検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
平山 相太さん写真
平山 相太さん
サッカー選手 FC東京所属
Profile
1985年6月6日生まれ。福岡県出身。ポジションはFW。小学校2年の時からサッカーを始め、高校サッカーの名門・国見高校へ進学。エースとして活躍し2003年にはワールドユース・UAE大会の日本代表に選抜、続いて同年12月から行われた全国高校サッカー選手権では史上初となる2年連続得点王を獲得し優勝。そしてアテネオリンピックアジア最終予選の日本代表に高校生で唯一選出された。高校卒業後は進学を希望し筑波大学へ入学。8月にはサッカーとしては最年少でアテネオリンピックに出場。翌年には大学を休学しオランダリーグのヘラクレス・アルメロに加入。帰国後の2006年9月にFC東京に入団。2010年にはアジアカップ最終予選・イエメン戦に出場。A代表として国際Aマッチ初出場でハットトリックを達成した。

※プロフィール等は2011年1月時点のものです。

平山相太さんの学生時代は・・・
サッカーと進学、両方の選択肢が欲しかった
平山 相太さん写真 小学校2年まではソフトボールをやっていたんですが、1993年のJリーグ開幕戦をテレビで観て「僕もやりたい!」って思ったんです。そして少年サッカーチームに入りました。最初のきっかけはJリーグへの憧れからでしたが、始めてすぐサッカーの虜になり夢中になっていました。中学はサッカー部に入り、高校進学の時には「もっと上手くなりたい」という気持ちが強くて、サッカーの名門校である長崎県の国見高校を受験しました。
 入学してびっくりしたのは、練習の厳しさでした。ただただ走っていました。サッカーでは走ることが基本であり重要なことなのですが、タイムを縮めるためにヘッドスライディングしたりするんです(笑)。当時は寮生活でしたが、学校と寮の往復だけの毎日で授業以外は朝から放課後まで練習三昧でした。学校の休みにはたいがい試合で遠征に行ったりしていたので、本当の意味の休みはなかったですね。でも、サッカーが好きだったし試合に出られること、そしてゴールを決められることがうれしかったから充実していました。そのうえワールドユースやアテネオリンピックの日本代表に選出されたことで、もっと上を目指したいという意欲にもなったし、その時にしかできない経験もたくさんさせてもらえたと思っています。
 もうひとつ自分にとって当時やりたいことが進学でした。サッカーは大好きだし高校卒業時には進学かJリーグかすごく考えました。でも大学で勉強するという選択肢も諦めたくなかったから筑波大学へ進みました。
オランダでのプロデビュー、そしてJリーグのピッチへ・・・
サッカーにも国それぞれのスタイルがある
平山 相太さん写真 大学時代もU-23日本代表やアテネオリンピック日本代表という大きなチャンスを与えてもらったし、世界のサッカーを肌で感じる経験をさせていただいたと思います。そんな中でめぐってきたチャンスがオランダリーグでのプロデビューでした。それまでにも世界大会を何度か経験させていただいていましたが、自分の伸びしろみたいなものが実感できずにいたんです。だからもっと海外の選手に混じってプレーをしてみたかったし、自分のプレースタイルを確かなものにしたかったというのが本音です。僕は日本人選手としては身長も大きい方だし、体の大きな海外の選手に混じっても対等にプレーできる特徴と自信をつけたかったんです。
 オランダのヘラクレス・アルメロに加入し、初めてヨーロッパのサッカーチームの一員としてプレーをしてみると、日本では気づかなかったことも見えてくるようになりました。たとえばサッカーにも国それぞれのスタイルがあるということです。ヨーロッパは小さい時から自国のサッカーを学びながら練習していくという制度や組織が充実していました。これがヨーロッパサッカーの強さにつながっていると思います。それにサッカーにかける情熱はものすごいです。だから選手一人ひとりも高い目標を持ってプレーしている。それがモチベーションになっていると思います。ヨーロッパはサッカー大国で選手人口も多いし、層が厚い。そんな中でプレーできたことは大変でしたが学ぶべきことがたくさんありました。
 帰国後はFC東京に加入しましたが、日本のサッカーの組織力の強さを感じました。たとえばJリーグはボールを持った選手を他の選手がカバーリングしたりサポートをするプレーが多いです。オランダでは一人の選手に任されるシーンが多いので、プレースタイルの違いを感じました。日本は組織力としての強さがあるんですよ。やはりこれも国のカラーだと思います。それぞれのポジションをチームで考え、適材適所で選手たちが確実に役割を果たす。その中でもチームごとの色があります。たとえばFC東京では、サイドアタックの強化を大きな課題にしています。そのうえでJ1昇格が目標です。そして僕自身としてはワールドカップを目指したいです。
平山 相太さんからのワンポイントアドバイス
自分の特徴を見つけ、伸ばすことが大事です
平山 相太さん写真 僕は小さい頃から身長が高かったので、その特徴をいかそうと高校時代によくヘディングの練習をしていました。でも自分のプレースタイルとしては、やはりFWなのでゴールを決めること、そしてできれば足でボールにさわることが一番の目標でした。高校時代の朝練習でもよく体育館でフットサルなどをやっていました。
 ボールを蹴る、触れることがサッカーですが、その基本練習は走ることです。僕の練習でも、まずひたすら走ることからでした。たとえば高校時代の僕の練習メニューは…
(1) 走る・・・1kmを3分30秒で10本、または6、8、10、12kmをタイムトライアルして、とにかく足腰を鍛えピッチで走り続けられる持続力、体力をつけることが大事です。
(2)朝練習・・・体育館でドリブルとパスの練習。フットサルなどもやっていましたが、とにかくボールにさわることを大事にしていました。
(3)午後・・・グラウンドで1対1または2対1でシュートやロングキックの練習。ボールを蹴る時は、足にボールがあたる所、位置などを考えながら蹴るようにするとシュートの感覚やコントロール、強さがよくわかると思います。
(4)ミニゲーム・・・練習の最後はいつも2チームに分かれてミニゲームを試合感覚で行います。チームプレーのコンビネーションを体で覚えることが大事です。
(5)筋力トレーニング・・・背筋、腹筋、スクワットなどは体づくりだけでなく、怪我予防にもつながります。他にもベンチプレスなどはよくやっていましたね。
 他にも僕の場合、ヘディング練習はよくやりました。個々の特徴をいかしたプレーができることも、大きな強みになると思います。
好きなことに挑戦し続けていきたい!
平山 相太さん写真

僕は小学校の時にサッカーを知り、練習していくうちにどんどん好きになっていきました。自分が好きで打ち込めるものを見つけることができたことはすごくラッキーだったし、たくさんのチャンスに恵まれたことにも感謝しています。でも一番大事なことは、ずっと好きでいられたということかもしれません。学生時代も、オランダでも、そして今のFC東京でもサッカーを辞めたいと思ったことは一度もありません。苦しいと思うこともありましたが、好きなことを選んで挑戦し続けてこられたことのうれしさの方が大きいです。
高校時代に目標を見つけられた人も、そしてまだ探している人もいると思いますが、たとえどんな道に進んだとしても、好きという気持ちを持ち続けて欲しいですね。僕もまだまだ挑戦の途中です。FC東京としても、一人のサッカー選手としても更なる高みを目指して頑張りたいと思っています。みなさんも、自分の一番好きなことを見つけてください。

※プロフィール等は2011年1月時点のものです。

今野 泰幸選手
今野 泰幸選手(サッカー選手)
仲間との絆、それは共に頑張ってきたからこそ築けたもの
髙瀬 愛実選手
髙瀬 愛実選手(サッカー選手)
今しかできないこと、仲間たちとの時間を大切に
宮間 あや選手
宮間 あや選手(サッカー選手)
先輩たちの背中を見て、たくさんのことを学んだ
田中 明日菜選手
田中 明日菜選手(サッカー選手)
打ち込める何かがあるって素晴らしいこと
柿谷 曜一朗選手

2012年8月

柿谷 曜一朗選手(サッカー選手)
好きという気持ちを忘れなければ、頑張れる
茂庭 照幸選手

2012年5月

茂庭 照幸選手(プロサッカー選手)
自分の信念を持って、何かをやり抜くことが大事
森島 寛晃さん
森島 寛晃さん(元サッカー選手)
目標に向かって、諦めずに歩き続ける
柳沢 敦選手
柳沢 敦選手(サッカー選手)
自分のサッカーを信じることができた
加地 亮選手
加地 亮選手(サッカー選手)
全力で取り組んだ事に無駄はない
福西 崇史さん
福西 崇史さん(元サッカー日本代表選手)
チームワークや問題を克服する力が人間をも大きくする
秋田 豊さん
秋田 豊さん(元サッカー日本代表選手)
学生時代は人生の分岐点。夢や目標を持って過ごそう
三都主 アレサンドロ選手
三都主 アレサンドロ選手(サッカー選手)
厳しさを知り、そして夢とチャンスを掴むことができた
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ