検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
渡嘉敷 来夢選手
渡嘉敷 来夢選手
バスケットボール選手 JX-ENEOSサンフラワーズ所属
アメリカプロリーグWNBAシアトルストーム所属
Profile
1991年6月11日生まれ。埼玉県春日部市出身。中学校時代からバスケットボールを始め、中学3年生の時に全国大会ベスト8に進出。桜花学園高等学校に進学後は主力メンバーとしてインターハイ、ウインターカップ共に3連覇を達成した。また、高校時代に史上最年少(当時)の16歳で日本代表候補に選出され、U-18アジア選手権では初優勝を飾った。卒業後はJX日鉱日石エネルギー株式会社(現JXTGエネルギー株式会社)に入社し、同社のJX-ENEOSサンフラワーズに加入。ルーキーシーズンから主力メンバーとして活躍し、Wリーグ史上初のルーキーオブザイヤーとレギュラーシーズンのMVPを受賞した。2010年以降、チームの連覇に貢献すると共に個人としてもMVP受賞などの好成績を残し、日本代表としても2013、2015年はアジア選手権(現アジアカップ)優勝を果たしMVPとベスト5を2大会連続で受賞した。また2015年よりアメリカプロリーグWNBAのシアトルストームに所属し、WNBAのオールルーキーチーム(新人ベスト5)にも選出された。
JX-ENEOSサンフラワーズの公式サイト
http://www.jxtg-group.jp/sunflowers/

※プロフィール等は2017年10月時点のものです。

渡嘉敷 来夢選手の学生時代は
一人じゃなく、チームプレーの楽しさを知ったバスケットボール
渡嘉敷 来夢さん写真  私は子供の頃からとにかく活発で、いつも外で走り廻っていました。そのせいか幼稚園時代からスポーツクラブ、小学校に入ると空手や野球、水泳とあらゆるスポーツをやっていました。確か小学校3年の時には空手で埼玉県3位くらいになってました(笑)。その後も陸上を始め、走り高跳びがたまたま得意だったんでしょうね、6年の時に全国優勝しました。でも当時は陸上以外にもいろいろなスポーツをやっていたので、何かひとつに決めることもなかったんです。その経験が今になってすごく良かったんじゃないかと思うと、やっぱり親に感謝ですね(笑)。そんな私がバスケットに興味を持ったのは実は小学校6年生の時です。でも近くにジュニアチームがなくて通うことはできなかったんです。だから中学に入ったとき、陸上部からも誘われたりはしましたが、バスケットボールがやりたかった。やっぱり球技が好きだったんです。バレーボールも考えたんですが、脚が丸見えのユニホームがちょっと(笑)、それでバスケットボールはウエアも好きだし、兄もやっていたこともあって決めました。
 でも最初はきつかったですね。練習はもちろん、監督に怒られることも初めてだったし。ただ今までやってきた陸上や空手などと違って、チームスポーツだから仲間がいるという連帯感が持てたから、練習にも頑張れたんだと思います。また今までできなかったことがひとつずつ、出来るようになると嬉しくてバスケットボールが段々面白くなっていきました。そして中学2年で春日部東中学校に転校したんですが、そこから埼玉県選抜に選ばれたり県大会優勝をすると、全国大会出場や県外の中学と試合をするなどバスケットボールの世界がどんどん開けていきました。すると高校進学においても、バスケットボールを通して色んな高校から声をかけていただきました。その中から桜花学園高校に決めたのは、日本代表選手をたくさん選出していたし、私も本気でバスケットボールに打ち込むならここ(桜花学園高校)しかない、と思えたからです。

桜花学園高校から実業団へ、そしてWNBAへの挑戦・・・
日本代表にも、世界にも、一番近いチームでプレーしたかった
渡嘉敷 来夢さん写真  今振り返ると高校時代は、バスケットボールしかしていなかった気がします(笑)。初めて親元を離れての寮生活で、もちろん練習も厳しかったので女子高生らしい賑やかな時間は無かったですね。寮ではテレビも1台しか無かったし、携帯もメールはできなくて通話だけでした。お菓子も禁止だったんですよ(笑)。当時を振り返ると、どう過ごしていたのかって思うけど、とにかく練習に、桜花学園のバスケットについて行くのに必死でした。フォーメーションや専門用語を覚えるのも大変で、頭を使うバスケットというのを初めて実感したのもこの頃です。桜花学園のプレーは、高校生とは思えないほどの頭脳プレーが特徴で、連覇し続ける強さがここにあるんだと感じました。特にチームの井上監督は基礎をすごく重視する方で、できるまで何度でも練習させられました。そして考えるバスケットボールを学んだのも高校の3年間でした。基本の大事さと考えるプレーの面白さや強さを教えてくれた井上監督に、すごく感謝しています。
 高校時代から夢はバスケットボールの日本代表になること。高校時代にもアンダーカテゴリーの日本代表に選ばれアジア選手権(現アジアカップ)に出場することもできましたが、卒業後もやはり日本代表に一番近いチームでプレーしたかった。だからJX-ENEOSサンフラワーズに入りました。日本で一番強いチームだし日本代表はもちろん、世界にも最も近いチームだと思いました。サンフラワーズは守って、走って、攻めるプレーができるチームです。そのうえ選手の高さやスピードもあり、何といっても選手一人ひとりの経験値が高いですね。それは代表選手が多いということもあって、私が思う素晴らしいチームがJX-ENEOSサンフラワーズでした。
 そして日本代表として出場した2013年のアジア選手権(現アジアカップ)で、日本チームはアジアチャンピオンになり、私自身もMVPをいただきました。これがきっかけで「もっと世界に出たい」と思うようになり、WNBAへの気持ちが強くなっていったんです。そして2015年からWNBAのシアトルストームでプレーをしていますが、最初に感じたことはアジアチャンピオンでも、世界ではまだまだなんだということです。でも世界のトッププレーヤーを肌で感じてプレーできることが、今は楽しくてしょうがないって感じです。

渡嘉敷 来夢選手からのワンポイントアドバイス
それぞれの動きを、正確に身につけるための基本練習
渡嘉敷 来夢さん写真  バスケットボールの面白さは、何といっても相手との駆け引きだと私は思っています。例えばディフェンスの時は相手のアクションを待ってリアクションする。またオフェンスの時は自分から相手を揺さぶるようなアクションを起こす。そんな考える楽しさがあります。でも、そんな駆け引きを楽しむためには基本のプレーがしっかりとできなくてはなりません。だからこそ皆さんには基本練習を大事にしてほしいです。
(1)ポストアップ・・・これはポジションをとる練習です。私は特に身長が高かったので、ペイントエリアの中でディフェンスを相手にポジションをとって、ボールをもらってターンしてシュートする。これをひたすらやっていました。パスを受けてシュートするという基本動作のタイミングや迅速な動きを身につけることもできます。
(2)マイカンドリル・・・ゴール下で連続シュートをする練習です。一人でできる基本練習で、シュートして落ちてきたボールをまた逆サイドからシュートする。これを10本とか決めて練習していました。基本を身につけるには効果的だと思います。
(3)シュート・・・これも基本の動きですが、最初はペイントエリアから、次にフリースローラインからのジャンプシュートを繰り返し練習。最初の段階を十分身につけてから、難易度を上げた練習をしていました。シュートの正確さを身につけることが大事です。
(4)パス・・・バスケットの基本ですが、ポストアップ練習と組み合わせて練習すると、感覚がよくわかると思います。この時、ただパスするだけではなく、ディフェンスをつけてやると、更に効果的です。
他にも、走るなど基礎体力づくりも初心者の人には必要なトレーニングだと思います。またドリブルなど、一人でできる練習は時間を作って自主トレで身につけるようにしていました。ただ、一番大事なことは、嫌々やらないことです。きつい練習も基礎ばっかりの練習も、必ず自分のためになります。それを信じて練習して下さい。

渡嘉敷 来夢選手からのメッセージ 自分らしさを楽しんで、今の時間を大事にしてほしい
渡嘉敷 来夢さん写真  アメリカに比べると日本のバスケットボールはまだまだメジャーではないけれど、日本人選手が頑張ったからこそアジアチャンピオンにもなれたし、これからも多くの選手がアメリカや世界に挑戦していくと思います。実際に欧米の選手からも日本のバスケットボールの「チーム力&スピード」は高く評価されています。この特性をもっと生かし、強みに替えて世界にもっとアピールしたいですね。そのためには2020年の東京オリンピックは私たちの大きな目標です。私個人としてもプレーの幅を広げて、もっと世界で通用する選手になりたいと思っています。
 私は中学からバスケットボールに打ち込み、井上先生という素晴らしい指導者とも出会い、そしてJX-ENEOSサンフラワーズという最高のチームでプレーできることで多くのことを学びました。それはスポーツマンとしての礼儀だったり、人間としての厚みでもあります。何より、バスケットボールがあってこその私だと、今は胸を張って言えます。高校生の皆さんも、今を大事にして自分らしく楽しい時間を過ごしてください。そして、その時間の中でスポーツでも芸術でもいい、一生懸命になれる何かを見つけてください。
 
 
 
 
 
 

※プロフィール等は2017年10月時点のものです。

川村 卓也選手
川村 卓也選手(バスケットボール選手)
自分を貫き続けることから、個性は生まれる
竹内 公輔選手
竹内 公輔選手(バスケットボール日本代表選手)
今の時間を切磋琢磨して、有意義なものにしてほしい
田臥 勇太選手
田臥 勇太選手(バスケットボール選手)
大事なのは、情熱を持てること
五十嵐 圭選手
五十嵐 圭選手(バスケットボール日本代表)
好きという気持ちがあれば、打ち込める
森下 雄一郎選手

2007年11月

森下 雄一郎選手(プロバスケットボール選手)
まずは自分を信じて好きになって欲しい
佐古 賢一選手
佐古 賢一選手(プロバスケットボール選手)
プラス志向が、自分を高めるためにはとても大切
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ