検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
高橋尚成選手写真
高橋 尚成選手
プロ野球選手(読売ジャイアンツ所属)
1975年4月2日生まれ。東京都出身。小学生の時から少年野球チームに入り、修徳高校時代は甲子園出場でベスト8に進出。その後、駒澤大学から東芝へ進み、1999年の第70回都市対抗野球で優勝を飾り優秀投手に選ばれる。同年のドラフトで1位指名を受けて巨人に入団。2000年には初登板初完封を記録するなどの活躍で優秀選手賞を受賞。2007年4月、月間5勝を挙げるなどの快挙を達成。シーズンでも自己最多となる14勝を挙げリーグ優勝に大きく貢献した。またこの年、初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得し、最優秀バッテリー賞やベストナイン(最優秀投手)にも選ばれている。

※この記事は2008年8月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

高橋尚成選手の学生時代は・・・
甲子園ベスト8の原動力は、両親の存在だった
高橋尚成選手写真  僕は物心ついたころから父や兄とよくキャッチボールをしていたので、その延長のように小学校からは自然と少年野球チームに入っていました。子どもの頃からスポーツは大好きで、両親も「興味があるなら何でもやりなさい」という育て方をしてくれていたので、少林寺や水泳なんかもやっていましたが、その中から一番好きだった野球に自然と流れていったんでしょうね。
 中学からは野球部に入りましたが、まだ遊びの延長でしたね(笑)。でも高校の野球部は甲子園を目指すようなところだったので、いきなり練習も厳しくなって、ついていくのも必死でしたね。それに高校時代は基本的には自宅からの通学だったんですが、大会前になると合宿所に入って練習中心の生活をするんです。合宿といっても大会が多いので、ほとんど寮生活のようなものです。始めて親元を離れての生活と厳しい練習、この環境が僕自身をどんどん野球に打ち込ませてくれたと思います。
 それと、黙って見守りながら応援してくれている両親の存在も僕のエネルギーだったと思います。何度も辞めたいと思ったことはありましたが、合宿所からたまに自宅に帰って両親の顔を見ると「辛いから辞めたい」なんて言えなかったし、ここで諦めたら自分は挫折感を味わって落ちていくだけだと思っていましたから。高校時代に諦めないで頑張れたから目指す甲子園でベスト8にもなれたし、野球で特待生として駒澤大学にも進学できたんだと思います。
大学から社会人、そしてプロへ・・・
大学での4年間があったから、今の自分がある
高橋尚成選手写真  駒澤大学へは、スポーツ推薦で入学しました。駒澤大学というところは野球の名門校で、高校の野球部とはレベルが全く違い、「どえらいところに入ったな、4年間ちゃんとできるんだろうか」と真剣に思いました。今まで僕がやっていた野球が急に子どもっぽく思えたりしてね。そんな中で僕の野球人生に大きな影響を与えてくれた先輩がいたんです。元西武ライオンズの河原純一さんです。3年先輩でしたが、部屋が同じですごく面倒も見てもらったし、野球の面白さや厳しさも教わったと思います。僕にとって目標でもあり「こういう人がプロに行くんだな」と感じていました。
 この頃から少しずつ実業団やプロといった世界を意識し始めたんだと思います。4年生の時に何社かから声をかけていただき東芝に進みましたが、駒澤大学の4年間で培った経験や野球感があったので不安はありませんでしたね。そして2年後、東芝からドラフトで巨人に入団できたことも、大学での4年間の野球人生があったからだと思っています。
高橋尚成選手からワンポイントアドバイス
練習も楽しくできることが継続のポイト
高橋尚成選手写真  大きな声では言えませんが、学生時代は練習はあまり好きではなかったんです(笑)。いつも、どうやってさぼるかを考えていた方ですね。そんな僕がここまで来れたのは、一番は野球が好きだったから。高校時代は、決められたメニューをこなしていくことに必死でしたが、楽しく練習することをいつも心がけていました。練習時間は毎日午後3時から8時くらいまで。休日は朝から晩までとハードなものでした。練習内容も僕はピッチャーなので基本的に走りと投げるがベースでした。 例えば、
(1) ピッチング+ランニング・・・10球投げてグラウンドを1周走るというセットを10セットします。ランニングは全てのスポーツの基本ですし、下半身の強化にもなります。
(2)ウエイトトレーニング・・・特に下半身を鍛えることが重要だと思います。
(3)スナップの練習・・・仰向けに寝てボールを天上に向かって投げるんですが、ぎりぎりのところで当たらないように同じ位置、同じ高さに投げることでスナップの使い方の練習になります。
 ここまでは高校時代の練習ですが、大学では自分たちで考えた練習や監督のユニークなアイデアのものもありました。
(1)ピッチャーだけで2チームに分かれてリレーをやる・・・走るトレーニングにあわせて、競争心や勝負根性を養いました。
(2)ゲーム形式のシミュレーション・・・ただし夜の真っ暗なグラウンドでボールも何も使わずに思ったとおりに動いてみる。人の動きをイメージすることができ、自分の動きにもバリエーションができる。
(3)太極拳やヨガ・・・呼吸法の練習や精神統一、集中力を養うこともできる。
ユニークな練習をしていましたが、今思えばすべて将来に役立っていると思います。基本練習はもちろん大切ですが、プラスαして自分たちなりの練習方法を考えてみるのもいいんじゃないでしょうか。
そして、どう練習すれば楽しいかを考えることも継続の大事な要素だと思いますよ。
高橋尚成選手からみんなへのメッセージ 
高橋尚成選手写真

僕は大好きな野球を通して、いろんな経験ができたと思っています。特に学生時代は、体も考え方も成長していくときで、その成長をさせてくれたのが野球人生そのものだと言えます。その中には楽しいことも辛いこともあったけど、その全てが今の自分のプラスになって大きな得になっている気がします。今の若者は夢を持っていないなんてことをよく聞きますが、みんなだって何かを求めているはずです。夢や目標は何だっていいし、大きくても小さくても関係ない。小さな目標でもひとつずつ達成させていくことってすごく大事だと思います。

例えば僕はピッチャーとして、試合でいろんなピッチングができることを常に目標として一試合ごとにチャレンジしています。そしてやがては優勝という大きな夢にたどり着くと信じています。

みなさんも、自分の目標に向かって少しずつチャレンジしていくことの楽しさと、やがて目標を達成したときの嬉しさを是非、体験してください。

※この記事は2008年8月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

金子 千尋選手
金子 千尋選手(プロ野球選手)
プロ野球&悔いを残したくない。だから常に全力でチャレンジしたい
五十嵐 亮太選手
五十嵐 亮太選手(プロ野球選手)
自分らしさを大切にしてほしい
井川 慶選手
井川 慶選手(プロ野球選手)
目標を持ち、一生懸命になれることは素晴らしい
T-岡田選手
T-岡田選手(プロ野球選手)
大事なのは、野球を楽しむこと
濱中 治さん
濱中 治さん(元プロ野球選手)
「感謝」ということを忘れず、前に進んで行ってほしい
新垣 渚選手
新垣 渚選手(野球選手)
目の前の問題から目をそむけず、立ち向かってほしい
桧山 進次郎選手
桧山 進次郎選手(プロ野球選手)
たくさんの経験と出会いを、大切にしてほしい
内川 聖一選手
内川 聖一選手(プロ野球選手)
一生懸命に取り組む気持ちを大事にしたい!
村田 修一選手
村田 修一選手(プロ野球選手)
好きという気持ちを、大切にして欲しい
元木 大介さん
元木 大介さん(元プロ野球選手)
チームワークが大事!ミスを悔やむな、悔いを残すな!
小久保 裕紀選手
小久保 裕紀選手(プロ野球選手)
目標のためには手を抜かない、努力を怠らない
今岡 誠選手
今岡 誠選手(プロ野球選手)
いろんな経験の中から、自分自身の目的を見つけよう
三浦 大輔選手
三浦 大輔選手(プロ野球選手)
たくさんの経験から、好きな道を見つけよう!
掛布 雅之さん
掛布 雅之さん(元プロ野球選手)
あきらめずに続けた者だけが感じられる
赤星 憲広選手
赤星 憲広選手(プロ野球選手)
練習は継続してこそプラスになる!
上原 浩治選手
上原 浩治選手(プロ野球選手)
楽しめることがステップアップにつながる
矢野 輝弘選手
矢野 輝弘選手(プロ野球選手)
あきらめない限り、一歩でも半歩でも近づいていけてると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ