検索する
有名人スポーツワンポイント講座
有名人スポーツワンポイント講座
秋山 翔吾選手
秋山 翔吾選手
プロ野球選手 埼玉西武ライオンズ所属
シーズン歴代最多安打記録(216本)保持者
Profile
1988年4月16日生まれ。神奈川県横須賀市出身。野球チームのコーチだった父の影響で2歳頃から野球を始め、小学校・中学校時代は地元の野球チームに所属していた。その傍ら中学校では陸上部にも所属し、脚力を磨いた。横浜創学館高校進学後は、野球部で1年時よりレギュラーとして活躍するも甲子園出場は果たせなかった。高校卒業後は八戸大学(現:八戸学院大学)に進学し硬式野球部に入部、1年時よりレギュラーとなり、春秋連続でベストナインを受賞。4年時には優秀選手賞、首位打者、最多打点、ベストナインの4冠に輝いた。そして2010年のプロ野球ドラフト会議で埼玉西武ライオンズより指名を受け入団した。ルーキーシーズンは新人外野手として30年ぶりに開幕スタメンで起用され、2013年には中堅手としてフルイニング出場を果たし初のゴールデングラブ賞を受賞した。また2015年にはシーズン歴代最多安打記録(216本)を達成、埼玉県の彩の国スポーツ功労賞を受賞した。2017年には全試合フルイニング出場を果たし、初の首位打者と最多安打をダブル受賞した。また「侍ジャパンマッチ2012」、「2015WBSCプレミア12」、「2017ワールド・ベースボール・クラシック」では日本代表に選出されている。

※プロフィール等は2017年11月時点のものです。

秋山 翔吾選手の学生時代は
野球に妥協しない、父のような厳しさを僕自身も求めていた
秋山 翔吾さん写真 「野球を始めたのはいつですか」とよく聞かれるんですが、多分物心ついた頃というか、歩きだす頃には常に野球道具に触れていたと思います(笑)。とにかく父が、僕をプロ野球選手にしたいという思いが強かったんです。だからほとんど「すりこみ」に近い感じでした。子供の頃は、父がコーチをしていた少年野球チームに入っていましたが、父が来ない日は比較的に楽しく野球をしていた気がします。それだけ父の野球に対する指導は厳しくて、小学校2年生で中学校・陸上部の練習に参加させられていました。もちろん同じ練習ができるわけではありませんが、ただ不安で怖かったですね。それほど父の野球と僕に対する思いは強かったんだと思います。その父が、僕の中学進学前に亡くなってしまったんですが、本当なら中学進学後も近くにおいて自らが指導したかったそうです。そんな思いが僕の中にも感じられていたのか、父が亡くなってからも僕自身、父のような厳しさを求めているところがあったと思います。
 中学進学後は野球部に入るのか、それともシニアチームに入るのか迷いました。そして僕が所属したシニアチームにとんでもない衝撃を受けたコーチがいました。野球に妥協しない厳しさは、どこか父に通じる部分が感じられて、すごく惹かれたんです。ところが中学時代はチームでもなかなかレギュラーになれなくて、野球を辞めようと思ったこともありました。でも特待生として高校進学のチャンスをもらい、「高校までは野球を続けられる」というのが嬉しかったです。すると学校や試合にもプロのスカウトの方が見に来ることもあって今度は「ドラフト」という言葉が頭をかすめるんです。プロになれるチャンスがあるのかもしれないと思えるようになったんです。僕の中には父の思いもありましたが、母が苦しい生活の中で高校まで通って野球をできるようにしてくれたという思いもありましたから。

大学からドラフトで埼玉西武ライオンズへ入団
仲間の存在があったから、目標を見失わずに頑張れた
秋山 翔吾さん写真  八戸大学への進学を決めたのは、ひとつ上のキャプテンも進学していましたし、プロになった先輩もいるという実績があったからです。それと八戸大学の監督の存在も大きかったと思います。大学に入った1年目から、他の選手とは違うプロになるための指導をしてくださったのが監督でした。そんな監督の思いや恵まれた環境があったからこそ、僕もその期待に応えたいという思いが強くなっていきました。
 でも実際にプロへの道が見えてきたのはドラフトの前です。実は大学の同期で注目されていた選手がいたんです。彼がいたからたくさんのスカウトの方が見に来るようになり、自然と僕も見てもらえるチャンスが増える。ある意味、彼がいたからチャンスもあったし、プロへの目標を見失わずに頑張れたのかもしれません。特に大学生の時は現実が見えてくるし、仲間が頑張る姿、存在は大きなモチベーションになっていました。
 そしてドラフトで埼玉西武ライオンズに決まったときは、嬉しさと安堵の気持ちで一杯でした。TV番組の中継が入っていたんですが、母に伝える場面では緊張しましたが、とにかくホッとしたことを覚えています(笑)。家族はもちろん、監督や応援してくれた方々にやっと良い報告ができると思いました。
 僕が入団した当時の埼玉西武ライオンズは、優勝して2年目ぐらいだったと思いますが、若い選手がのびのびとプレーをしている印象を受けました。その中で、自分はプロとして何を目指すのか、どのようにしてチームの力になれるのか。学ぶべきことはたくさんあると感じました。そして何より、子供の頃から父と共に夢見たプロ野球の世界。そのスタートラインに立てた思いがしました。

秋山 翔吾選手からのワンポイントアドバイス
どのような練習も、継続してこそ初めて結果につながる
秋山 翔吾さん写真  野球の面白さのひとつは、チームスポーツだと思います。特にプロになって思うのは、個人がいかに実力を伸ばしても、それを発揮できるのはチームがあってこそ。そのチーム力を上げるにも、やはり個人の能力が必要です。高校の野球部時代の練習はというと、特別なことはしていなかったのですが、とにかく数をこなすようにしていました。
(1)ランニング・・・野球に限らずスポーツ全般において、脚力は大きな強みになると思います。実際に僕は、父に言われて小学時代に中学の陸上部の練習に参加させてもらっていましたし、中学時代にも学校では陸上部に所属していました。この練習が今の脚力につながっているのだと思っています。
(2)バッティング・・・ピッチャーが投げた球を打つ基本練習ですが、高校時代はとにかく数をこなすことに重点を置いていました。数を打ち込んで感覚を体で覚えることも大事なことだと思います。自主練習としてティーバッティングを取り入れるのも有効的だと思います。また、素振りも個人練習としてよくやっていました。バッティングのフォームや投球されたコースをイメージしながらスイングすると、より効果的だと思います。
(3)シートノック・・・自分の守備位置についてノックを受ける練習ですが、野手にとってはより実践的な練習になると思います。

練習内容は打つ、投げる、受ける、そして走るとすごく基本的なことですが継続することが大事で、チームスポーツだという意識をみんなが持てる環境も大事だと思います。他にも肩を鍛えるためのウエイトトレーニングも自分なりにやっていましたが、大事なことは継続すること。特にこれから冬場のしんどい時期を迎え、練習したことがすぐに結果に表れないこともありますが、とにかくやってみる。練習したことは無駄にはならないし、成果という可能性を狭めないで続けて下さい。

秋山 翔吾選手からのメッセージ 目標が見つかったら、ぶれずに挑戦し続ける!
秋山 翔吾さん写真  埼玉西武ライオンズに入団して、今年で7年が過ぎました。僕個人としては1年目からスタメンで出場させていただきましたが調子の悪いシーズンもあり、また国際大会のメンバーに選出されるなど多くのチャンスをいただきました。その僕から見て今のチームは、若い選手が出てきて徐々に活気が出てきているのではと感じています。でも、ここ数年、優勝から離れている現実を考えると、若手の勢いに中堅が負けないようにしなくてはというチームのスタンスもすごく感じています。その中で僕がやるべきことは、今シーズンはベストナイン、ゴールデングラブ賞、首位打者や最多安打と記録を残させていただいたことを肝に銘じて、チームに貢献できる姿勢を後輩達にも見せることだと思っています。そして目指すはもちろんチームの優勝です。そのためにも、チームだけでなく個人のレベルアップが今一番の課題だと考えています。
 高校生の3年間で、自分がやるべきことを見つけるのは難しいかもしれません。でも自分が何をやりたいのかを見つけることはできると思います。そして見つかったなら、ぶれずに挑戦し続けて欲しいですね。諦めずに継続すること、我慢して努力することは決して簡単ではありませんが、必ずその姿を見てくれている人はいるはずです。
 
 
 
 
 
 

※プロフィール等は2017年11月時点のものです。

金子 千尋選手
金子 千尋選手(プロ野球選手)
プロ野球&悔いを残したくない。だから常に全力でチャレンジしたい
五十嵐 亮太選手
五十嵐 亮太選手(プロ野球選手)
自分らしさを大切にしてほしい
井川 慶選手
井川 慶選手(プロ野球選手)
目標を持ち、一生懸命になれることは素晴らしい
T-岡田選手
T-岡田選手(プロ野球選手)
大事なのは、野球を楽しむこと
濱中 治さん
濱中 治さん(元プロ野球選手)
「感謝」ということを忘れず、前に進んで行ってほしい
新垣 渚選手
新垣 渚選手(野球選手)
目の前の問題から目をそむけず、立ち向かってほしい
桧山 進次郎選手
桧山 進次郎選手(プロ野球選手)
たくさんの経験と出会いを、大切にしてほしい
内川 聖一選手
内川 聖一選手(プロ野球選手)
一生懸命に取り組む気持ちを大事にしたい!
村田 修一選手
村田 修一選手(プロ野球選手)
好きという気持ちを、大切にして欲しい
元木 大介さん
元木 大介さん(元プロ野球選手)
チームワークが大事!ミスを悔やむな、悔いを残すな!
高橋 尚成選手
高橋 尚成選手(プロ野球選手)
小さな目標が、いつか大きな夢にたどり着く
小久保 裕紀選手
小久保 裕紀選手(プロ野球選手)
目標のためには手を抜かない、努力を怠らない
今岡 誠選手
今岡 誠選手(プロ野球選手)
いろんな経験の中から、自分自身の目的を見つけよう
三浦 大輔選手
三浦 大輔選手(プロ野球選手)
たくさんの経験から、好きな道を見つけよう!
掛布 雅之さん
掛布 雅之さん(元プロ野球選手)
あきらめずに続けた者だけが感じられる
赤星 憲広選手
赤星 憲広選手(プロ野球選手)
練習は継続してこそプラスになる!
上原 浩治選手
上原 浩治選手(プロ野球選手)
楽しめることがステップアップにつながる
矢野 輝弘選手
矢野 輝弘選手(プロ野球選手)
あきらめない限り、一歩でも半歩でも近づいていけてると思います。
オススメコンテンツはこちら
人気職業ランキング 大学短大の資料願書をまとめて請求しよう! 専門学校の資料をまとめて請求する 私立高校のパンフレット取り寄せ 看護特集 学食へ行こう 大学人気ランキング JS日本の塾
有名アスリートからの応援メッセージ