検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
内川 聖一選手写真
内川 聖一選手
プロ野球選手(横浜ベイスターズ所属)
1982年8月4日生まれ。大分県大分市出身。小学生から野球を始め、父が監督を務める大分工業高校卒業後、2000年ドラフト1位指名を受けて横浜ベイスターズに入団。プロ入り1年目から1軍を経験し、勝負強さと状況に応じたバッティングに加え、長打力の好打者として活躍。2008年にはオールスターゲームに出場し2試合を通じて5打席連続安打を記録し、マツダ・ビアンテ賞を獲得した。レギュラーシーズンにおいては、日本人選手のセ・リーグ記録を更新する打率をマークし首位打者に輝いた。そして2009年にはWBC日本代表に選出され、日本の2連覇に大きく貢献した。

※この記事は2010年2月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

内川聖一選手の学生時代は・・・
3ヶ月の入院で野球ができる有り難みを知った
内川聖一選手写真  父が高校野球の監督をしていたので、物心ついた頃から野球はやっていましたが、本格的にクラブチームに入ったのは小学校2年生のときでした。中学時代もクラブチームでやっていましたが、当時は好きというより、野球をするのが当たり前のように思っていましたね。父の影響も大きかったし、家庭環境っていうのかな(笑)。

 高校は、父が監督を務める大分工業高校に進学し、野球部に入りました。高校時代は男ばかりでしたが、野球に夢中になれたし、スポーツでつながる友情にも恵まれ、楽しい学生生活でしたね。でも、本当に野球の面白さを感じたのは、高校時代に怪我をして3ヶ月ほど入院してからかもしれませんね。初めて野球をできないという状況に自分がなったとき、「もっと真剣に取り組まなければいけないな」と思うようになりました。これまでは野球ができるのが当たり前のように感じていたんでしょうね、初めて「できる有り難み」を感じました。この頃から野球を通して将来を考え始めたと思います。もちろん将来はプロに行きたいという思いもありましたが、学校の先生になって父のように指導者になりたいという思いもありました。でもそれは、まだ漠然とした将来への希望で、高校時代は野球に一生懸命でいたかったし、甲子園という僕らの確かな目標がありましたから。

 僕たちのチームは大分県の決勝戦で負けてしまい、残念ながら甲子園には行けませんでしたが、甲子園に負けないくらい大切な思い出がいっぱいあります。野球を通して同じキツさや喜びを味わった仲間がたくさんできたこと、そして僕自身も精神的に強くなれたこと。本当に中身の濃い3年間でした。

内川聖一選手が選んだプロへの道
男として勝負をかけたプロ入りだった
内川聖一選手写真  実は、ドラフト1週間前までは家族でも話し合って、法政大学進学とほぼ決めていました。でも自分の中には「プロに行きたい!」という思いも拭いきれなかったんです。両親は「大学に行ってからプロに挑戦する」という安全な道を選んで欲しかったと思います。自分も一度はそう決めたつもりだったのですが、ドラフト1位指名をもらってプロへの大きなチャンスが目の前に現れたとき「男として、人生の中で一度くらい勝負をかけてもいいじゃないか」と思えてプロ入りを決めました。もちろん迷ったし、父にも相談しました。長年野球に関わってきた人だし、指導者としても尊敬していましたから。父はプロとしてのメリット・デメリット、そして大学進学のメリット・デメリットを話してくれました。そして「その中から自分が後悔しないように、最終的に選ぶのはおまえだ!」と言ってくれたのです。

 横浜ベイスターズに入団し、プロとして野球をやっていくということは、自分の中でも大きな変化がありましたね。一番はやはり野球が仕事になったこと。一生懸命にプレーすることは変わりませんが、ひとつひとつのプレーに対する責任感が違いました。学生時代はひとつのミスをみんなでカバーすれば成り立っていたところがありましたが、プロの世界は自分のミスがチームの順位や仲間の成績にまで響いてくるシビアな世界ですから。僕の場合、幸運にも1年目からキャンプも開幕も1軍で迎えさせてもらって、入団当初からプロとしての意識の重さを持てたんだと思います。

 プロの世界に入って、今シーズンで10年目を迎えます。その中で悔しかった試合も嬉しかった試合もたくさんありますが、やはり一番忘れられないのは昨年のWBCの決勝戦、世界一になった瞬間ですね。日本代表というプレッシャーはありましたが、あんなに純粋に1点が入ることを喜べたのって高校時代みたいでしたね。僕自身「絶対にこいつには負けないぞ!」と闘志むきだしになれたし。そして何より、世界一になれたチームの一員でいられたことが嬉しかった。

内川聖一選手からのワンポイントアドバイス
1本のヒットを大事にする野球を教わってきた
内川聖一選手写真  僕が学生時代から教わってきた野球は、派手なプレーをすることよりも、ひとつのアウトをしっかりとる、一本のヒットを大事にするといった基本を大切にするものでした。例えば、毎日朝と夕方にはランニング、素振り、ティーバッティングという基本練習メニューをやっていましたが、中でも僕が大事にして欲しい練習があります。
(1)キャッチング・・・ゴロをとる場合にも、手前から転がしてもらったボールを素手でしっかり掴むことから始めてください。
(2)バッティング・・・打つ瞬間の力をつけるため、そして正しいバットの振り方を身につけるために、丸太を立ててバットで力を入れて叩くような練習をしていました。そして丸太が向こう側に倒れるように正しい打ち方を練習してみてください。
(3)体づくり・・・野球に適した体や筋力を養うために、ウエイトトレーニングなどがありますが、特に高校生の頃は、器具などを使ったトレーニングよりも、ボールやバットを使って基本となる投げる力、打つ力を養った方がいいと思います。気をつけてほしいのは独学でマシーンなどを使って無理なウエイトトレーニングをすれば、かえって負担になることもあるということです。

 練習のアドバイスは以上ですが、何事も積み重ねと継続です。地味な基本練習でも、続けていくことで必ず自分の身となり、力となるはずですから、小さなことから頑張ってください。
内川聖一選手からみんなへのメッセージ
内川聖一選手写真

父がよく言っていた言葉ですが「何事にも一生懸命に取り組むことが大事」だと。人間誰しも苦手なこと、得意なことってあると思います。しかし、たとえ苦手なことでも取り組む気持ちは誰だって持つことができると思うし、その気持ちや姿勢が大事なんだと思います。そうすれば、自ずと結果は出てくるはずだし、ちゃんと見てくれている人も必ずいます。無理だからとか苦手だからと諦めてしまわないで、取り組んでみる気持ちを持って挑戦してみてください。このプロセスが大事だと思います。

僕も、イチロー選手のように、野球で一番に名前があがるような選手になりたいと頑張っています。そのためには、まずは今シーズンのチーム優勝、そして個人的には首位打者を目標に一生懸命取り組んでいきたいですね。

※この記事は2010年2月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものですので、ご了承ください。

金子 千尋選手
金子 千尋選手(プロ野球選手)
プロ野球&悔いを残したくない。だから常に全力でチャレンジしたい
五十嵐 亮太選手
五十嵐 亮太選手(プロ野球選手)
自分らしさを大切にしてほしい
井川 慶選手
井川 慶選手(プロ野球選手)
目標を持ち、一生懸命になれることは素晴らしい
T-岡田選手
T-岡田選手(プロ野球選手)
大事なのは、野球を楽しむこと
濱中 治さん
濱中 治さん(元プロ野球選手)
「感謝」ということを忘れず、前に進んで行ってほしい
新垣 渚選手
新垣 渚選手(野球選手)
目の前の問題から目をそむけず、立ち向かってほしい
桧山 進次郎選手
桧山 進次郎選手(プロ野球選手)
たくさんの経験と出会いを、大切にしてほしい
村田 修一選手
村田 修一選手(プロ野球選手)
好きという気持ちを、大切にして欲しい
元木 大介さん
元木 大介さん(元プロ野球選手)
チームワークが大事!ミスを悔やむな、悔いを残すな!
高橋 尚成選手
高橋 尚成選手(プロ野球選手)
小さな目標が、いつか大きな夢にたどり着く
小久保 裕紀選手
小久保 裕紀選手(プロ野球選手)
目標のためには手を抜かない、努力を怠らない
今岡 誠選手
今岡 誠選手(プロ野球選手)
いろんな経験の中から、自分自身の目的を見つけよう
三浦 大輔選手
三浦 大輔選手(プロ野球選手)
たくさんの経験から、好きな道を見つけよう!
掛布 雅之さん
掛布 雅之さん(元プロ野球選手)
あきらめずに続けた者だけが感じられる
赤星 憲広選手
赤星 憲広選手(プロ野球選手)
練習は継続してこそプラスになる!
上原 浩治選手
上原 浩治選手(プロ野球選手)
楽しめることがステップアップにつながる
矢野 輝弘選手
矢野 輝弘選手(プロ野球選手)
あきらめない限り、一歩でも半歩でも近づいていけてると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ