田中佑典 有名人 スポーツ選手 アドバイス - 日本の学校
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座

田中 佑典選手 プロフィール

田中 佑典選手
体操選手 コナミスポーツ体操競技部所属
ロンドンオリンピック体操競技団体総合銀メダリスト
リオデジャネイロオリンピック体操競技団体総合金メダリスト

プロフィール
1989年11月29日生まれ。和歌山県出身。体操一家に生まれ、7歳から体操を始める。ジュニアの頃より日本体操協会の強化指定選手に選出され、和歌山北高校時代の2006年にはナショナル入りをするなど早くから才能を発揮していた。2007年には国際ジュニアで個人総合優勝を果たした。順天堂大学に進学した2008年は1年生ながらインカレに出場し、順天堂大学の団体優勝を経験。2011年には世界選手権の日本代表として初出場し団体総合で銀メダルを獲得した。卒業後はコナミスポーツ株式会社に入社し、コナミスポーツ体操競技部に所属。そして2012年のロンドンオリンピックには日本体操史上初となる3兄弟そろって出場、鉄棒で16点という高得点を出し日本の団体総合銀メダルに貢献した。その後も2014年は世界選手権で個人総合銅メダル、団体総合で銀メダルを、翌2015年の世界選手権では団体総合金メダルを獲得している。2度目のオリンピックとなる2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、団体総合の決勝でつり輪、平行棒、鉄棒の演技をおこないチームは見事、金メダルに輝いた。オリンピック後は和歌山市民栄誉賞や彩の国スポーツ功労賞、紫綬褒章など多くの受賞により、その功績をたたえられた。そして2021年、3度目のオリンピック出場を目指し更なる躍進が続く。
KONAMI SPORTS CLUBのアスリートサイト

https://www.konami.com/sportsclub/athlete/special/movie/

※プロフィール等は2021年3月時点のものです。

田中 佑典選手の学生時代は・・・

兄は目標であり、成長するにつれ負けられない存在に

田中 佑典選手写真  僕は両親が元体操選手で、兄と姉も体操をしているという体操一家で育ちました。いつも体育館で練習している兄や姉を見ていたので、自然と興味を持ち二人の後を追いかけるように小学校1年の7歳から始めました。特に高校の体育教諭だった父が、学校と僕たちが入っていた和歌山オレンジ体操クラブの両方でコーチをしていたこともあり、僕たちは小学生の頃から体操の基本をしっかりと教え込まれてきました。練習はいつも父が勤めていた高校の体育館を使っていたので、コーチの父と僕たち兄弟、そして送り迎えをしてくれていた母と常に同じ時間を過ごしてきました。でも家の中ではあまり体操の話をしないように、両親が心がけてくれていたと思います。そんな小学生の頃、僕の目標は兄でした。兄の体操に憧れて手本にし、いつか兄のようにナショナルジュニアのジャージを着て世界と戦いたいと思っていました。兄は僕にとって最初の目標であり、成長するにつれ負けられないライバルになっていきました。
 高校は兄や姉も通った和歌山北高校に進みました。高校からは父とは違うコーチになり、初めてナショナルチームに選ばれたのも高校2年生の時でした。小学生から所属していた体操クラブの練習と試合など忙しい高校時代でしたが、中学時代から体育祭は大好きなイベントですごく思い出に残っています。もともと身体を動かすことは好きだったので活躍できる場面が多いのが嬉しかったですね。また中学時代の体育祭では応援団の副団長として、応援でアクロバットをしたりして楽しい思い出がたくさんあります。また高校では授業のノートを同級生に見せてもらったり、体操と勉強を両立できたのも友達の協力があったからです。そんな高校時代に、ナショナルチームの合宿に参加させてもらえたことは競技者として大きなプラスになりました。

夢のため、順天堂大学からコナミスポーツ体操競技部へ

オリンピックは、どれだけ練習を積んだかで決まる

田中 佑典選手写真  ナショナルチームには正にトップの中のトップ選手がいるわけで、僕たち高校生の技では勿論かないません。でも、技の丁寧さや自分なりの美しさは通用するのではないかという自信にもなったし、先輩方の練習を見ることで体操競技の視野も広まった気がして、すごく刺激になりました。そんな中、僕が当時憧れていたのはアテネオリンピックで活躍した冨田洋之選手や鹿島丈博選手でした。尊敬する先輩たちの練習が見たい、学びたいという思いがあってお二人がいた順天堂大学に進むことを決めました。実際には1年間しか一緒に練習できませんでしたが、ちょうど北京オリンピックを前に練習にも鬼気迫るものがありました。これほど必死にならないとオリンピックには行けないんだと、はっきりとオリンピックを意識したのはこの頃でした。
 順天堂大学にはトップ選手がたくさんますが、その中で自分は技はまだまだ課題が多いけれど、体操の質では負けていないと自信を持ちはじめたことでオリンピックが見えてきました。
 2011年大学4年生の時、世界選手権で初代表として出場しました。中には兄もいましたが、ほとんどがコナミスポーツ体操競技部の選手だったんです。この時、日本代表の選手たちと一緒に練習をしていきたいと強く思い、卒業後にコナミスポーツ株式会社に入社を決めました。
 そして社会人1年目の2012年、念願のロンドンオリンピック出場が決まりました。3兄弟そろっての出場ということでプレッシャーはありましたが、チームに兄もいるという安心と家族だからこその心配もありました(笑)。でもオリンピックの雰囲気、盛り上がりはやはり特別です。その中で自分の演技にどれだけ集中できるか、いいパフォーマンスができるかは、どれだけ練習を積んだかで決まります。そしてロンドンで団体総合銀メダル、リオでは団体総合金メダルを手にして表彰台に立ったとき「ここに立つために頑張ってきたんだ」と実感できました。

田中 佑典選手からのワンポイントアドバイス

基本を極めた強さが、美しい体操を作り出す

田中 佑典選手写真  僕が体操選手として今思うことは、中学・高校時代の練習で基礎に時間をかけてきた分、基本の強さや正確さが僕自身の強さになっていると思います。これはよく日本人選手に言われることでもあって、「美しい体操」というのが日本人の得意とするところであり、競技においては強みになると思っています。そのためにも基本を大事に練習することが大事だと思います。僕の高校時代は放課後に毎日、5時間くらいは練習していました。
(1)柔軟・・・まずは練習に入るための準備体操や、足を鍛えるために走ったりします。また部位別に鍛えるための片足スクワットや筋力トレーニング、そして自分の体重で行う倒立などの自重トレーニングが基本メニューでした。
(2)技の練習・・・男子の場合は6種目あるので、それぞれの器具を使って技の練習をします。僕の場合は得意種目である鉄棒と平行棒の強みを伸ばしたかったので、特に重点的に練習しました。大事なのは反復することで確実に身につけることです。
(3)技をつなぐ・・・技を習得できたら次はつなげて演技にしていく練習です。最初は2〜3つ、次に4〜5つと徐々につなげていき最終的には10個の技をつなげていきます。これを通しこみといい、試合の前には演技続行能力として体力をつけていきます。
(4)柔軟・・・練習後にはクールダウンするための柔軟運動をします。これは怪我防止はもちろんですが、練習での筋肉疲労を翌日に残さないためにも大事なものです。

僕からアドバイスしたいのは、基本が一番大事だということです。体操は基本ができて応用が利くことで様々な技ができるようになります。ちなみに男子の体操の技は850種あり、僕ができるのは288種でした。なんて体操とは奥深いんだと実感しました。高校時代は筋力もついてくると、ついつい技に走りがちですが、まずは基本を積むことを突きつめてください。

田中 佑典選手からのメッセージ「応援したいと思われる人になってほしい」

田中 佑典選手写真  僕の今の目標は、やはり東京オリンピック出場です。競技の結果や自身の体力を考えると決して簡単ではないと思います。でもリオの後、自分の体操を極めたいという思いでやってきて、その先に東京オリンピックがあると思っているので挑戦はやめません。実際、開催にあたり難しい課題があることも理解しています。ただスポーツやオリンピックは、多くの人たちに夢を与えられるきっかけになると信じています。僕もオリンピックで夢を育ててきた一人ですから。
 僕は体操から学んだことがたくさんあって、その全てが今の自分を作ってくれたと思います。父や指導してくれたコーチ、目標としてきた先輩たち、互いに競い合ったライバルという仲間たちと出会えたのも体操があったからです。みなさんは今、そして将来、何に出会うかはそれぞれですが、その出会いや頑張る気持ちがこれからの自分を作ってくれることを忘れないでください。そして、一人で出来ることには限界があっても、多くの人が関わって応援してくれることで越えられる壁もあります。そのためには人に対する礼儀を大切にして、周りの人達が応援したいと思われる人になってください。きっと夢を叶える力になるはずです。

※プロフィール等は2021年3月時点のものです。

加藤 凌平選手
加藤 凌平選手(体操選手 リオデジャネイロオリンピック団体総合金メダリスト)
何かをやり通した先には、きっと素晴らしい未来があるはず
山室 光史選手
山室 光史選手(体操選手 ロンドンオリンピック団体総合銀メダリスト)
努力が光るときは、きっと来る
沖口 誠選手
沖口 誠選手(体操選手)
スポーツを通して、仲間との絆が強くなった
冨田 洋之さん
冨田 洋之さん(元体操競技選手)
継続することの大切さを知って欲しい
鹿島 丈博さん

2010年6月

鹿島 丈博さん(元体操選手)
失敗を恐れるな!それが成長への過程だと思え!
米田 功さん
米田 功さん(体操 アテネオリンピック金メダリスト)
打ち込むことの中に楽しさを見つけてください
中瀬 卓也選手
中瀬 卓也選手(体操 北京オリンピック銀メダリスト)
本当に叶えたい夢を持って、諦めずに続けることが大事
池谷 直樹さん
池谷 直樹さん(元体操選手 スポーツタレント)
一度しかない人生を、思いっきり楽しんでほしい
塚原 直也選手
塚原 直也選手(体操選手 アテネオリンピック 金メダリスト)
楽しんで好きになることが一番大事
オススメコンテンツはこちら
プレゼントキャンペーン 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 大学人気ランキング JS日本の塾

友だちや家族にシェアしよう

URLコピー