【特集】文田健一郎選手からの高校生へのメッセージ | 日本の学校
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座

文田 健一郎選手 プロフィール

文田 健一郎選手
レスリング(グレコローマンスタイル)
ミキハウス所属
東京オリンピック・男子レスリング・グレコローマンスタイル銀メダリスト

プロフィール
1995年12月18日生まれ。山梨県韮崎市出身。レスリングの指導者である父の影響もあり、小学校3年生からレスリングを始める。その後は父の指導を受け、中学3年の時には全国中学生選手権・フリースタイル47kg級で優勝。続くジュニアオリンピックカデットの部・グレコローマン46kg級でも優勝した。韮崎工業高校に進学すると、父が監督を務めるレスリング部に入部。グレコローマンの選手として国体少年の部および全国高校生グレコローマン選手権で、高校1年から3年まで、それぞれ3階級制覇を達成した。またジュニアオリンピックカデットの部でも連覇を果たしている。一方、フリースタイルでは高校3年次にインターハイで優勝。卒業後は日本体育大学に進学、2年次の全日本選手権グレコローマン59kg級で優勝、さらにスペイングランプリではシニアの国際大会初優勝を果たした。3年次には全日本レスリング選手権において、大学の先輩でありリオデジャネイロオリンピック銀メダリストの太田忍選手を破り初優勝。4年次には全日本レスリング選手権二連覇し、世界選手権では初出場ながらグレコローマンスタイルの日本人選手として34年ぶりの優勝を果たした。卒業後はミキハウス所属。2019年の世界選手権では優勝を決め、2020年はアジア選手権と全日本選手権で優勝。そして2021年の東京オリンピックでは男子グレコローマン60kg級で銀メダルを獲得した。

※プロフィール等は2021年9月時点のものです。

文田 健一郎選手の学生時代は・・・

高校進学は、父の元で練習したいという気持ちが強かった

文田 健一郎選手写真  僕がレスリングを始めたきっかけは、父がレスリングの指導者だったからです。最初は小学校3年生の時、父に言われて年上の女友達のレスリングの練習に付き合ったのが最初でした。それまでは父の指導していた練習場は僕にとって遊び場でしたが、いつの間にか僕にも練習場になっていました。特に当時は女友達の方が体も大きくて強かったので、いつもコテンパンにやられてばかりでレスリングは嫌いでした(笑)。それでも父にごまかされながら、また中学生になると「レスリングの遠征で全国に行けるぞ」と甘い言葉をかけられて続けていました。
 そんな僕の気持ちが少しずつ変わっていったのが、中学1年生の時の全国大会でした。初めて大きな会場で1回戦に勝ち、勝ち名乗りを上げてもらったとき「もっと勝ちたい!」という意欲が出て、父にも本気でやりたいと言いました。すると父の指導も急に厳しくなりましたね(笑)。週に2日だった練習も毎日になり、中学が終わると毎日、父が監督を務める韮崎工業高校の練習場に通って、高校生の先輩達と一緒に練習をしていました。当時は高校生の先輩方が練習相手でしたから体力ではかないませんが、意味を理解して練習する楽しさを実感できるようになっていきました。特に力でかなわない分、技のことをすごく考えるようになったし、技が一つひとつできるようになることが楽しみになっていました。
 そして高校進学は迷うことなく韮崎工業高校に進みました。高校は父の元で練習したいという気持ちも強かったし、レスリングの強豪校で強くなりたいという思いもありました。また練習にはOBの方も来てくださっていたし、中にはオリンピックの金メダリストもいらっしゃいました。父が指導者だったこともあり、恵まれた練習環境があったことにはすごく感謝をしています。

日本体育大学からミキハウス、そして念願のオリンピックへ

僕にとっては、5年越しの夢だった東京オリンピック

文田 健一郎選手写真  高校生になると、国内だけでなく海外への遠征も増えてきました。特に海外の場合は言葉だけでなく習慣も違ってくるので、最初はすごく緊張しました。なれない練習・試合会場で、帯同する監督やコーチも限られている。初めてジュニアオリンピックカデットの部に参加したハンガリーでは、日本にいるといかに恵まれた環境を学校や父が与えてくれていたのかを痛感し、海外遠征の経験から学ぶこともたくさんありました。中学まではフリースタイルしかなかったのですが、高校生からは男子の競技にグレコローマンスタイルが入ってくるので、僕もグレコローマンの選手として、さまざまな大会で優勝できるようになっていきました。
 レスリングにはフリースタイルとグレコローマンスタイルがありますが、僕は圧倒的にグレコローマンスタイルが好きでした。腰から下への攻撃が禁止されている分、上半身だけでの派手でダイナミックな投げ技が多く、迫力があります。だから僕はグレコローマンの選手として強くなりたかったんです。そして大学進学においても「日本でグレコローマンをやるならココしかない」という思いで、グレコの強豪であり父の母校でもあった日本体育大学に進みました。
 大学生になると生活は全て一変しました。これまでは実家にいて、学校の授業とレスリングだけやっていれば良かった。でも大学で集団の寮生活が始まると、勉強だけでも大変なのに先輩達の洗濯など身の回りのサポート、レスリング以外の仕事をしなければいけない。僕にとっては大変なことで、1年の時は試合でも成績を残せませんでした。生活リズムにも慣れ、全日本学生選手権や国際大会初優勝ができたのは大学2年になってからです。でも、2016年のリオデジャネイロオリンピックへの出場は逃してしまいました。2018年、卒業後にミキハウスに入り、次の目標に向かってスタートしました。そして2021年、僕にとっては5年越しの夢だった東京オリンピックを迎えました。ただ、金メダルまであと一歩で届かなかった。父や先輩に金メダルを見せることはできなかったのが悔しかったです。でも、この悔しさは次のオリンピックで必ず返したいと思います。

文田 健一郎選手からのワンポイントアドバイス

基本である構えができなければ、技にも勝ちにも繋がらない

文田 健一郎選手写真  僕がレスリングを始めてからずっと、指導者は父で練習は父が監督を務める高校の練習場でした。高校のレスリング部の選手やOBの先輩方と一緒に練習をさせてもらったことは、僕にとってすごくプラスになっていたと思います。ちなみに高校時代の練習はというと・・・
(1)ウォーミング・・・まずは練習に入る前に、走ったり柔軟運動をして体をほぐし、筋肉を使いやすくします。高校時代はまだ筋トレは取り入れていなかったので、筋肉を伸ばす運動が中心でした。これは怪我の予防にもなるのですごく大事にしていました。
(2)組みあい・・・体や筋肉を充分に温めたら、次は相手と組み合って技や動きの確認をします。いきなり技を掛け合うのではなく、どのように動けば効果的に有効に技を決めることができるのか。また相手の技を交わすことができるのかを確認しながら動きを身につけていきます。
(3)技の練習・・・組みあいで動きを確認したら、次は技を何度も反復し重点的に練習します。一つずつ技を練習しては身につけていくわけですが、自分の得意技を見極めて磨いていくことも大事だと思います。僕の得意技は背中や背骨の柔軟性を生かした「反り投げ」で、最初に父から教わった技でもあります。このように自分の体の特性・個性を理解し、得意技を身につけることは大きな強みになります。
(4)スパーリング・・・練習の最後は実戦を意識したスパーリングです。これまでに確認した動きや練習した技を、実際の試合形式で練習します。また練習してきた技を実際に使ってみて、自分に向いているかを考えてみることも必要だと思います。

練習で一番重要なことは、面白くないかもしれないけど細かいことや小さな基本をしっかりとやることだと思います。レスリングでいうと基本は「構え」です。もちろん技をかける動きに繋がるし、相手にプレッシャーをかけることにもなります。この基本ができていなければ応用、すなわち技もかけられません。練習とは細かな積み重ねの連続ですが、その先には目標や夢があることを忘れないことです。僕の父は、選手に目標意識をしっかりと持たせてくれる指導者です。目標に向かってどうすればクリアできるか、達成できるか。練習とはそのための大事なプロセスだと思います。

文田 健一郎選手からのメッセージ「夢と、未来を思い描く強い気持ちを持ち続けてほしい」

文田 健一郎選手写真  今回の東京オリンピックでは銀メダルで終わってしまい、まだ目標は達成できていません。試合の後、コーチからも「オリンピックの借りはオリンピックでしか返せない」と言われ、ずっと目標としてきた金メダルを3年後のオリンピックで取りにいきます。その前には来年の世界選手権でしっかりと優勝すること。これは、もうオリンピックの予選にもなるので、もうそこからパリへの挑戦が始まると考えて臨みたいですね。
 僕は今、レスリングに夢中になれること、そして没頭できる環境にすごく感謝しています。ただ高校時代はどんなにレスリングが好きでも、時には自分が何のためにコレをやっているのかわからなくなることもありました。でも、そんな状況や不安、疑問を乗り越えるのは、「自分がどうしたいのか、何になりたいのか」という夢や気持ち、自分が描いた将来のビジョンなんだと思います。特に高校時代は夢のために頑張っている自分と、遊びたいとか楽をしたい自分もいる。でも、夢を持ち自分の未来を描き続ける気持ちを大事に持ち続けてほしいですね。僕はレスリングでも学校生活でも、自分なりに一生懸命になれたことが大事な思い出です。皆さんも友達とたくさんの経験をして、夢中になれる高校時代を過ごしてください。

※プロフィール等は2021年9月時点のものです。

土性 沙羅選手
土性 沙羅選手(レスリング選手)
夢や目標に向かって、がむしゃらに取り組んでほしい
登坂 絵莉選手
登坂 絵莉選手(レスリング選手)
簡単に諦めたくないと思ったから、全力で頑張れた
米満 達弘選手
米満 達弘選手(レスリング選手)
自分のオンリーワン、ナンバーワンを見つけよう!
小原 日登美選手
小原 日登美選手(レスリング選手)
喜びも挫折も、経験が自分を大きく強くしてくれた
伊調 馨選手
伊調 馨選手(女子レスリング選手)
好きなら、何があっても諦めない!
オススメコンテンツはこちら
プレゼントキャンペーン 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 大学人気ランキング JS日本の塾

友だちや家族にシェアしよう

URLコピー