検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
寺内健選手写真
寺内 健選手
水泳/飛込み選手 北京オリンピック日本代表
1980年兵庫県生まれ。生後6ヵ月よりJJS宝塚スイミングスクールに通い始め、競泳の選手コースに所属、鍛練を重ねていた。小学校5年生の時に、馬淵英コーチに飛込みの選手としての資質を見い出され、飛込みを始める。中学2年生の時に、日本選手権高飛込みで優勝。1996年、此花学院高校1年生の時にアトランタ・オリンピックに出場し、高飛込みで10位。2000年のシドニー・オリンピックでは、高飛び込みで日本史上最高の5位入賞、飛板飛込みでは8位。01年の東アジア大会飛板飛込みでは銀メダル。04年のアテネ・オリンピックでは8位入賞。08年の飛込み日本選手権では6年連続、11度目の優勝。5月のUS大会優勝。6月公開の映画『DIVE!!』にも出演。8月の北京オリンピックでも、メダルが期待される日本水泳界のエース。

※この記事は2008年5月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

寺内健選手の子ども時代は・・・
大人に混じってトレーニング。今思うとそれが一番役に立った
寺内健選手写真  大人に混じってトレーニングを始める前は競泳の選手コースに所属していました。とにかくトレーニングがきつくて、競泳用のプールのすぐそばにある飛込みの板で遊んでいました。そんなときに、中国の国際的な飛込み選手だった馬淵崇英コーチが飛込みに向いているということを見い出してくださって、それからずっと二人三脚でやっています。きついトレーニングから逃げることができると思っていたら、もっともっときついトレーニングが待っていました(笑)。
 小学校6年生の2月に上海に合宿に連れていってもらうことになり、この時も“やったー、学校を休んで海外にいける”と、ぬか喜び。行ってみたら、毎日10時間のトレーニングで3ヵ月半。一緒に行っていた大学生の男女と小学生の僕。競泳のコースにいた方がラクやったなあと、つくづく思いました。それで、選手権に出る大学生が日本に帰ってからも、追加で1ヵ月大人に混じってトレーニングしました。トレーニングはもっぱら陸上トレーニングばかりで、水に入れてもらえないんです。早くプールに入りたいと思いました。この時の経験が、今思うと一番役に立っているように思います。高校に入学した時も、上海に合宿に行っていたので入学式からずいぶん経ってから学校に行くことになってしまい、新しい級友たちと馴染めるか心配していました。しかし、体育会系のクラスだったので“強くなる!勝つ!”というベクトルが同じで、級友も「オリンピックに出るんやて?」「頑張れ」と、励ましてくれました。おかげで、通学に1時間半ほどかかるのですが、トレーニングや試合以外は遅刻もせずに通いました。
飛込み競技とは・・・
1.6秒にすべてを集中させてベストパフォーマンス
寺内健選手写真  日本では、まだまだ飛込みはマイナーなスポーツなので、採点の方法も残念ながら知られていません。これがまた複雑なんです。説明していると、半日ぐらいかかります(笑)。3m飛板飛込みは、6本の演技種目の合計得点を競います。各演技には難易率が設定されていて、7名の審判によって演技の美しさや正確性が採点されます。最高得点と最低得点を除き、5名の採点の平均点に難易率を掛けたものが得点となります。競泳のようにスピードを競うものではなく、高さと演技の美しさを競います。もちろん、つま先や膝が伸びていることも、いいパフォーマンスの条件です。あと、ノースプラッシュであること。ノースプラッシュとは、水しぶきを立てないことです。これが、勝負の行方を左右します。演技は、助走、踏み切り、飛び上がりの高さ、空中姿勢、入水角度、姿勢などで採点されます。 時間はわずか1.6秒、この間に集中して演技を行うわけです。集中力と、空中感覚を養うことが大切です。飛込みはこの二つが大切で、どちらが欠けてもケガや事故に繋がります。日本の選手に欠けているのも、この空中感覚だと思います。
 小学校の頃初めて行った上海では、毎日毎日陸上でのトレーニングばかりで、“何で水に入らせてくれへんのか”と疑問に思いました。でも、一緒にトレーニングしていた中国の一流選手たちを見ていて、一見関係無さそうな陸上でのドライトレーニングで空中感覚が身に着くことがわかりました。飛込みの選手だから、プールでの実践だけがトレーニングではありません。それに、飛込みは身体への負荷が高いので、一日中ダイブしているわけにはいきません。今は実際にプールに飛込むのは50本ぐらいです。昔は300本ぐらい飛込んだこともありますが、今は自分の年齢に合わせたトレーニングをしています。しかし、トレーニングすることで今でも前に進んでいることがわかります。もっと若い時は伸びるのが10センチだったかもしれないけれど、毎日のトレーニングで1ミリでも進んでいる間はまだまだやれると実感します。この1ミリの進歩の密度が若い時よりも濃いと感じています。
寺内健選手からのワンポイントアドバイス
日々の努力を続けること
寺内健選手写真  飛込みという競技は一朝一夕にできるものではありません。5年10年とトレーニングの積み重ねが必要です。飛込むときの恐怖心を取り除く集中力と精神力。そして身体的には、瞬間でいい演技をするための空中感覚が大事です。それらを養うために心がけているのは、
(1)とにかく日々のトレーニング!
トレーニングが十分でないと、パフォーマンスにも自信が持てません。ケガがないようにするための柔軟運動、頭を逆さまにした状態に慣れるための逆立ちやトランポリン・マットでの宙返りなど、陸上でのドライトレーニングが空中感覚を養います。ノースプラッシュと呼ばれる垂直で流れるような入水まで、一連のパフォーマンスを決めるためには日々のトレーニングが欠かせません。
(2)目標を立て、しっかりと達成する!
オリンピックのような大きな目標はもちろんですが、今日はコレをしよう、明日はアレ、みたいに小さな目標をたくさん立て、それを着実にこなしてください。そうすれば、達成感を味わえるだけでなく目的地までぶれないで到達できると思います。
(3)ポジティブな気持ちを持つ!
いい結果しか考えないことです。ネガティブなことを考えると、不思議とそっちのほうへ気持ちが流れるんです。緊張やプレッシャーに負けてしまう。だから“絶対成功させる!”そういう強い気持ちが必要です。
 今度の北京で4度目のオリンピックとなります。今はメダルを目標に、難易度の高い大技を確実に演じることができるように気持ちを高めています。
寺内健選手からみんなへのメッセージ
寺内健選手写真

“努力に勝る天才なし”そう思ってトレーニングしてきました。傍らには、ずっと厳しく温かく見守ってくれた馬淵崇英コーチがいてくれました。コーチは資質を見い出してくれて、その時から日本だけではなく世界のトップを目標に掲げて指導してくれました。いきなりの上海での合宿も、日本ではなかなか身につけることのできない空中感覚を習得できました。コーチは初めからオリンピックでメダルという高い目標を思い描いてくれていました。自分自身も同じ目標に向けて頑張ってきました。今度の北京オリンピックは、自分とコーチとの集大成だと思っています。ですから、自分のためにも、コーチのためにも、応援してくれている人々のためにも、いつもにも増していい結果を出したいと思います。また、僕のオリンピックのパフォーマンスを見て、飛込みに興味を持ってくださる人が増えるとうれしいです。そうそう、最近、飛込みを題材にした映画「DIVE!!」が近々公開されます。僕も寺本健一郎役で出演しています。これを機に、飛込みが広まるといいなあ。皆さん、応援してください。

※この記事は2008年5月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

松田 丈志さん
松田 丈志さん(元水泳選手)
チャレンジしたからこそ得られる成功と失敗、そしてやりがい
立石 諒選手
立石 諒選手(水泳選手)
何があっても諦めず、自分の夢に全力で向かっていく
加藤 ゆか選手
加藤 ゆか選手(競泳選手 ロンドンオリンピック銅メダリスト)
何事にも、感謝の気持ちを忘れない
入江 陵介選手
入江 陵介選手(水泳選手)
たくさんの友や人とつながることは、きっとプラスになる
中西 悠子さん
中西 悠子さん(元競泳選手)
目標に向かって、ひとつずつクリアしていくことの大切さ
原田 早穂さん

2010年12月

原田 早穂さん(元シンクロナイズドスイミング選手)
努力と可能性は無限大
佐藤 久佳選手
佐藤 久佳選手(水泳選手)
周りへの感謝の気持ちを忘れないことが成長への第一歩に
山本 貴司さん

2010年5月

山本 貴司さん(元水泳選手)
自分で限界を作るな、リミットを振り切って突っ走れ!
藤井 拓郎選手
藤井 拓郎選手(水泳選手 北京オリンピック 銅メダリスト)
夢にチャレンジすることが、きっと自分の力になる
中村 礼子選手
中村 礼子選手(水泳 オリンピック銅メダリスト)
プレッシャーの中で手にした北京のメダルは、重みがあった
岩崎 恭子さん

2008年1月

岩崎 恭子さん(元水泳選手)
素直な心で・・・!
柴田 亜衣選手
柴田 亜衣選手(水泳選手 アテネ五輪800m自由形金メダリスト)
意識を持ちながら泳ぐことが、上達への近道!
鈴木 大地さん
鈴木 大地さん(水泳 ソウルオリンピック金メダリスト)
きっといつか、自分の成長がカタチになる時がくると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ