有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
宮原 知子選手
宮原 知子選手
フィギュアスケート選手 関西大学所属
2018年世界選手権銅メダリスト
Profile
1998年3月26日生まれ。京都府京都市出身。アメリカ在住中の4歳からスケートを始め、帰国後は京都のスケート教室に通い濱田美栄コーチの指導を受ける。ジュニア時代は初のISUジュニアグランプリシリーズで2位、全日本フィギュアジュニア選手権では初参戦で優勝を飾り注目を集めた。2012年はISUジュニアグランプリシリーズで初優勝、全日本ジュニア選手権では2連覇し、2013年にシニアデビュー。2014年の四大陸フィギュアスケート選手権では国際スケート連盟主催のシニア大会で初の表彰台に立った。また全日本フィギュアスケート選手権初優勝、2015年の世界フィギュアスケート選手権でも初出場で銀メダル獲得などシニア転向後も次々と好成績を出し、日本女子トップスケーターの地位を確立していった。2017年は怪我に悩まされ氷上を離れたが、12月の全日本フィギュアスケート選手権では4連覇で完全復活、翌年2月の平昌オリンピック出場を決めた。オリンピックでは惜しくも4位とメダルには届かなかったが、翌月の世界選手権では銅メダルを獲得。今後の活躍がさらに期待される。

※プロフィール等は2018年4月時点のものです。

宮原 知子選手の学生時代は
「海外試合でも、実力を発揮できる演技がしたい」
宮原 知子さん写真  子供の頃に住んでいたアメリカ・ヒューストンで、家族と行ったショッピングセンターのリンクで『ちょっと遊ぼうか?』と滑ったのが初めてのスケートでした。それがちょっと楽しくて、教室に通うようになったんです。でもその頃は本格的とは言えなくて、子供の自由なスケート教室でした。本格的にフィギュアスケートに取り組むようになったのは、日本に帰ってからです。京都のスケート教室に通い、1年後くらいから濱田美栄コーチに指導していただくようになりました。それが8歳の時でした。以来ずっと濱田コーチに見ていただいているので、私の中では大きな存在です。例えば合宿の時や普段の生活でも、すごくお世話になっていて、もう一人のお母さんっていう感じです。だからいつも競技の時には、濱田コーチの言葉でリンクに送り出してもらうというのが今でも習慣になっています(笑)。
 初めての海外試合は小学校3年生の時でした。その時は初めての海外試合だったので、ただ楽しい思いだけで行ったのですが、コンディションを調整できなくて厳しさも味わいました。でもそれがきっかけで、もっと海外試合でも実力を発揮できる演技がしたいと思うようになりました。はじめてフィギュアスケートの本当の面白さを感じていたと思います。その後は一つひとつの大会でより良い演技がしたい、練習でのいい感覚をそのまま試合にも生かしたいという気持ちで練習に取り組むようになりました。よく濱田コーチが努力家だと言ってくださいますが、私は練習こそが本番での結果につながると強く思っているので、練習しないと不安なのかもしれません(笑)。だから体が疲れてきついなと思うことはあっても、練習が嫌だとかサボりたいと思ったことはありません。中学・高校時代は学校とリンクの往復ばかりでしたが、辛いと思ったことはなかったですね。スケートに一生懸命でよそ見する余裕がなかったんでしょうね(笑)。

ジュニアからシニアへ、そしてオリンピックのリンクへ
「怪我からの完全復帰は、代表選考の全日本選手権優勝だった」
宮原 知子さん写真  中学生まではジュニアの大会に出場していましたが、高校生になってシニアに転向していきました。でもジュニア時代と同じく、1シーズンには国内外で10試合くらい出場していました。中には練習試合的なものもありますが、私自身は全部の試合に全力で向かう気持ちに違いはなかったです。当時の夢はやはりオリンピックでメダルをとることです。そんな気持ちもあって高校の卒業論文で『五輪の魔物』を書きました。私には一番身近な題材だったからだと思います(笑)。
 実際にオリンピックを意識したのはシニアデビューした2013年。この年は2014年のソチオリンピックの代表選考のシーズンで、全日本選手権で4位になれたことで『この調子で頑張っていけば、次のオリンピックの可能性が出てくる』と意識するようになりました。
続く世界選手権では2位になり、海外でも上位につける自信のようなものができてきました。また当時、浅田真央さんや鈴木明子さんといった先輩選手の、オリンピックシーズンに発揮するパワーのようなものもすごく感じていました。特に年末に行なわれる全日本選手権は、代表選考試合だけにみなさんの気迫もすごく、会場の雰囲気まで張り詰めた感じでした。そんな思いを一番感じたのは、昨年(2017年)の全日本選手権でした。昨シーズンは怪我もあって、練習も満足にできず、思うように滑ることができなかった辛い経験をしました。当時は、とにかく早く治してシーズンに間に合わせたい、代表選考の全日本選手権での優勝がずっと心にあって、そこだけを目指して頑張っていたと思います。
 そして、やっとつかんだ平昌オリンピックの切符でした。これまでの国際大会と違って、いろんな国のいろんな競技の選手と選手村で生活を共にするオリンピック。会場の熱気さえも新鮮で、一人でウキウキしてました(笑)。そして名前がコールされてリンクに立った時『やっと、この場所に来たんだ』という思いと、いい演技をしたい気持ちでいっぱいでした。メダルには届きませんでしたが、楽しく滑ることができ、魔物は感じませんでした。

宮原 知子選手からのワンポイントアドバイス
「技術力と表現力を磨くには、氷上以外の練習も大事」
宮原 知子さん写真  私の場合、高校時代も今も練習の内容はあまり変わりません。ただ、シーズン中とオフシーズンの練習内容は少し違って、オフシーズンは氷上で細かく部分的に練習することが多いです。そしてシーズンに入ると、プログラムにそった練習とジャンプが中心になります。細かく言うと・・・
(1)氷上練習・・・スケーティングやジャンプ、スピンなど細かな調整をしながら部分練習をします。そしてシーズン中は曲や振り付けを入れたプログラムとしての全体練習をします。また、ジャンプは特に重点的に練習しています。
(2)バレエ・・・フィギュアスケートでは芸術性が求められるので、スケート技術だけでなく表現力も必要になります。バレエでは優雅で美しい動きを身につけて表現力を磨くようにしています。また、美しい姿勢も身につけることがでるので、多くのフィギュア選手が行っている練習だと思います。
(3)陸上練習・・・体幹を鍛えるのが一番の目的です。腹筋や背筋を鍛えるようにしています。また足を鍛えるトレーニングやジャンプのトレーニングも大事だと思います。例えばジャンプトレーニングには縄跳びもいいと思います。特に体幹を鍛えることは、スケーティングはもちろん、ジャンプでの空中姿勢を保つためにも必要だと思います。

練習内容は以上ですが、技術や表現力以外にジャッジへのアピールも得点につながるので、顔の表情や目線も練習では心掛けるようにしています。そして一番のアドバイスは「スケートが好き」という気持ちを忘れないことですね。

宮原 知子選手からのメッセージ 「いつも全力じゃなくていい、自分のペースで挑戦しよう」
宮原 知子さん写真  今年は、オリンピックが終わってひと段落したシーズンなので新しいことにチャレンジしたいと考えています。ダンスのレパートリーも増やしたいですね。これまでとは違った自分を表現したいです。例えばカロリーナ・コストナー選手のように、ひとつの作品のようなスケーティングが滑りたい。ジャンプではトリプルアクセルに挑戦したいですね。そして4年後の北京につなげたいです。
 私の高校時代は、スケートに対してもいつも全力だったので、私自身すごく充実した時間でした。好きなことに一生懸命になれることが、楽しかったし幸せでした。そして学校での時間がいいバランスを保ってくれていたと思います。高校時代に何かに夢中になれることは、すごく素晴らしいことです。みなさんも何か目標を見つけたら、いつも全力じゃなくてもいい。たまに息抜きしたっていい。その日その日を大事に、自分のペースで挑戦してほしい。今しかない時間を楽しんでください。







※プロフィール等は2018年4月時点のものです。

宇野 昌磨選手
宇野 昌磨選手(フィギュアスケート選手)
自分で選んで決めたことなら、失敗も後悔もプラスになる
村上 佳菜子さん
村上 佳菜子さん(プロフィギュアスケーター)
どんなときも、諦めない気持ちを大事に持ち続けていたい
無良 崇人選手
無良 崇人選手(フィギュアスケート選手)
今の自分を作ってくれたのは、フィギュアスケートです
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ