り替えもいいと思います。上手にバランスをとって練習するようにしてください。

入江陵介選手からみんなへのメッセージ
入江 陵介選手写真

ロンドンオリンピックが終わり、まだ正直に言って4年後は見えていません。でも1年ごとにしっかりと結果を出していくことが大事だと思っています。その中でも毎年行われる世界大会では着実に上位を狙い、その結果を積み重ねて4年後のリオデジャネイロオリンピックでは、しっかり金メダルを狙える位置にいたいと思っています。それと今は留学も考えています。環境を変えて海外で練習することもプラスになると思うし、語学もしっかりと身につけたいと考えています。

僕が競技者として目標を持って挑戦してこられたのは、様々な人と出会いつながりが広がっていったこともプラスになったからだと思っています。特に高校時代はすごく楽しかったし、友達にも恵まれていました。卒業後も友がまた友をよび、つながりが広がっていきました。たくさんの友達を作ってください。きっと自分自身のプラスになると思います。

※プロフィール等は2012年9月時点のものです。

立石 諒選手
立石 諒選手(水泳選手)
何があっても諦めず、自分の夢に全力で向かっていく
加藤 ゆか選手
加藤 ゆか選手(競泳選手 ロンドンオリンピック銅メダリスト)
何事にも、感謝の気持ちを忘れない
中西 悠子さん
中西 悠子さん(元競泳選手)
目標に向かって、ひとつずつクリアしていくことの大切さ
原田 早穂さん

2010年12月

原田 早穂さん(元シンクロナイズドスイミング選手)
努力と可能性は無限大
佐藤 久佳選手
佐藤 久佳選手(水泳選手)
周りへの感謝の気持ちを忘れないことが成長への第一歩に
山本 貴司さん

2010年5月

山本 貴司さん(元水泳選手)
自分で限界を作るな、リミットを振り切って突っ走れ!
藤井 拓郎選手
藤井 拓郎選手(水泳選手 北京オリンピック 銅メダリスト)
夢にチャレンジすることが、きっと自分の力になる
中村 礼子選手
中村 礼子選手(水泳 オリンピック銅メダリスト)
プレッシャーの中で手にした北京のメダルは、重みがあった
寺内 健選手
寺内 健選手(水泳/飛込み選手 北京オリンピック日本代表)
飛込みに興味を持って!そして応援してください!
岩崎 恭子さん

2008年1月

岩崎 恭子さん(元水泳選手)
素直な心で・・・!
柴田 亜衣選手
柴田 亜衣選手(水泳選手 アテネ五輪800m自由形金メダリスト)
意識を持ちながら泳ぐことが、上達への近道!
鈴木 大地さん
鈴木 大地さん(水泳 ソウルオリンピック金メダリスト)
きっといつか、自分の成長がカタチになる時がくると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ