検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
岩崎恭子さん写真
岩崎 恭子さん
元水泳選手(バルセロナオリンピック 200m平泳ぎ 金メダリスト)
1978年9月21日静岡県沼津市生まれ。5歳から水泳を始め、小学生の頃からさまざまな大会への出場で記録を伸ばし、1992年、1996年と2度のオリンピックに出場を果たす。
92年のバルセロナでは200メートル平泳ぎで金メダルを日本史上最年少で獲得し、「今まで生きてきた中で一番幸せ」の名フレーズで一躍、時の人となる。98年の競技生活引退後は米国へ児童の指導方法を学ぶために留学(2002年)。現在は、水泳の楽しさの伝えるためにイベントの出演・水泳のレッスンを中心としながら、メディア・トークショー出演、執筆活動などを行う。またJOC環境アンバサダーを務めるなど「環境」をテーマとした活動にも取り組んでいる。
BS日テレ『SpoMaga』(毎週土曜22:00‐54)
スポーツ情報番組。3回に1度の割合で出演中。
ブログ http://ameblo.jp/kyoko-iwasaki/

※この記事は2008年1月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

岩崎恭子さんの学生時代は・・・
泳ぐことを楽しんでいるうちにオリンピックへ
岩崎恭子さん写真  5歳の時に、“沼津は海が近いので、溺れないように-”“ただ泳げたらいいいか”ぐらいの気持ちで、姉と地元のスイミングスクールに通い始めました。そうしたら、記録が伸びて、周りも喜んでくれるものですから、幼い私もうれしくて、だんだん大きな大会に出るようになりました。ただただ楽しく水泳と水泳の選手であることを楽しんでいました。大きな大会に出場すると、全国各地に行くことができるので、それも楽しかったですね。ただ自分のベスト記録が伸びるのがうれしくて、大会優勝とか、オリンピックなどもあまり意識せず、自然体でいました。
 転機が訪れたのは14才の時、バルセロナのオリンピック。200メートル平泳ぎで金メダルをとってからです。まだ幼く、泳ぐことを楽しんでいたので、オリンピックでの金メダルの意味もはっきりわかっていなかったように思います。それよりも、自分のベストタイムを伸ばせたことがうれしかった。
 この時が大きな転機となりました。それまで、大会ごとに順調にタイムが伸びていたのですが、大きなプレッシャーを感じ、タイムが伸びなくなってしまったんです。オリンピック後、あまりにも注目されてしまったために、いつも大きなプレッシャーを感じていました。“目立ちたくない”という気持ちが、泳ぐことやタイムを伸ばすという目標までも無くしてしまいました。当然、練習も“ただこなしているだけ”で、意欲的ではなかったように思います。そんな状態ですから、タイムも伸びない。今まではやればやるだけ結果が出たのに、何で思い通りにならないのだろうと、とにかく、もがいていました。
もう一度オリンピックへ・・・目標を持つことの意義
身近な目標への積み重ねが、自分を動かす原動力
岩崎恭子さん写真  2年間ぐらいそんな状態が続きました。ようやく、答えが出ました。目標を持たないと前にすすめない、また、オリンピックに出たいと強く思い始めました。そうなると、今までプレッシャーに感じていたものも気にならなくなりました。練習にも意欲的に取り組み始めました。ようやく、プレッシャーと決別です。そうなると、練習も“やらされていた”感じだったのですが、自分から“やる”練習に変わりました。本当に一生懸命に取り組みました。今までで一番練習に集中していたように思います。そのおかげで、一時は代表にもれてたりもしていたのですが、2回目のオリンピックに出場することができました。結果は10位だったのですが、前のオリンピックよりも充実していたように思います。
 “目標を持つ”ということの重要な意味。それに向かって努力することの大切さ。それを実感することができました。大きな目標だけではなくて、身近な目標からコツコツとやっていくことでいいと思います。その積み重ねが、自分を動かす、本気にさせる原動力です。私が2年間もの長い葛藤から抜けだせたのは、目標を持つ事ができたからだと思います。それと、家族や友だちが支えてくれたということも-。水泳って、個人競技で、選手一人で戦っているようですが、実はそうではないということも実感しました。確かに、プールで記録に向けて泳いでいるのは、自分一人です。でも、家族や友だちの支えがないと何もできないことに気付きました。体調を気づかってバランスのよい食事を手作りしてくれたり、練習に集中できる環境を整えてくれたり、励ましてくれたり・・・。心身共に支えてくれた家族や友だちに、感謝しています。
岩崎恭子さんからのワンポイントアドバイス
大切なのは、練習と日常生活
岩崎恭子さん写真  選手時代は、冬は夏への体力をつけるため、泳ぎこみと陸上トレーニングを主に行いました。泳ぎ込みは、1回に8000mほどを泳ぎました。  それと、水泳の場合、種目によって使う筋肉が違うので、その補強のためにジムなどで器具を使ったトレーニングをします。平泳ぎの場合は、腿(もも)の筋肉を鍛えると競技成績に反映するといわれています。一見関係無さそうですが、この陸上トレーニングの積み重ねが大事です。
(1)泳ぎこみ 泳ぎながら筋力をつけ、心肺機能、持久力をアップさせます。競技のときと同じようにタイムを競ったり、水をつかむ感覚や、水の重さの感じなどの感覚的なこともつかめます。
(2)陸上トレーニング ジムなどで器具を使ったサーキットトレーニングを行い、背筋や腹筋など競技ごとに必要な筋力を補強します。体幹を鍛えることで、筋パワーがつき、競技成績に反映できます。専門のトレーナーに指導していただくのが望ましいと思います。

 どのスポーツもそうですが、練習だけでなく、心がけて欲しいことがあります。それは、食事と睡眠です。一見、普通のことのようですが、これがいちばん大切です。バランスのよい食事が身体づくりの基本です。また、睡眠はベストコンディションをキープするためには必要です。精神面にも影響します。毎日の生活リズムをキープするというのは意外と大変です。練習もそうですが、毎日の食事や睡眠にも、目標を設けてチャレンジしてみてはいかがですか。その積み重ねが、いい結果につながると思います。

岩崎恭子さんからみんなへのメッセージ 素直な心で・・・
岩崎恭子さん写真

早い時期にオリンピックという大きな舞台で金メダルという結果を出してしまい、何を目標にしていいかわからない時期がありました。そんな時、同じ水泳をしている仲間たちの記録が刺激となり、“次のオリンピックに出たい”という目標を見い出し、前向きに頑張ることができました。この辛い時期があったからこそ、いろいろな発見があり、人間的にも成長することができたように思います。

誰にでも、そんな時期はあると思います。そんなときは、“無理にこうしなくては”と決めつけずに、素直な心で、友だちや仲間、先生などの言葉に心を傾けてください。きっと、その中に、糸口が見つかります。また、素直な心でいると、いろんなものごとが目に入ってきます。心を動かすなにかに出合えると思います。今、私は、水泳に出合えたことを感謝し、泳ぐことの楽しさを伝えられたらと頑張っています。いつも目標を持って、素直な心で夢を叶えていってください。最初から大きな目標でなくても、身近な目標からコツコツと達成していくことで最終的には大きなものを得られると思います。どうしたら目標に達することができるかという過程を大事にしてください。

※この記事は2008年1月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

松田 丈志さん
松田 丈志さん(元水泳選手)
チャレンジしたからこそ得られる成功と失敗、そしてやりがい
立石 諒選手
立石 諒選手(水泳選手)
何があっても諦めず、自分の夢に全力で向かっていく
加藤 ゆか選手
加藤 ゆか選手(競泳選手 ロンドンオリンピック銅メダリスト)
何事にも、感謝の気持ちを忘れない
入江 陵介選手
入江 陵介選手(水泳選手)
たくさんの友や人とつながることは、きっとプラスになる
中西 悠子さん
中西 悠子さん(元競泳選手)
目標に向かって、ひとつずつクリアしていくことの大切さ
原田 早穂さん

2010年12月

原田 早穂さん(元シンクロナイズドスイミング選手)
努力と可能性は無限大
佐藤 久佳選手
佐藤 久佳選手(水泳選手)
周りへの感謝の気持ちを忘れないことが成長への第一歩に
山本 貴司さん

2010年5月

山本 貴司さん(元水泳選手)
自分で限界を作るな、リミットを振り切って突っ走れ!
藤井 拓郎選手
藤井 拓郎選手(水泳選手 北京オリンピック 銅メダリスト)
夢にチャレンジすることが、きっと自分の力になる
中村 礼子選手
中村 礼子選手(水泳 オリンピック銅メダリスト)
プレッシャーの中で手にした北京のメダルは、重みがあった
寺内 健選手
寺内 健選手(水泳/飛込み選手 北京オリンピック日本代表)
飛込みに興味を持って!そして応援してください!
柴田 亜衣選手
柴田 亜衣選手(水泳選手 アテネ五輪800m自由形金メダリスト)
意識を持ちながら泳ぐことが、上達への近道!
鈴木 大地さん
鈴木 大地さん(水泳 ソウルオリンピック金メダリスト)
きっといつか、自分の成長がカタチになる時がくると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ