検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
井川 慶選手写真
井川 慶選手
プロ野球選手(オリックス・バファローズ所属)
Profile
1979年7月13日生まれ。茨城県出身。小学校3年の時から野球を始め、中学生になると右投げを左投げに変え、水戸商業高校時代は「高校生左腕三羽ガラス」と呼ばれる活躍を見せていた。1997年のドラフト2位で阪神タイガースに入団、1999年5月の広島東洋カープ戦で一軍プロ初登板を果たした。2001年はオールスターゲームの出場も果たし、2002年は開幕投手を務めた。2003年は6・7月に4戦連続完投勝利、8月には12連勝を記録し、阪神タイガースの18年ぶりのリーグ優勝に貢献した。2007年にメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースに移籍するが、マイナーリーグでの試合も多くなかなか力を発揮できない時期が続いた。そして2012年、6年ぶりに日本復帰が決まりオリックス・バファローズに入団。新たな戦力としてチーム優勝を目指す。

※プロフィール等は2014年2月時点のものです。

井川慶選手の学生時代は
プロで活躍して、みんなに恩返しがしたい
井川 慶さん写真  子供の頃から野球には興味を持っていて、よく家の前の壁で一人キャッチボールをしていましたね。それで小学校3年生から、町にあった大洗野球スポーツ少年団に入りました。子供の頃の遊びといえば、野球だったんでしょうね。特に好きな選手やチームがあったわけではありませんが、父とよくプロ野球は観ていましたね。そんな環境で育ったので、自然と野球少年になっていった気がします。
 中学・高校時代は野球部で、仲間達と共に県大会、甲子園を目指して毎日練習に励んでいました。僕は自宅通学で高校にはナイター設備もなかったので、放課後はそんなに遅くまでは練習できませんでしたが、時間よりも内容の濃い練習ができていたと思います。その中でも甲子園出場はできませんでしたが、県大会に出場できたことは一番の思い出です。当時から僕は腰を痛めていて高校最後の年はあまり登板できなかったのですが、県大会の決勝だけ投げさせてもらいました。結果は負けてしまいましたが、最後にいい思い出を作らせてもらったと思っています。
 実は僕は、野球は高校でやめようと考えていました。でも県大会の決勝という大事な場面で投げさせてもらったのに負けてしまったので、このままでは監督やチームの仲間達に何も恩返しができていないと思ったんです。だからプロに行くチャンスがあるなら、プロで活躍してみんなに恩返しができたらと思うようになりました。もちろん、大学に進学して野球を続けるという選択肢もありましたが、腰のことも考えるとプロの球団に行った方が専門のトレーナーからのアドバイスも受けられるんじゃないか。万全の状態でプレーが続けられるのではと考えました。それに何より、少しでも長く野球を続けていたかったからです。


ドラフトでプロへ、そしてメジャーへの挑戦
チームの主力となるための課題は、体の強化だった
井川 慶さん写真  ドラフトで阪神タイガースに入団してまず感じたことは、当たり前のことですが、プロ野球とは毎日24時間が野球で、常に野球のことを考えている世界なのだということです。それに全国から選り抜きの選手が集まっているのでレベルの高さもあって、この中でやっていくのは大変だと改めて実感しました。僕は高卒で入っているので即戦力とはいかなくても、何年か後にはチームの主力となれるようにしなくてはいけませんでした。そのためにも一番の課題は、腰も含めて体の強化だと思いました。特に阪神タイガースは根強いファンも多く、一軍選手としてたくさんのファンの前でプレーできることは最高の幸せです。早く一軍の選手として活躍するためにも体の強化を最優先させることにしました。
 入団当初はなかなか一軍に定着することができませんでしたが、2001年頃からチームでもローテーションを守ってタイトルも次第にとれるようになりました。すると次は、もしメジャーで戦えるのであれば挑戦したいと思うようになったんです。僕は中学生の時からメジャーで活躍する野茂選手を観ていたので、憧れと特別の思いはありましたね。そして2007年にニューヨーク・ヤンキースと契約しました。
 メジャーは選手の数も日本と比べて桁違いに多く、いくらでも選手はいます。だから打てるか打てないか、ピッチャーは抑えられるかできないか、これが全てなんです。シビアで厳しい世界です。またアメリカでは、メジャー選手への注目度や憧れ度みたいなものをすごく感じましたね。それだけに球場の雰囲気も違うし、エンターテイメント性のスケールも大きい。僕も一軍ではなかなかチャンスがもらえなかったこともありますが、たとえマイナーでも誰かが観てくれていると思ってプレーしていました。
 メジャーに行くときには、おそらくもう日本球界では投げることはないと思っていましたが、オリックス・バファローズの岡田監督に声をかけていただき6年ぶりに帰ってきました。もともとメジャーに送り出していただいたのも岡田監督でしたから、その恩返しができればと入団を決めました。


井川慶選手からのワンポイントアドバイス
ピッチャーは自分の得意球を磨く
井川 慶さん写真  中学時代は野球の基礎となる下半身強化、そして高校時代はプラスでウエイトをつけていくという練習を心がけていました。特に高校時代は練習時間もそんなに長くはとれなかったので、時間を有効に使った練習を考えていました。例えば僕の高校時代の練習内容は・・・
(1)ランニング・・・下半身強化のために毎日欠かさず走っていました。僕の場合は近くの砂浜を走って鍛えていました。
(2)ウエイト・トレーニング・・・ベンチプレスを使って主に投手には必要な上半身の筋肉を鍛えていました。他にも腹筋や背筋といったトレーニングも有効的だと思います。
(3)ピッチング・・・特に投手には大事なピッチング練習では、一球も無駄にしないようにイメージを持って投げることが大事だと思います。そして自分の体の状態を把握した上で、練習内容や密度を組み立てることも大事なことです。無茶な練習は故障や怪我の原因にもなりますから。

 僕の場合は投手だったので、バッティング練習はほとんどしていませんが、ピッチング練習で身につけてほしいのは、ひとつ自分のいい球を磨くことです。ストレートなのかスライダーなのか、この球で勝負するといった得意球を持つことは強みになると思います。そして毎回練習には、何かひとつ目標を持ってするようにしていました。ひとつずつ目標という階段を上っていくことで、確実に自分の力になるはずです。

井川慶選手からみんなへのメッセージ「目標を持ち、一生懸命になれることは素晴らしい」
井川 慶さん写真  僕は商業高校だったので、高校時代は検定試験に向けて一生懸命勉強していましたね。高校時代はまだプロに進むとか現実的に考えていませんでしたが、その時の自分が目標を持って何かに挑戦し、一生懸命になることは素晴らしいことだと思います。大学に進むのなら何を学び身につけていくのか。またスポーツなら、どんな選手になりたいのか。そのためには何が必要なのかを考えて自分を磨くことが、今大事なことだと思います。
 僕は今、オリックス・バファローズというチームで、助っ人として戦力となること。そしてチームの優勝につなげることが今年の目標です。特にピッチャーは、試合をコントロールできる鍵を持っていると思います。自分のピッチング次第でチームを勝たせることも負けさせることもできる。それがピッチャーとしての野球の面白さでもあり、怖さでもあります。そういった責任感やモチベーションを大事にして、今シーズンを悔いなく、納得のいくプレーができるようにする。これが僕の挑戦であり目標です。

※プロフィール等は2014年2月時点のものです。

金子 千尋選手
金子 千尋選手(プロ野球選手)
プロ野球&悔いを残したくない。だから常に全力でチャレンジしたい
五十嵐 亮太選手
五十嵐 亮太選手(プロ野球選手)
自分らしさを大切にしてほしい
T-岡田選手
T-岡田選手(プロ野球選手)
大事なのは、野球を楽しむこと
濱中 治さん
濱中 治さん(元プロ野球選手)
「感謝」ということを忘れず、前に進んで行ってほしい
新垣 渚選手
新垣 渚選手(野球選手)
目の前の問題から目をそむけず、立ち向かってほしい
桧山 進次郎選手
桧山 進次郎選手(プロ野球選手)
たくさんの経験と出会いを、大切にしてほしい
内川 聖一選手
内川 聖一選手(プロ野球選手)
一生懸命に取り組む気持ちを大事にしたい!
村田 修一選手
村田 修一選手(プロ野球選手)
好きという気持ちを、大切にして欲しい
元木 大介さん
元木 大介さん(元プロ野球選手)
チームワークが大事!ミスを悔やむな、悔いを残すな!
高橋 尚成選手
高橋 尚成選手(プロ野球選手)
小さな目標が、いつか大きな夢にたどり着く
小久保 裕紀選手
小久保 裕紀選手(プロ野球選手)
目標のためには手を抜かない、努力を怠らない
今岡 誠選手
今岡 誠選手(プロ野球選手)
いろんな経験の中から、自分自身の目的を見つけよう
三浦 大輔選手
三浦 大輔選手(プロ野球選手)
たくさんの経験から、好きな道を見つけよう!
掛布 雅之さん
掛布 雅之さん(元プロ野球選手)
あきらめずに続けた者だけが感じられる
赤星 憲広選手
赤星 憲広選手(プロ野球選手)
練習は継続してこそプラスになる!
上原 浩治選手
上原 浩治選手(プロ野球選手)
楽しめることがステップアップにつながる
矢野 輝弘選手
矢野 輝弘選手(プロ野球選手)
あきらめない限り、一歩でも半歩でも近づいていけてると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ