検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
加地 亮選手写真
加地 亮選手
サッカー選手(ガンバ大阪所属)
1980年1月13日生まれ。兵庫県西淡町(現あわじ市)出身。小学校からサッカーを始め、滝川第二高等学校を経て、同校卒業後の1998年、セレッソ大阪に入団。豊富な運動量、献身的な守備と攻撃的なオーバーラップを武器に活躍。翌1999年にはU-20日本代表に選出され、FIFAワールドユース選手権で準優勝に貢献。2000年、大分トリニータに期限付きの移籍。2002年、FC東京に移籍。2004年にA代表としてアジアカップに出場し、優勝。ナビスコカップでは、決勝のPK戦で5人目の最終キッカーを務め、クラブを優勝に導く。2006年、ドイツワールドカップ出場を果たす。同年、ガンバ大阪に移籍後、2007年のナビスコカップでは優勝を飾る。2008年にAFCチャンピオンリーグ優勝、FIFAクラブワールドカップ3位の成績を収める。

※この記事は2010年4月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものです。

加地 亮選手の学生時代は・・・
3ヶ月の入院で野球ができる有り難みを知った
加地 亮選手写真  サッカー部に入部したきっかけは、小学生の時、友人がサッカー部に入部したからなんです。それまで全くサッカーには興味がなくて。僕は3人兄弟で、上に二人の兄がいるんですけど、二人とも野球やっていたので、サッカーとは無縁の環境でした。通っていた小学校はサッカーが強かったんです。多分、その時で世界16位ぐらいでしたね。神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われたミロカップという世界大会にも出場しました。もっと上を目指したいという夢はあったんですが、進学した中学校はあまり強くなかったんです。

 でも、さらに自分を磨きたい、もっと上手くなりたい、そして強いところに行きたいっていう思いがあったので、滝川第二高校に入学しました。滝川第二という名門の高校に入学して、1~2年生の頃はレベルの差を感じていました。全国から選手が集まってくるので、上手い人はいっぱいましたしね。でも「やれば出来るはず」というのを感覚的に感じていました。自分に自信がありましたし、さらに上手くなりたいっていつも思っていました。高校が私立で、親から学費を出してもらっていたのもあって、何とか結果を出さないといけない、親の期待に応えたいっていう気持ちもありました。そして、努力して努力して、なんとか追いついたのが三年生ですね。

アメリカ留学、そして夢のNBAへの挑戦
NBAのコートに立った時の、どきどき感が忘れられない
加地 亮選手写真  プロになってからは、個人練習が減りました。もともとは小学校のころからプロになるまで、いつも独りでグラウンドに残って「もっと、こうしたい」っていう思いを秘めて、自主的な練習をしていたんです。でもプロになってからは、みんなでやる練習、チームでやる練習を全力でやることだけを考えてます。あと、道具へのこだわり。たとえばスパイクなら軽さ、足を入れた時のフィット感とか、凄くこだわってます。天候によっても、例えば雨用とか、いろいろ種類もあります。飲み物も、普通に売ってるスポーツドリンクに、塩などをいろいろ加えています。プロとしてそういうこだわりも必要だと思いますね。

 プロになるからには、結果を出さないといけないし、実力も発揮しないといけません。仕事としてお金をもらいますからね。でも一番に、みんなを喜ばせたい気持ちがあります。例えば、ガンバ大阪にはファン感謝祭というイベントがあるんですが、そこで仮装をしたんです。勝手にエントリーに入ってたんですが(笑)、ファンの方に楽しんでもらいたいという気持ちもあったので一生懸命やりました。

加地 亮選手からのワンポイントアドバイス
目的と意識をもって、練習しよう!
加地 亮選手写真 (1)持久力をつけること・・・これからのサッカーは運動量が、これまで以上に必要になってくると思います。自分も出来れば、運動量や持久力っていうのは落としたくはないですね。
(2)基本をしっかりと・・・「蹴る」「止める」「打つ」という技術力。単純な作業を正確にやれるようにということです。自分でもそういう事がしっかり出来るようにと考えています。自分のなりたい、もっとこうしたいというイメージを目指して練習してください。
(3)正しい食生活を心がけること・・・バランスよく食事をとる事と、よく水分を取る事は心がけています。一日三食、朝・昼・夜。日によって違いますけど、できるだけ毎食、魚、肉、ご飯、みそ汁など、バランスよく摂るようにしています。また試合前なら炭水化物の多いものを摂ります。例えばパスタ、ご飯とかもそうですね。
(4)コミュニケーション力を磨くこと・・・もともとは僕は引っ込み思案だったんです。でも高校時代は寮生活だったので、一年生のときから同級生とのやりとりや先輩方との受け答えは必要になりました。だから、ちょっとずつ自分を出せてきたという感じはあります。そういったものが、普段の生活だけでなく、試合の中でのコミュニケーションにも繋がっていったんだと思います。

 「もっと上手くなりたい」とか「強いところに行きたい」というのがサッカーを続けられたモチベーションでした。小学校の時の世界大会、それがあったから、もっと上を目指したいという気持ちが生まれたのかもしれないですね。常に、自分を磨きたいという向上心を持つことは大事な要素です。
加地 亮選手からみんなへのメッセージ
加地 亮選手写真

今は、ずっとサッカーばかりやっていますが、将来は保育士になりたいと思っているんですよ。今はサッカーに集中していますから、なかなか進んでいないんですけどね。子供見たら、「あーかわいいな」って昔から思っていました。今のゲームばかりしている子供を見てたら、なんかかわいそうだなって思いますね。もっとこう、違う事で体を動かして欲しいなと思います。僕は親の期待に応えたいっていうのもありましたが、勉強であったり、スポーツであったり、どの分野においても一生懸命取り組むというのが、やっぱり一番大事かなって思いますね。しっかり手を抜かずにやる事に無駄はないと思います。取り組む時は全力で取り組んで欲しいなと思います。がんばってください。

※この記事は2010年4月に取材したものです。プロフィール等は取材時点のものです。

今野 泰幸選手
今野 泰幸選手(サッカー選手)
仲間との絆、それは共に頑張ってきたからこそ築けたもの
髙瀬 愛実選手
髙瀬 愛実選手(サッカー選手)
今しかできないこと、仲間たちとの時間を大切に
宮間 あや選手
宮間 あや選手(サッカー選手)
先輩たちの背中を見て、たくさんのことを学んだ
田中 明日菜選手
田中 明日菜選手(サッカー選手)
打ち込める何かがあるって素晴らしいこと
柿谷 曜一朗選手

2012年8月

柿谷 曜一朗選手(サッカー選手)
好きという気持ちを忘れなければ、頑張れる
茂庭 照幸選手

2012年5月

茂庭 照幸選手(プロサッカー選手)
自分の信念を持って、何かをやり抜くことが大事
森島 寛晃さん
森島 寛晃さん(元サッカー選手)
目標に向かって、諦めずに歩き続ける
平山 相太さん
平山 相太さん(プロサッカー選手)
好きなことに挑戦し続けていきたい!
柳沢 敦選手
柳沢 敦選手(サッカー選手)
自分のサッカーを信じることができた
福西 崇史さん
福西 崇史さん(元サッカー日本代表選手)
チームワークや問題を克服する力が人間をも大きくする
秋田 豊さん
秋田 豊さん(元サッカー日本代表選手)
学生時代は人生の分岐点。夢や目標を持って過ごそう
三都主 アレサンドロ選手
三都主 アレサンドロ選手(サッカー選手)
厳しさを知り、そして夢とチャンスを掴むことができた
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ