【特集】栗原嵩選手からの高校生へのメッセージ | 日本の学校
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座

栗原 嵩選手 プロフィール

栗原 嵩選手
プロアメリカンフットボール選手
イコールワン福岡SUNS所属

プロフィール
1987年11月7日生まれ。東京都出身。ポジションはWR(ワイドレシーバー)。駒場学園高校時代からアメリカンフットボールを始める。高校卒業後は法政大学へ進学し、アンダー19日本代表に選出。2006年には大学日本一に貢献し、2009年に関東学生最優秀選手を獲得した。大学卒業後はパナソニックインパルスに入団。2013年にはIBMビッグブルーへ移籍し、チームの中心選手として活躍する。2015年にはアメリカンフットボールW杯の日本代表に選出され、準優勝に貢献。自身も大会ベストイレブンに選ばれた。 2020年シーズンからは“みらいふ福岡SUNS”へ移籍している。日本人初のNFL入りを目指して活動を続け、2013年にはボルティモア・レイブンズのルーキーキャンプに2年連続で招待された。高い身体能力と圧倒的なプレースキルは、チームの首脳陣から高い評価を受け、契約まであと一歩のところまでたどりつき、「NFLに最も近づいた日本人」と評されている。
アメフト以外でも活躍の場を広げており、2016年のリオ五輪前には7人制ラグビーの日本代表合宿へ練習生として招聘経験を持つ。2020年1月にはボブスレー日本代表に選出され、ワールドカップに出場。2022年の北京冬季五輪を目指してボブスレー選手としても活動するなど、様々なスポーツにチャレンジしながら究極のアスリートを目指している。
<Twitter>@TeeKeyy
<Instagram>https://www.instagram.com/iam_tk_81
<所属マネジメント事務所>株式会社ディンゴ www.dingo.jpn.com

※プロフィール等は2021年4月時点のものです。

栗原 嵩選手の学生時代は・・・

深夜のNFL中継が、不登校少年の人生を変えた

栗原 嵩選手写真  僕がアメフトに出会ったのは、中学2年生のときです。たまたま、アメリカのプロリーグであるNFLの試合をテレビで目にしたことが、人生を変える大きな転機となりました。 それまでの僕は、とにかく「続かない子」でした。運動が大好きで、小学校では野球や水泳をはじめ、さまざまなスポーツをしていましたが、どれも続かない。ある程度のレベルまでできるようになると、なぜか熱が冷めてしまうのです。できるようになるスピードも比較的早かったので、新たなスポーツを始めてはすぐに飽きてやめる。この繰り返しでした。
中学2年生の時には、思春期真っ盛りで不登校に。卒業後は父の仕事を手伝うつもりでいたため、高校進学を考えていなかったことも不登校の理由のひとつだったと思います。とはいえ、スポーツが好きな気持ちは変わらず、バスケをしに放課後から登校するという日々でした。そんな矢先に目にしたのが、NFLだったのです。迫力あるプレーやエンタメ性の溢れる演出に一瞬で心を奪われ、本能的に「このスポーツしかない。NFLでプレーしたい。」と感じました。日本では、基本的に高校でしかアメフトができないことを知り、高校進学を決意した僕はその翌日に登校を再開。先生も驚いていましたが、心から応援してくれ、アメフト部がある学校を必死に探してくれました。
 こうして、強豪校である駒場学園高校に進学し、念願のアメフト部に入部。初めてプレーした時は、体をぶつけあう痛みに驚きつつも、それ以上に面白く、夢中で取り組みました。すると、1年生の春には試合に出してもらえるようになったのです。これまでの傾向を考えると、ここで「飽き」を感じてやめてしまうのですが、熱は冷めるどころか、「もっと上手くなりたい」と上がるばかり。とはいえ、楽しさばかりではなく、やめたくなるほどのつらさもありました。何十本もの走り込みや限界値を超えるトレーニングなど、人生で一番きつかったと言えるほどに、とにかく練習が過酷だったのです。しかし、この練習があったからこそ、僕はぐんと伸びることができたと確信しています。間違いなく、僕を進化させてくれたのは駒場学園高校での3年間でしょう。

NFLへの第一歩 レイブンズのルーキーキャンプに参加

「なめられている」ネガティブな要素を利用した、最初の1プレー

栗原 嵩選手写真 法政大学卒業後は、「NFLへの挑戦」に向けて本格的に始動。IBMビッグブルーとプロ契約を交わし、NFLのチームのひとつであるボルティモア・レイブンズ(以下レイブンズ)にアピールビデオを送りました。これを機に、同チームのルーキーキャンプに招待してもらえることになったのです。
レイブンズは、僕がキャンプに参加した2013年の前年度のチャンピオンで、NFLの中でも屈指のトップチーム。キャンプには、同年代のハイレベルな選手が集まっていました。参加して早々に感じたのは「自分が一番下に見られている」ということ。当時、NFLにアジア人は一人もいませんでしたし、他の選手と比べても体が小さい自分がなめられていたのは明らかでした。とはいえ、僕自身は「絶対にNFLにいける」と考えていたので、周りの視線には無関心。むしろ、この状況はチャンスだと思っていました。なめられているときほど、最初の注目度は格段に上がります。逆に考えると、初めの一手で実力がないとわかれば、後はもう見られることはないということです。こうした状況下での1プレー目、僕は一番得意なパターンで挑み、アメリカの大学でも有名だった新人選手からタッチダウンを奪取。その瞬間、僕を見る目や対応は、ガラリと変わったのです。
それまで、日本では「高校のスター選手」や「大学のナンバーワン選手」と呼ばれる環境が常でした。しかし、いざアメリカに来てみれば、当たり前のようにチーム内の序列は一番下におかれ、全体で行うコンビネーションの練習には参加させてもらえない。その状況に納得できず、「僕はプレーもできている。どうして全体練習に加えてくれないのか」と、コーチに何度も伝えていました。すると、全体練習やユニットプレーの練習に参加させてくれるようになったのです。これまでの自分になかった環境下で得た、自分を積極的にアピールすることや、結果を出せば人種の壁を超えてみんなが認めてくれるという経験は、人生の中でも大きな学びを与えてくれたと感じています。

栗原 嵩選手からのワンポイントアドバイス

体を作り上げるのにベストな時期だからこそ「筋トレ」は必須

栗原 嵩選手写真 僕自身がそうであったように、高校時代の練習は、自分を大きく成長させてくれるチャンスを秘めています。今だからこそ思いますが、特に高校では“まんべんなく”体を鍛えることが大切です。そのためにも、自分の専門フィールド以外でのトレーニングを取り入れてみてください。アメフト部であればアメフトに関する練習をすることは当たり前ですよね。だからこそ、アメフト以外のトレーニングで、体を作り上げることに注力してみてください。今回は、僕が部活外で取り組んでいたトレーニングをご紹介します。

(1)足を速くするための「坂道ダッシュ」…これは絶対に取り組んでほしいトレーニングです。坂道の長さは短くてもよいですし、本数も何本でもかまいません。「体力をつける」ためではなく、「基本的なスプリント能力を上げる」という目的で行ってみてください。僕はこれを部活外で自主的に取り入れていました。

(2)体を作る「筋トレ」…僕が高校時代に特に行っていたのがベンチプレスやクリーン。部活が終わった後、ベンチ台やクリーン台が置かれているコーチの手作りのジムに行って、追加で1時間半ほどトレーニングをしていました。毎回、潰れてしまうほどきつかったものの、大胸筋がつき始めるなど、明らかに体が変わったのは、このトレーニングを始めてからでした。筋トレは、間違いなく取り組んだ年数に比例します。体がある程度成長している高校生の今が、筋トレに取り組むのにベストなタイミングです。

僕がアメリカでのキャンプで特に感じたことは、パワーやタフさの重要性です。もともと、足の速さや横の動きの速さなど、全体的なスピードには自信があり、アメリカでも速さを活かしたプレーで勝負もできていました。しかし、いざ向き合ってみるとやはりスピードだけでは足りない、とも感じたのです。体が大きく強い人は、少し力を抜いても勝負ができますよね。一方、パワーやタフさが足りない人は、毎回全力で相手に挑まなければならない。そうした時、先に疲弊してしまうのは明らかに後者なのです。だからこそ、高校生の時から、体を作り上げるトレーニングに積極的に取り組んでほしいと思います。

栗原 嵩選手からのメッセージ「「やりたい」に正直に、そしてとことん全力に」

栗原 嵩選手写真 「自分がやりたいかどうか」。単純ですが、僕の人生の根本はこれにつきます。その上で、皆さんには、やりたいことには“全力で”取り組んでほしいのです。アメフトがしたいがために入学した高校では、きついトレーニングや練習という、「やりたくないこと」にも向き合わなければいけない生活でした。当時は日々の生活に必死でしたが、今思えば、“全力で”取り組んでいたと胸をはって言えます。やりたいことを成し遂げるためには、やりたくないことに向き合わなければいけない時が必ずあります。それに耐えて、逃げずに立ち向かうこと。これが“全力で取り組む”ということだと思います。
「NFLでプレーする」という夢は叶いませんでしたが、翌年もキャンプに招待されたり、NFLのホームページで「すごいアジア人がいる」と紹介してもらえたりと、評価はしてもらえたと感じています。自分で決めた区切りまで、ベストを尽くしたうえでの結果ですから、後悔はしていません。
僕の次なる「やりたいこと」はボブスレーです。この競技には、陸上の元オリンピック選手やNFLの選手など、トップアスリートが集まります。僕の人生の基盤はアメフトですが、それだけでアスリート人生を終えるつもりはありません。2022年の北京オリンピックの日本代表メンバーを目指して、全力で挑戦していきます!

※プロフィール等は2021年4月時点のものです。

高木 稜選手
高木 稜選手(元アメリカンフットボール選手)
理想のパフォーマンスをイメージできることが大切
有馬 隼人選手
有馬 隼人選手(アメリカンフットボール選手)
自分の中で、本当に良いと思えるものを見つけてください
小路 浩之選手
小路 浩之選手(アメリカンフットボール選手 2003年W杯ドイツ大会日本代表)
高校生という大きな可能性を持った今だからこそ、できることをしよう!
オススメコンテンツはこちら
プレゼントキャンペーン 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 大学人気ランキング JS日本の塾

友だちや家族にシェアしよう

URLコピー